« 三連休というものは。 | トップページ | 先週はこんな感じ。 »

2008.02.17

林家彦いち「喋り倒し」を本多劇場に。

褌姿にノックアウト。

春風亭昇太プロデュース下北演芸祭の中の林家彦いち「しゃべり倒し」に行ってきた。SWAでお見かけしていた時は面白いけれど、そこまでピンと来ていなかったのに、たまに寄席に見に行くとなんだか気になるようになり、では!と今回しゃべり倒しに行っていることにしたのだけど、…面白かった。

噺家さんが落語をやらないでただ喋るというライブを見たことがなかったので(やってる人も少ないだろう)どうなのかなあと思っていたのだけど、彦いちさんは写真を見せながら話してくれるので視覚的にも非常に楽しい。おまけに今回は画面も褌、そこにいる彦いちさんも褌だったわけですし!
最初は普通に出てきて今日はこんな感じで…と話していたのだけど、今日取り上げるネタの一つが蘇民祭だというあたりで、方向はどんどん微妙な方向へ。一通り説明をしたあとで「神事ですから!」としきりにいいつつ暗転。ふと見ると彦いちさんがもごもご動いてる、目のいいお客さんからはもう半笑いの声が。そしてライトアップ!で舞台を見てみると、褌姿の彦いちさんの登場!。眩しい…彦いちさん(の褌姿)が眩しい…。

前半は蘇民祭のネタだったのだけど、その間ずっと褌姿でマイクを持ち、つい数日前の活躍振りを語ってくれたのでした。現場にいた人にしかわからない「えーっ」って内容盛りだくさんで、しかも数日前(SWA公演が14日で、しゃべり倒しが17日)のことなので、非常にタイムリーで鮮度のいい喋りっぷり。しかし、いくら神事とはいえ私席が2列目で、しかも彦いちさんの立ち位置側だったので、見上げると褌、ちょっと照れた。途中祭りで貰った札を見せてくれるとき「喬之助くーん、僕の鞄の中にー」と言ったのに、そでから鞄ごとぼーんと出てきて「なんでオレは褌で鞄を探ってるんだ」と苦笑い。確かに。内容は大変楽しかったけど、口外するには適さないので書かないじょ。どんなだったか知りたい方は、早いところ彦いちさんの高座に向かうべし!

蘇民祭ネタが終わり、ここで服を着る。シャツにジーンズ姿になったとき、急にスタイルがいいのに気が付いて、またもちょっとドキドキした。後半は夢枕獏さんや白鳥さんとシルクロードを旅した時の話。白鳥さんのへんてこな行動を彦いちさんの喋りで語られると、ものすごくおかしい。また写真に出てくる白鳥さんが「なんで?!」って行動をとってるのがすごい。本当に超天然なのかしら。本当にみっしりにしゃべり倒しでございました。オイラ大満足!

« 三連休というものは。 | トップページ | 先週はこんな感じ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/40381594

この記事へのトラックバック一覧です: 林家彦いち「喋り倒し」を本多劇場に。:

« 三連休というものは。 | トップページ | 先週はこんな感じ。 »