« Kulie-Alorを下北沢CAVE BEに。 | トップページ | 「芸協若手会 遊雀の会」お江戸日本橋亭 »

2008.09.23

「堀の内寄席」堀の内妙法寺

本日一つ目の予定は堀の内妙法寺での「堀の内寄席」。これは毎月23日開催なので平日で行けないことが多いのだけど、今回は祝日にバッティング、しかもお目当てさん登場とあって喜び勇んでの参加となりました。もっと早く起きて高円寺で買い物をしてからと思っていたのに、派手派手しく寝坊をしてしまい、着いたら14時ごろ、ちょっと残念。

私が着いた時はずいぶんとがらんとしていた会場も、始まるころには座布団の数より人が増え、両脇の壁にもびっちりの大入り。やっぱり休みだからかな。夢吉さんがたたいているであろう、まるでバックに荒々しい日本海の大波でも浮かんできそうな暴れ太鼓も高らかに、始まり始まり。

三笑亭夢吉「くしゃみ講釈」
柳家小蝠「片棒」
~仲入り~
昔々亭慎太郎「宿屋の富」

今日の夢吉さんのまくらは先日行っていた新潟での落語会の高座のしつらえの話や、「つばなれ」「こしょうがはいった」などの言葉の説明など。「そんなところに本当に高座作るかよ」と正直思っていたのだが、さっき夢吉ブログを見たら、夢吉さんが説明した様が写真に載っていた。どうしてそうネタになるようなことばかり起こるのか…。何をやってくれるのか楽しみにしていたら、今日は「くしゃみ講釈」。初めて聞くー嬉しいー。夢吉さんのは「女子といるところに草履についた犬の糞を擦り付けられたことへの仕返し」じゃなくて「講釈場でいびきをかいて寝てしまったせいで『帰れ帰れ』と言われて悔しい思いをしたことへの仕返し」に、こしょうをくべようとするのね。

主人公の男がものを覚えられない場面の繰り返しがちょっとくどいかなあって気もしたけど、初めて聞く夢吉さんのあの講釈っぷりはなかなかどうして様になってるよ!かっこいいよ!でも最近ちょっとまた顔が丸くなってるよ!ちょっと痩せてみるともっとカッコいいよ!。余談が入りましたな。思わず講釈に聞き入ってしまい、自分がなぜ最前列に陣取ってとんがらしをくべようとしているか忘れてしまうおとぼけぶりが可愛らしい。ああ、癒されるよ、夢吉さんの高座。しかしこの人もネタ数が多い。多けりゃいいってものではないだろうけれど、お若いうちは沢山いろんなものにアタックしていく事はきっと重要だと思うので、そういうところがすごく好印象。そもそも若いうちしか噺をすんなり覚えられないよね!

小蝠さんは「公園で稽古」のまくらと「片棒」。正直なところどちらも何度も聞いているので「あ、またこれか」と思わないことはないのだけど、公園のまくらは面白いし、「片棒」はよく似合っているからニコニコして聞いていられる。それよりまだ正座枕みたいなのを使っているようで、足の具合がなかなか完治しないのかなあと心配になった。

最後は今輔さんが出てきて来月の宣伝を。来月は鯉太、笑松、そして今輔の三名だそうですよ。帰りはお友達と一緒に丸の内線の駅まで向かう。一人はそのまま帰宅するけど、もう一人は末広亭に行くとのこと。私も夜まで時間があるのでことによっちゃあ見て行こうかと、番組確認の為に末広亭へ。確認すると小遊三師匠もナイツもお休み、そもそも予定があるので柳橋師匠まで見ていかれないので、トリの前でお暇するのも失礼だよなあと無理せず末広亭を後に。軽くお寿司で腹ごしらえをして次の予定のある下北へ移動。下北を一通りうろうろしてこうやって一息つきながらネットカフェーで日記を書いているという次第。

もうそろそろライブハウスに向かうかなあ。ちなみにこのネットカフェーの下にあるライブハウスでは本日は本田恭之くんがライブをやっている模様。

そういえば丸の内線の新宿三丁目で降りて末広亭に向かう時、まず羽光さんに遭遇。「あ、羽光さんだ、おつかれさまですー!」<馴れ馴れしいぞ。向こうから歩いてくるのは…あ、雷太さんだ!。「わー雷太さーん♪」<どんだけ中身のない軽い挨拶だ。友人を末広亭の中に見送り地下鉄の駅に戻る途中でひょいと右側(楽屋口のある方)を見ると最近入られたあっぷるさんと鯉茶さんのお二人が。おお、もしかして昼の部にいた前座さんを全員見かけたってことか。ついてるよアタイ。高座で見ると「おやおや八っつあんじゃないか、まあまあお上がり」なんて言ってる皆様も、降りたら普通の若者にしか見えんな。当たり前か。

さて、CAVE BEに私のプリンスチャーミングのライブを見に行ってくるかな。

« Kulie-Alorを下北沢CAVE BEに。 | トップページ | 「芸協若手会 遊雀の会」お江戸日本橋亭 »

コメント

おぉ〜!楽しそうな祝日をお過ごしのようで。
人が出ましたか?

じゃあ、人が出たの出たの…ですね(笑)

私は仕事でした(曜日で動いてるんで祝祭日関係ないのだす)
休憩時に、携帯で末廣亭の出演者情報を調べたら確かにナイツも小遊三師匠もお出にならないようで…。
ナイツのお二人は今、人気急上昇でTVでも良く拝見するようになってから寄席にあまり出なくなっちゃいましたね。
仕方ないのかもしれませんが寄席ばかり行く私にとったら拝見する機会が減ってしまい残念ですよ〜。

ところで、ライブは楽しかったですかぁ?

いやーもー、出たの出たのでしたよ!
忙しくなって寄席を休みがちなのは残念だけど、きっと出られる限り頑張って出てくれるんじゃないかなあと。

今のテレビ的な人気はいつまでもつのかは、正直わからないしね!←はっきり言い過ぎ。

ライブもこれでもかというほどに素敵だったよ。さすが私、見る目があると思ったよー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/42569400

この記事へのトラックバック一覧です: 「堀の内寄席」堀の内妙法寺:

« Kulie-Alorを下北沢CAVE BEに。 | トップページ | 「芸協若手会 遊雀の会」お江戸日本橋亭 »