« 三連休中日の過ごし方 | トップページ | むちむちプリン。 »

2008.09.15

「春風亭昇太独演会」東神奈川かなっくホール

「春風亭昇太独演会」かなっく。
携帯からだと長い題名が打てないってのがもどかしいな。

今年で3回目の東神奈川かなっくホールでの昇太さんの独演会に行ってきた。ここは珍しいゲストとのトークも楽しみ。

挨拶
春風亭昇々「雑俳」
春風亭昇太「天災」
対談(ラサール石井・昇太)
〜仲入り〜
ラサール石井「ないもん買い」
春風亭昇太「宿屋の富」

今日は最初の挨拶から、まくらまで随分と普段話していないような色々な事を話していましたよ。落語芸術協会の事、自分の今日のカッコ(自分の寝姿をビデオに撮ったという話はすごい)、お弟子さんの事。昇太さんは高座も素敵だけど、まくらも楽しいからいいよねえ。かなっくはよくやってる東京の独演会とも違うしでもすごく地方という訳でもないから、意外にやりづらいなんて台詞も。

昇々さん。「去年と同じ前座が出ますが、さすがに噺は変えると思います。それくらいの事は考えられるので」なんて言われて出て来て「雑俳」。去年は「無学者論に負けず」だったような。ここのところで見る中で一番落ち着いているように見えた。

一席目は「天災」。ホント最近天災ずいていますよ昇太さん。楽しいのは楽しいのだけど、もっとノってもいいかなあと感じたり。客席へどんな玉を投げるのか模索模索しながら話してるという印象。あーこれが最初に言っていたあれかなあ。

ラサールさんとの対談では、主にゲストであるラサールさんのお話しを。渋谷のストリップ小屋で修行したこととか、…あれ、あとなんだっけか。二人とも背が高くないので、高座に腰掛けてというより、高座にもたれての対談となりました。

仲入り後、「あれ?出囃子が違うなあ」と思ったらラサールさん登場。ご自分が実は大阪出身だということを話してから「ないもん買い」。大銀座でも聞いたのだけど、あの広い会場の端っこで聞くのと、こうやってこじんまりした開場で落ち着いて聞くのでは、やっぱり印象が違う。さすがコントもやり役者もやりという人だけあっておお上手、楽しく聞けた。「羽織を脱ぐタイミングも重要なんですよね。でも僕は間違いなく忘れちゃいそうだから、ここで脱いじゃいます!」と、まくらの途中で脱衣。潔いよね。

最後は昇太さん。前座時代師匠の家でご飯とかもなかったので、なんとか自分でお金を稼いでいかなきゃ!という気持ちがあって…なんてお金の話をした後で出て来た噺が「宿屋の富」。うぉーアタイ昇太さんの宿屋の富は初めて聞くよ。主人公の本当は金のない男が、非常に純朴な男って印象、富くじの当たりをみんなで待っている場面は結構あっさり。当たっているにも関わらず気が付かない場面のおとぼけ振りがナイス。でだ、肝心なサゲでやっちゃったよ昇太さん。聞いていて「あれ?こんな終わりかたなん?」と思ったら、終わったあとご自分で暴露(どんなポカかは秘密)。ハハハ、ってなんでそんな肝心な台詞をアンタ!。前にもこの話は台詞を言い忘れて…と。そうなんだよね、落語ってある一文が抜けると話が通じなくなったり、サゲの意味がわからなかったりしちゃうんだよね。

予定より30分近くオーバーで終了。昇太さんは「ああ、こんなに余分に喋っちゃった」とおっしゃっていたけれど、こちらとしてみれば「こんなに余分に聞けちゃった!ラッキー!」だ。「うぅ、楽しかったぜ、ウシシ」と帰宅。早かったので途中駅から歩いて帰る。

連休なんてあっという間でしたとさ。

« 三連休中日の過ごし方 | トップページ | むちむちプリン。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/42514803

この記事へのトラックバック一覧です: 「春風亭昇太独演会」東神奈川かなっくホール:

« 三連休中日の過ごし方 | トップページ | むちむちプリン。 »