« ダメなおねえちゃん。 | トップページ | お詫び »

2008.07.26

毎週深夜寄席か。

毎週深夜寄席か。
誕生日祝に晩ご飯をゴチになったろ!と思ったのに今日は仕事で帰ってこないといういとこ。昨日酒を飲みすぎたのかいつになくダルくて「動くの面倒だからここでダラダラ寝ててやるかしらん」と思ったけど、それもどうなんだって話なので暗くなってから末広亭に向かう。って、これ昨日の日記にも書いたね。入ってみると今日も桟敷までいっぱいの入り、カメラまで入ってる。微妙に一人目が始まってしまったので、可龍さんが始まるところですかさず席に。

春風亭昇美依「片棒」
三笑亭可龍「ずっこけ」
春風亭笑海「身投げ屋」
神田きらり「村井長庵 重兵衛殺し(だったかな)」

可龍さんはまくらで秋の芸協まつりのネタをたっぷり、あわせて先行落語会の宣伝も。宣伝って大事ですしね。そして本日は「ずっこけ」。綺麗な桃色の小紋(桃色というかピンクって感じかな)の着物に、スマートな話し振り。そこで「ずっこけ」ですよ。「おしっこ!」の連呼ですよ!。色々と芸協ネタ満載の楽しいずっこけ。曰く「常連向けバージョン」とのこと。ファン心をちょこちょことくすぐるのがお上手。

笑海さんの古典って初めて聞くのだけど、なんだよよく似合ってるじゃないですか。所々雑で「?」と思うところもあったけど、楽しい「身投げ屋」でした。しかし手ぬぐい何枚持ってきてるんだ。きらりさんは「唯一の怪談の持ちネタ」で「幽霊より生きている人間のほうが怖い」と言いながら噺に。高座の照明が落ちて、とつとつと話すきらりさんはなかなかカッコいい。変にまくらを長くしゃべったり、片々の途中で脱線するより、こうやってキチッと話すほうがきらりさんにお似合いで、またカッコいいのではないかと。カッコよかったのだけど、話があまりに暗いというか後味の悪いところで終わるので、トリでこの雰囲気はちょっとあれだなあと思った。私は寄席を良い心持ちで後にしたいので。

終了後は友人と末広亭の近くの海鮮居酒屋で乾杯。かかってるBGMが絶妙。二人で張り切って飲み、落語の話を沢山話して帰宅。しかし落語→飲みってのは楽しいったらないですよ。

家に着いたら友人から届き物が。わー可愛い手ぬぐいが入ってるよー。嬉しい。友達ってありがたいね(真顔)。喜んだところで気が抜けて、一気に睡魔に襲われて唐突に一日終了なのでした。

« ダメなおねえちゃん。 | トップページ | お詫び »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/41983557

この記事へのトラックバック一覧です: 毎週深夜寄席か。:

« ダメなおねえちゃん。 | トップページ | お詫び »