« 「落語ファン倶楽部」のシークレットライブ | トップページ | 池袋演芸場上席前半(芸協) »

2008.02.29

横浜オッペケペーを見ににぎわい座へ。

確実に数分遅刻をしてしまうのだけど、明日の成田は社員旅行で行けなくなってしまったので、馬治さんが見たいなあと今日は仕事帰りに横浜へ。今日は珍しく全然暇だったので、すばやくあがれてよかった。
「今馬治さんが話し始めた所ですよ」と言われて中に。下手最前列の端っこがあいていたので、係りの方に確認して着席。馬治さんが円朝の噺について解説をしているところでした。

金原亭馬治<落語解説>
金原亭馬治「てれすこ」
金原亭馬吉「死神」
キリンビールの方のお話
~お仲入り~
金原亭馬吉、ふゆ<お囃子解説>
金原亭馬治「火焔太鼓」

私が入った時は円朝の噺が元は外国の小説で、それをこんな風にアレンジして落語にしたのですよってな解説をしてた。落語マニア的な人じゃない人が多そうな客席だったので、馬治さんの解説に笑ったり感心したり。非常にナイスイントロでございました。

そしてまずは馬治さんの「てれすこ」。これはネタおろしなのかな。馬治さんは今年に入ってから「時そば」「てれすこ」「干物箱」そして「火焔太鼓」などなど、次々に新しいのをかけていらして、意欲が見えるようで嬉しい。「たくさん出来ればいいってもんじゃない」という人もいて、確かにそれはそうだけど、若い人はどんどん色々なネタをまずはってみて、合う合わない、好き嫌い、評判の善し悪しをゆっくり決めていけばいいのじゃないかなあと思うので、次々に試していく人に対しては私は好印象。

閑話休題。私は馬治さんがやるお侍が好きなので、この噺は楽しい。扇子を持って「あーこれこれ」なんて仕草がよく似合うし、袴姿が凛々しいし。途中に入るちょっといい話」も聞いてて感心。だらだら長くなく、この噺は馬治さんに似合いそう。次は馬吉さんの「死神」。馬吉さんの「死神」は2回目なのだけど、最後の最後で「あー消えちまうよう」とおろおろする場面がいい。おろおろ振りがピッタリ来てるというか。最近ちょこちょこ見るあの橙色の小紋の着物いいな。

馬吉さんの高座が終わると、キリンビールの方が「キリンビールと横浜」についてお話を。こういうのがあると地元密着型落語会だなあって思う(野毛の飲食店の割引券もつくしね)。ビールを飲みたかったがはばかりが近くなるので断念。
仲入り後は馬吉さんとふゆさんでお囃子講座を。今は外国の曲を使っている方もという例で昇太さんの「デイビークロケット」が聞けた。やっぱり呑気で明るくて「楽しい事が始まるぞー」って気分になる(パブロフの犬効果か?)。ちなみに馬吉さんは協会が違うのであまり叩いた事がないであろうせいか、太鼓いまいち(ヒドイ)。他に川柳つくしの「イエローサブマリン」とか小枝さんの「ミッキーマウスマーチ」も。つくしさんのをやるなら小遊三師匠の「ぼたんとリボン」でもいいのに。他にリクエストで志ん生師匠と三平師匠のも。ふゆさんのキャラクターがナイスだと思った。

最後は馬治さんの「火焔太鼓」。近しい日にちで2回立て続けに聞くと、微妙な違いが感じられて面白い。今日聞いていると口やかましいおかみさんだけど、その実優しくて、なんだかんだいいつつも仲がいい夫婦なんだよなーって思える。今まで見た「火焔太鼓」では50両の束を6つ出して300両にしていた気がするけど、馬治さんのは25両束を12こで300両。私の勘違いかしら?それとも習う人によって違う?。まあいったらどっちでもいいのだろうけれど。こういう事をいちいち指摘して、あーだこーだというようになったら、駄目落語ファンへの一歩を踏み出した事になる感じがして、自分的にイヤだ。気をつけよう。あ、また話それた。後半300両を貰うと決まってから「アンタ興奮しすぎだよ!」ぐらいにテンションが高くなって、高くなりすぎて前半とテンポが変わっていたような気もするけど、それもまたよしで(えらそうな事言うな)、何度もかけて馬治さんのお得意ネタにして欲しいなあと思うのでした。しかしあれだよ、馬治さんのやるおかみさんがつかまる柱は、柱というより松の木みたいだじょ!

高座三席と楽しい解説、行った甲斐があったというものでございました。

« 「落語ファン倶楽部」のシークレットライブ | トップページ | 池袋演芸場上席前半(芸協) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/40358815

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜オッペケペーを見ににぎわい座へ。:

« 「落語ファン倶楽部」のシークレットライブ | トップページ | 池袋演芸場上席前半(芸協) »