« 先生! | トップページ | パトラッシュ…オラもう歩けねぇ »

2008.09.01

「新宿末広亭9月上席夜の部」

伸治師匠がトリで初日ですしね!ってことで、仕事を終えて末広亭へ。入ってみると平日の夜なのに中々の入り。後で聞いたら夜の部が始まる頃は少なめだったのに、だんだんちゃくちゃくと増えていった様子。仲入りからの参加で短い時間だったけど、しっかり堪能。初めて聞く噺が三つもあったよ。

桂平治「松山鏡」
東京ボーイズ
桂幸丸「野口英世伝」
橘ノ圓「くやみ小僧」
翁家喜楽
桂伸治「宿屋の仇討ち」

松山鏡で思わず涙目。お上に孝行の褒美になにかやろうといわれたのに、田畑も着物もお金もいらないといった男が、唯一望むのは死んだ父親に会わせて欲しいというところで、じーん…。鏡を知らない田舎者のお噺で、噺自体はまあ物知らずのお間抜けさんなの噺と言ってしまえばそれまでなのだけど、お上に対してふとそう言ってしまう男の気持ちで思わずじーん。単純なアタイ。

圓師匠のやる小僧さんは、こまっしゃくれているけど非常にラブリー。あのぼそぼそと喋るのを聞いているとなんとも言えないニコニコした気分になるよね。たまに舌をペロッとするのもやんちゃな感じ。小天華さんの代演で喜楽師匠(あれ、奇術の人って師匠っておかしいのかな、先生か?。~さんというのもなんだか似合わないし)。茶碗に水を入れてくるーっと廻すと噴水のようにキレイに水が跳ねるのだけど、最後にプワッっと色とりどりの紙吹雪が舞うのがいつみても素敵。

トリの伸治師匠「今日は常連さんがたくさんいらっしゃいますねえ…少し引いてます(笑)」との挨拶。末広亭初日なにをかけるのかなあと思ったら「宿屋の仇討ち」。仇討ちキター!。トリや独演会でしか聞けないから嬉しい。途中立て膝で「かっぽれ」を踊るところもちゃんとあり。ああ、手拍子すればよかった…。微妙な言い間違いが思いの外多かったのだけど、江戸から来た三人と隣の部屋のお侍のキャラがビチッ!と分かれていて、しかもどっちもお似合いなんだよね。呑気な三人もいいけど、お侍の低めの声がカッコイイ。伊八の調子の良さもナイス。楽しい「宿屋の仇討ち」でございました。

出て来てまくらを話している時、ふと着物の合わせの帯の近くあたり、一本白い糸が垂れているのに気が付く。黒の紋付きを着ていらっしゃるから私の席からだと意外によく見える。ん、何の糸が出て来てるのかしらん?襦袢?いや襦袢の糸なんで出ようがないなあ…と思っていたら、かっぽれを踊る手前で気が付いた。あ!手拭いの糸だ!。かっぽれを踊る時に頭に巻く手拭いを胸元に入れていて、そのほつれの糸が出ていたという訳。納得納得。お着物には気を使っていらっしゃる師匠がどうしたのかしらと思ったら、そんな訳だったと。

師匠の高座が済み、緞帳が下りて来る時に差し入れを渡そうと前に出て来た方がいて、それを見て、もう私服に着替えた美香さんがすごい勢いで前に走り寄ろうとしていたのが、下りてくる緞帳の隙間から見えた。お客さんの頭に当たったら危険って事だろうけれど、その素早い動きに、さっきは超気の抜けた顔でやすけを鳴らしていた美香さんだけど、ちょっと見直したよ!

« 先生! | トップページ | パトラッシュ…オラもう歩けねぇ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/42357444

この記事へのトラックバック一覧です: 「新宿末広亭9月上席夜の部」:

« 先生! | トップページ | パトラッシュ…オラもう歩けねぇ »