« バースディブルーか。 | トップページ | 週末のまとめ »

2008.07.12

「せんのは六人衆」国立演芸場

「せんのは六人衆」昼は久しぶりにちゃんと家事をして(拭き掃除とか)、昼ご飯もちゃんとつくって、まず武蔵野公会堂にチケットを取りに行く。思ったより全然近かった。こんな家に近いところに昇太さんと遊雀師匠がくるなんて…、ありがてえ!。自分が呼んだわけじゃないけど。そして国立演芸場に移動。着いてみると思いの外沢山の人が並んでいたので、かなり後ろの方に自分も並ぶ。すると知り合いの紳士が声をかけてくれて皆様のいるところへ呼んでくださる、ありがたい。本日ネタ出し、こんな番組。

開口一番「芋俵」柳亭市朗
月の家鏡太「代書屋」
日本舞踊
春風亭一之輔「七段目」
立川吉幸「火焔太鼓」
~お仲入り~
金原亭馬治「権助魚」
鏡味 仙志郎<太神楽>
柳家三之助「青菜」

市朗さんはあれね、柴犬みたいな雰囲気の高座。パカーッと人が良さそうで明るい。一之輔さんと三之助さんは逆に言葉は悪いかもしれないけれど何度見ても「お…おっさん?」な。そんなにお年ではないと思うのだけど、妙に手慣れている感というか落ち着き感のようなものがにじみでているような。馬治さんの「権助魚」は初聞きなのだけど、普段の軽やかさ(テンポ感?)がいまいち出てないような気がして残念。しかし最近馬治さんの高座を見ていると、妙に汗をかいているけどどうしたのかしら。二つ目ばかりの会、やり慣れた噺じゃなくて、ついこの前ネタおろしと思われる噺をかけたところがナイスだと思う。

吉幸さんは初めて拝見。噺じゃなくて見てくれ(というかあの髪型)が一昔前のサラリーマンみたい。もっともさーっとした人かと思っていたのだけど、思ったより全然はきはきしてて聞きづらくなかった。しかし「火焔太鼓」、馬治さんのとは細部が全然ちがうのね。

仙志郎さんがお一人でやられているのは初めて拝見。色々な方の五階茶碗(ってこの漢字か?)を見たけど、本気で落下しそうになったのを見たのは初めて。いやー冷や冷やした。傘の廻し分けの時の傘を廻す速度が他の人と違うなって思った。だからどうしただが。仙志郎さんの時に、随分各所で若い女性の歓声がしたので、寄席にはあまり行った事がない人が多いのかなと思ったり。そういえば「国立初めての人ー?」と質問した時に、結構手が上がっていたようですし。私も見ていて「ほぉー」と声が出るときがあるけど、「マジすごい!」って声に後ろを振り向きかけちゃった。すごいんだけど「マジすごい!」と言われると、すごくなさそうに聞こえるのは何でだ。

もうなんというかしきりに皆出てきたはなに「千葉出身」の話を。千葉の~出身でってな感じで。まあ、千葉県の人が主催で、千葉出身の人ばかりを集めた会だからしかたないのかもしれないけど、「そこまでいわんでも」とも思ったり。途中女性方が踊りを披露されたのだけど、あの人たちも千葉つながりなのかな。仲入りの時に一之輔さんだけがロビーに出て自分の会のチケットを売っていた。マメだなあと感心。

一之輔「チケット売ってますー、いかがですかー。そこの人!目が合ったからってそらさない!」

そのまま深夜寄席に行こうかなと思っていたけど、開演に間に合わなさそうなのでそのまま帰宅。

« バースディブルーか。 | トップページ | 週末のまとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/41841896

この記事へのトラックバック一覧です: 「せんのは六人衆」国立演芸場:

« バースディブルーか。 | トップページ | 週末のまとめ »