« 10月27日(月)「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」落語協会ニ階 | トップページ | ナイスCoCo 壱番屋 »

2008.10.28

10月28日(火)「SWAブレンドストーリー」明治安田生命ホール

開演ギリギリに会場に着きロビーを歩いていると、あらそんなところで昇吉さん。警備(?)で立っていらっしゃいました。まつりの時はお写真ありがとうございます、だ。今日はDVD収録の為のカメラが入っているそうだ。なんだと!はばかりに行きたくなったときにこまるじゃないか!。大丈夫でしたが。めずらしく5分押しでスタート。今回のテーマは「願い」。

プロローグ
林家彦いち「掛け声指南」
三遊亭白鳥「奥山病院奇譚」
春風亭昇太「空に願いを」
柳家喬太郎「カラダの幇間」

幕が上がりつつ珍しく会場が暗転したなと思ったら喬太郎さんがもう高座に座って、会話の途中のストップモーションのような形。今回の話のキーになるサチコちゃんの事を、看護師さんが会話してる。短い場面が終わり、喬太郎さんが下がり、SWAビデオが流れて本編へ。

今まではそんな思わなかったけど、今日はムアンチャイがなんだか痛々しく感じてしまい笑いきれず。なんだろ。白鳥さんの「奥山病院奇譚」は初めて聞くのだけど、あそこまで馬鹿馬鹿しい事をズバッとやってのける白鳥さんてやっぱりすごい。普通だったらね躊躇しちゃうでしょ、死んだ人が車に乗り移るとか、エアーわかめとか。そこをやってしまうってすごい。車が空を飛ぶ場面で袂をはためかせる白鳥さんは光り輝いてるよ。いや、それは大袈裟か。

昇太さんは「空に願いを」。普段のSWAの時の昇太さんて、故意なのかそうでないのか、時間も短めで、押さえているというか引いているというか、いったらちょっと精細に欠くような気がすることもしばしばなのだけど、この日は光ってた。全ての登場人物が活き活きしてるし、表情の変化の間も絶妙、フリタとイグレシアスの関係も微笑ましくて素敵。お客さんの笑い声にもバーン!っと勢いがあった。ああ、昇太さんカッコイイ…と実感。

喬太郎さんはやっぱり語り具合が聞きやすくていいなあと。噺は面白いのだけど、ちょっと途中中だるみかんが有ったような無いような。ウルトラマンネタが随所に。ブレンドストーリーというだけあって、4人の噺がどっかでつながっていて、それが大きな一つの噺を聞いている気分になるのが楽しい。

エンディングロールが流れて、4人がおそろいの赤いSWA着物を着て登場し、挨拶をするも、なんだかいつもよりあっという間。無駄話ゼロって感じで、高座に上がりポーズを決めて終了。このスパッと感はDVD収録の為なのかしら。あ、そういえば全員まくらもゼロだったな。皆でダラダラ話すのを聞くのも楽しいので、物足りない気分も無くはないけど、こういう形式のも面白いかもなあなんて思うのでした。

いくらDVD収録だからといってそこまで厳しくする必要は無いのかもしれないけれど、せっかくなんだし席への移動は暗転のうちに、ってしてもらってもよかったんじゃないのかなと思った。

« 10月27日(月)「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」落語協会ニ階 | トップページ | ナイスCoCo 壱番屋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/42954989

この記事へのトラックバック一覧です: 10月28日(火)「SWAブレンドストーリー」明治安田生命ホール:

« 10月27日(月)「ろべえ・夏丸・仙花勉強会」落語協会ニ階 | トップページ | ナイスCoCo 壱番屋 »