« たまには直帰しようぜ。 | トップページ | mixi退会。 »

2008.07.03

orkと「若手研精会」

友人からの急なお知らせで「平井さんorkで叩くの今回が最後だってよ」と。こりゃいかないかんわ!と仕事を無理矢理早めに終わらせて渋谷へ。最後だからって行くのも感じ悪いけど(普段からコンスタントに行ってこそファン)、それでもやっぱり今回はと向かったのでした。連絡をくれた友人に感謝。

入るとまだ前のバンド。私の中では倒れそうにどうでもいいバンドだった。未だにあんなのを長々やってる人がいるんだな…と妙な気分に。

でもってorkは、…あれ、ちょいっと見に来ない間にメンバー増えてる。でも特にだからどうしたって感じでもなく。なんの為の増員なのかな?

はたして平井さんのドラムは相も変わらず素敵でうっとりする。正確でキレがあって、でも何かこう情感があるというねえ、素敵ねえ。歌が無い分しっかりばっちりドラムに聞き入ることが出来るのがいい。入り込んで聞いていたらあっという間に終了。早すぎ、もっと叩いて!。叩いている時の平井さんは、どんなドラマーより美しく見えるよ。

そしてorkをみたところで速攻脱出。この日は落語会のチケットを買っていたのに、手帳に書くのを忘れていて後から気が付いてビックリ。せっかく買ったチケットだもの、逃すのも勿体ないので大急ぎで国立演芸場へ。本日は若手研精会。赤坂見附の駅か国立までほぼずっとダッシュで向かうも、もう夢吉さんは始まってる。ロビーでは出演が終わった皆様がチラシ作業をしてた。とりあえず入って端っこに着席。600m近くを走ったせいか汗が止まらん。

汗を拭き拭き夢吉さんを見る。あ、今日は「不精床」かあ。愛想の無い床屋の親父が、腹の立つことばっかりするのにチャーミングに見える。ひげをあたられてる男のおろおろ振りも非常に良くお似合い。技術点はもしかしたらまだまだなのかもしれないけれど、見ていて気持ちが明るくなるような、夢吉さんの高座はそういう高座。手慣れたスカした感が無く、ポッと咲いた可愛らしい花のようですよ。ごめん、ちょっと褒めすぎだね。

その後の小駒さんの「千両みかん」。この噺自体を初めて聞いたのだけど、なんともまああれな噺なのね。みかんが宝石のように思えてくるのと、「この馬鹿旦那、みかん食えなくて死ぬならとっとと死ねやボケ」なんて思っちゃった。最後に番頭が若旦那にもらったみかん三房を見ながら思うやるせなさを想像したら、なんだか自分まで暗くなっちゃった。

ロビーでは大挨拶大会が。出ている二つ目さんが多分ほとんどロビーに出てきて、帰るお客さんに挨拶をしてた。私は鯉橋さんと夢吉さんが並んで立っているのを見つけて、そこで8月の「裏研 芸協ルネッサンス」のチケットを購入。朗らかで嫌味のない明るい夢吉さん、ちょっとへにょへにょしてるけどそのへにょへにょ加減がまさに落語!という気がして素敵な鯉橋さん。この二人が好きなのです。

帰りはへろへろ、でもなんとか無事帰宅。

思うに二つ目さんをマメに見ている人っていうのは、高座ももちろんだけどその本人さんのお人柄とかで応援しているところが多分にあるよね。だって、技術や笑いの量でいったらもっともっとベテランさんに沢山いるもん。でも何かが自分に「ビンゴ!」な人が見つかると、ついつい足を運んじゃう。そしてそういう物好きさん達にが見ているうちに、その二つ目さんは育っていく、そういう循環なのね。上手く言えてないけど、なんかそんな気がした研精会なのでした。

« たまには直帰しようぜ。 | トップページ | mixi退会。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/41734780

この記事へのトラックバック一覧です: orkと「若手研精会」:

« たまには直帰しようぜ。 | トップページ | mixi退会。 »