« お勧め落語会 | トップページ | ねぶい。 »

2008.11.30

11月29日(土)だしぬけ二人衆

11月29日(土)だしぬけ二人衆
結構な入りでございました。

まあ、夏丸さん曰わく「みんな雷太さんの親戚」だそうですが(多すぎ)。8.5割方埋まっておりました。二人の渾身の特別編はこんな番組で。

桂夏丸「課長の犬」
春雨や雷太「寄合酒」
〜仲入り〜
鏡味初音・八千代〈太神楽〉
春雨や雷太「古着買い」
桂夏丸「質屋蔵」

夏丸さんの少しとぼけていて、柔らかくて、でもメリハリのあるところ。雷太さんの真面目で凛々しいけど、与太郎のボケっぷりが全開なところ。二人の良いところがたくさんでている楽しい高座でございました。雷太さんが随分色々と自分の事を話していたのが印象的。赤穂義士の例えは、ちょっとグッと来たよ。

最後には二人が出てきて高座に座りもにょもにょと挨拶。「じゃあいろんな人に出てきてもらいましょう」というから、はて?と思ったら…、キター!夏丸さんの隠し技キター!。米丸、桃太郎、伸治のお三方登場。似てる、ツボを押さえ過ぎだ。一部お客さんに馬鹿ウケ。

そんなおまけも有りの楽しい楽しい「だしぬけ二人衆」なのでした。

最初は「あれ?普段(年のわりに)落ち着いて見える二人だけど、なんだか今日は少し浮ついてる?」と思えたけど、後半はいつもの二人だったような気がして、ニコニコしてくるのでした。初めて聞いた夏丸さんの質屋蔵も良かったなあ。いやー良かった良かった。

今日は朝から予定パンパンで、昼からは友人と花園神社の酉の市に行ったのだけど、途中思いがけない方に声をかけられたりもして、もう本当に大充実な1日だった。

超ご機嫌で西荻の改札を出ようとすると「これ落としましたよ」と女性に声をかけられた。なんと定期を出した時に、酉の市で買ってきた熊手(激小)を落としてしまったようで、なんとバチあたりな!。丁寧にお礼をいいつつふと見ると、拾ってくださったのは綺麗なピンクの薔薇を胸に抱えたにこやかな大人の女性。なんと素敵な人に拾ってもらえたのか、私の熊手よ!

この運のいい熊手で、これから一年、ガッツガッツと幸せをかき集めるぜ!←下品。

色々店があるなかでこれを買うのを決めたのは、声をかけてくれた方が松鯉先生に雰囲気が似ていたから(ミーハーこの上なし)。22根本さんの店。ダンディ。来年もまた買えるように頑張りたいものですよ。何を。

フル稼動で、もう電池が切れそうなので(そして足がつりそうなので)このへんでおいとまを。オーボワァール。

と、載せ忘れるところでした。毎回のお楽しみ、夏丸さんの一句。

「秋の灯の こじんまりして 無人駅」

« お勧め落語会 | トップページ | ねぶい。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/43269324

この記事へのトラックバック一覧です: 11月29日(土)だしぬけ二人衆:

« お勧め落語会 | トップページ | ねぶい。 »