« 黒門亭→ばく笑ひぐらし名人会 | トップページ | 携帯を無くしたら困るよね。 »

2008.04.22

立川生志真打御披露目興行

立川生志さんの真打ちお披露目興行を見に行ってきた。番組は予定より少し変更ありでこれ。

立川志の吉(間に合わなかったので演目不明)
春風亭昇太「ストレスの海」
立川談志
立川志の輔「妾馬」
~お仲入り~
古今亭小菊<俗曲>
立川生志「紺屋高尾」

昇太さんはやはりこの生志さん真打ちに対してのまくら。食べ物や花などのプレゼントも嬉しいけど、そこに具体的なものがついていると尚嬉しいとのこと。「本人は言いづらいだろうから、変わりにいっといたよ!」と。濃いえんじっぽい着物にねずの袴だと思う。ああ昇太さんが遠い…<?。

次は談志師匠。本当は中トリのはずだったのだけど、喉にカビが生えて声が出ないのでどれだけしゃべれるかわからないから、志の輔さんと順番交代との事。「談春みたいな声のいい奴が間に入ると厳しいけど、志の輔なら同じような感じでいいだろ」的な事をいいつつ、色んな人を褒めたりけなしたり、小咄をいくつかやったりして退場。自分が調子の悪いことを全部話して、お客さんに詫びの言葉をいい頭を下げたり、弟子の事を辛辣にいいつつも褒める所は褒めている談志師匠は、偏屈な所もあるのだろうけど、この高座では非常に素直な人に見えた。今までの突飛な行動発言の印象や、立川流を好きすぎる人の言葉のせいで、私の中の談志師匠に変な前印象がいっぱいついてるのかなあと。単に体力気力が落ちていて、パワーが無くて弱っているのかなあとも。

志の輔さんは「妾馬」。今まで何度か聞いていて面白いとも上手だなあとも思うのだけど、なんとなく理屈っぽい印象がしてあまりピンと来なかったのだけど、今日はずいぶん入り込んで聞いてしまった。八五郎が酔っぱらいながら何もいらないから、母親に孫を抱かせてやって欲しいと望む場面や、妹にはお世取りを生んだからといって図々しくせずみんなに可愛がってもらうようにしないと駄目だとアドバイス、殿様には妹をどうぞよろしくと頼み、というこのあたりの八五郎のちょっと抜けてるしお行儀は悪いけど、正直さとか家族思いな所とか、「お兄さんぶり」がじわじわほわほわ出ているような、そんな感じ。上に書いたあたりでは涙涙となってしまい、ぐずぐずしっぱなしの「妾馬」なのでした。

仲入り後は小菊さんの唄が入って(談志師匠に頼まれて、小菊さんが生志さんに唄を教えたそうで)、最後は生志さん。溢れんばかりの盛大な拍手で迎えられて登場。短めのまくらで始まった「紺屋高尾」。聞き終わってみると、思ったよりあっさりしてるかなあというか、志の輔さんが「妾馬」で、生志さんが「紺屋高尾」。お披露目でこの演目の並びはありなのかなあとも思ったり(後日知り合いの噺家さんと話したら「やっぱりそれは…」な事をおっしゃっていた)。どないだ?。とはいえお客さんからの拍手いっぱいの、生志さんのお披露目なのでした。ロビーに物販があり手ぬぐいも売っていたのだけど、噺家さんの手ぬぐいを買うというのは、なんとなくあれで(可愛い柄だったけど)、落語ファン倶楽部の最新号だけ買ってきた。なかなかに立派な昇進記念冊子ももらえてヨカッタヨカッタ。

…ヨカッタヨカッタじゃねえよ。

二つハプニングが。一つ目はハコを間違えた。会社から大急ぎで向かってチケットを差し出すと、よみうりホールのもぎりの人が衝撃の事実を。
「これは…朝日ホールですね」
「マジでー!?」

ある意味運がいい、よみうりホールから朝日ホールまでは5分かかるかかからないか。大急ぎで朝日ホールに移動して、チラシをもらい客席に入ろうとすると、
「おそれいります。この高座が終わってからのご案内になります」
「なんですとー!?」

後ろで立っているのも駄目ですか?どうしてもですか?と食い下がるも「申し訳ございません」の一点張り。これが二つ目のハプニング。そこに昇太さんがいるのに見られない。ウキー。がっくりこの上なしで、そのまま帰ろうかと思った。けど、いやいや口上あるじゃん、すこし落ち着けと、ロビーでモニターに映る昇太さんを見ながらアイスコーヒーを飲みながらふてくされる。このスティックシュガーの端を全部切ってやろうか…(蟻が集るよ)、ミルクのポーションの蓋を全部プチってしてやるか(全部ちょっとたれてる)、それともストローの片端をちぎって20本くらいいっぺんに「ぶほっ!」って飛ばしてやるか!(いい加減にしろ!)。
色々考えたけど、そんなことをしたら駄目人間だし(当たり前)、結局はコーヒーを飲んで昇太さんを見ているうちに落ち着いてきて、「飲んだら吐くな」の台詞が終わるとともに、無事客席に入りましたとさ。コーヒーを飲んでいる時にスーツ姿の談春さんが来て、アイスコーヒーを注文するのを間近で目撃できたのが、ささやかなラッキー。

チケットはちゃんと確認をね。

« 黒門亭→ばく笑ひぐらし名人会 | トップページ | 携帯を無くしたら困るよね。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/40988480

この記事へのトラックバック一覧です: 立川生志真打御披露目興行:

« 黒門亭→ばく笑ひぐらし名人会 | トップページ | 携帯を無くしたら困るよね。 »