« イエーイ。 | トップページ | 今日はモツ鍋 »

2008.11.06

11月6日(木)「若手研精会 第三百二十七回 霜月公演」お江戸日本橋亭

ブラボー!ハラショー!マンセー!

今日は仕事&会場間違えで(またかよ)夢吉さんしか見られなかったのだけど、その一席だけでも行った甲斐があった、夢吉さんすごいよ。

主任を勤める今日は何をと思っていたら「池田大助」できましたよ(最初「佐々木政談?」と思うも、佐々木出てきてないなぁと。帰って落語本をみたらなるほど、大岡様だと池田大助なのね)。いつもながらの心ほぐしまくりのまくらから始まる夢吉さんの高座は聞いているとニコニコが止まらない。

こまっしゃくれていて賢くてラブリーな大助がよくお似合い。「しらない…」とプイと視線をそらすなんてことない仕草が可愛いくて、そして笑えちゃう。またあの丸顔小僧っ子ヅラの夢吉さんがやる侍が妙に凛々しくカッコ良く、お調子者の父親や大家が華をそえて(またそういうキャラクターも魅力的なんだよこれが)、楽しい楽しい噺になるのですよ。

あんなに朗らか嫌みのない明るい高座ってなかなか無いのではないかと。

見終わった後に、蘊蓄とか評論まがいの言葉なんか出てこない、ただ「楽しかった!」「夢吉さん素敵ー!」な気分になれる、そんなナイス主任ぶり。

黒紋付きに袴姿が眩しい、男前だよ夢吉さん。

« イエーイ。 | トップページ | 今日はモツ鍋 »

コメント

池田大助?まだ聴いた事ないです。
トリらしい素晴らしい高座だったようですね〜!
あたしも楽しみながら読ませていただきました!
いつか誰かの高座で聴いてみたいなぁ。

私も「佐々木政談」の方は聞いた事があるけど、
「池田大助」版は初めてだったかと。
ホント、夢吉さんの高座は楽しい。
明るい気持ちになって帰れるのがすばらしい、
と今回ばかりはべた褒めだよ。

トリがすばらしいっつーか、
トリにしか間に合わなかったっていうね…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/43032831

この記事へのトラックバック一覧です: 11月6日(木)「若手研精会 第三百二十七回 霜月公演」お江戸日本橋亭:

« イエーイ。 | トップページ | 今日はモツ鍋 »