« 一週間の内訳。 | トップページ | 「毎月文月」ゲストは柳家喬太郎 »

2008.03.05

「たなおろしの会」お江戸日本橋亭

私が入った時は里光さんの高座中でした。いい感じに席の埋まった日本橋亭はこんな演目で。

瀧川鯉橋「子ほめ」
笑福亭里光「池田の猪買い」
~お仲入り~
桂才紫「片棒」
柳家小蝠「叩き蟹」

鯉橋さんは間に合わなかった、残念。里光さんは絶妙な言い間違いをして客席が和んだ。せっかく関西弁だし、こちらの人がやらない噺も多いし、いい要素がたくさんある気がするのだけど、なんだか聞いていると微妙に噺がとっちらかってるような印象があって残念。着物の袷が浅かったのか、胸元がはだけちゃってたぞー。
才紫さんは何かに似てるなあと思ってみていたけど、あれだ、福笑いだ。手堅い喋りという感じがした。途中の「山車の上の親父の人形」が、表情といい動きといい、大変にナイスだった。人形ちょー似合うよ才紫さん!。
小蝠さんはまだ台を置いての高座。まだ正座できないのか…。ちょっと長引いているように思うけれど大丈夫かしら。まくらはまだ正座が出来なくてな事を少しだけ噺ですぐ本編へ。初めて聞いた「叩き蟹」という噺は白鳥さん曰く「レフト甚五郎」の噺だった。やる人によってはずいぶんと説教臭い噺になりそうなのだけど、小蝠さんはそれほどくどくなく、初めは「くっそーイヤなオヤジだな」と思っていた餅屋のオヤジも、最後には「えー」っていういい人振りを発揮。はーヨカッタヨカッタという噺だった。真面目な噺だったのに、最後がお間抜けなのもいい。もう少し全体にメリハリがあるとおもっと楽しそうだなー。

最後は四人出てきて、次回の出順をじゃんけんで決めることに。「お客さんの前でやらなくても」と誰かが言っていたが、まさに。でもじゃんけんで勝った人から好きな順番をとっていったのだけど、一人くらい「じゃあオレにトリをとらせてくれよ!」というカッコイイ台詞を言って欲しかった。結局は、里光、才紫、鯉橋、小蝠の順に決定。「またオレが~」な小蝠さんでございました。

終わってからは一人でごはち亭に行きご飯。マスターと色々話してしっかり酔っぱらって帰宅。しかし話したあとの電車で思ったのは、人の事というのはよく見えるから気が付くけど、きっと自分にも自分では気が付かない所で色々あるだろうなあと。自分はどうだ?と思う気持ちをもっとかないといかん。

« 一週間の内訳。 | トップページ | 「毎月文月」ゲストは柳家喬太郎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/40408120

この記事へのトラックバック一覧です: 「たなおろしの会」お江戸日本橋亭:

« 一週間の内訳。 | トップページ | 「毎月文月」ゲストは柳家喬太郎 »