« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.29

横浜オッペケペーを見ににぎわい座へ。

確実に数分遅刻をしてしまうのだけど、明日の成田は社員旅行で行けなくなってしまったので、馬治さんが見たいなあと今日は仕事帰りに横浜へ。今日は珍しく全然暇だったので、すばやくあがれてよかった。
「今馬治さんが話し始めた所ですよ」と言われて中に。下手最前列の端っこがあいていたので、係りの方に確認して着席。馬治さんが円朝の噺について解説をしているところでした。

金原亭馬治<落語解説>
金原亭馬治「てれすこ」
金原亭馬吉「死神」
キリンビールの方のお話
~お仲入り~
金原亭馬吉、ふゆ<お囃子解説>
金原亭馬治「火焔太鼓」

私が入った時は円朝の噺が元は外国の小説で、それをこんな風にアレンジして落語にしたのですよってな解説をしてた。落語マニア的な人じゃない人が多そうな客席だったので、馬治さんの解説に笑ったり感心したり。非常にナイスイントロでございました。

そしてまずは馬治さんの「てれすこ」。これはネタおろしなのかな。馬治さんは今年に入ってから「時そば」「てれすこ」「干物箱」そして「火焔太鼓」などなど、次々に新しいのをかけていらして、意欲が見えるようで嬉しい。「たくさん出来ればいいってもんじゃない」という人もいて、確かにそれはそうだけど、若い人はどんどん色々なネタをまずはってみて、合う合わない、好き嫌い、評判の善し悪しをゆっくり決めていけばいいのじゃないかなあと思うので、次々に試していく人に対しては私は好印象。

閑話休題。私は馬治さんがやるお侍が好きなので、この噺は楽しい。扇子を持って「あーこれこれ」なんて仕草がよく似合うし、袴姿が凛々しいし。途中に入るちょっといい話」も聞いてて感心。だらだら長くなく、この噺は馬治さんに似合いそう。次は馬吉さんの「死神」。馬吉さんの「死神」は2回目なのだけど、最後の最後で「あー消えちまうよう」とおろおろする場面がいい。おろおろ振りがピッタリ来てるというか。最近ちょこちょこ見るあの橙色の小紋の着物いいな。

馬吉さんの高座が終わると、キリンビールの方が「キリンビールと横浜」についてお話を。こういうのがあると地元密着型落語会だなあって思う(野毛の飲食店の割引券もつくしね)。ビールを飲みたかったがはばかりが近くなるので断念。
仲入り後は馬吉さんとふゆさんでお囃子講座を。今は外国の曲を使っている方もという例で昇太さんの「デイビークロケット」が聞けた。やっぱり呑気で明るくて「楽しい事が始まるぞー」って気分になる(パブロフの犬効果か?)。ちなみに馬吉さんは協会が違うのであまり叩いた事がないであろうせいか、太鼓いまいち(ヒドイ)。他に川柳つくしの「イエローサブマリン」とか小枝さんの「ミッキーマウスマーチ」も。つくしさんのをやるなら小遊三師匠の「ぼたんとリボン」でもいいのに。他にリクエストで志ん生師匠と三平師匠のも。ふゆさんのキャラクターがナイスだと思った。

最後は馬治さんの「火焔太鼓」。近しい日にちで2回立て続けに聞くと、微妙な違いが感じられて面白い。今日聞いていると口やかましいおかみさんだけど、その実優しくて、なんだかんだいいつつも仲がいい夫婦なんだよなーって思える。今まで見た「火焔太鼓」では50両の束を6つ出して300両にしていた気がするけど、馬治さんのは25両束を12こで300両。私の勘違いかしら?それとも習う人によって違う?。まあいったらどっちでもいいのだろうけれど。こういう事をいちいち指摘して、あーだこーだというようになったら、駄目落語ファンへの一歩を踏み出した事になる感じがして、自分的にイヤだ。気をつけよう。あ、また話それた。後半300両を貰うと決まってから「アンタ興奮しすぎだよ!」ぐらいにテンションが高くなって、高くなりすぎて前半とテンポが変わっていたような気もするけど、それもまたよしで(えらそうな事言うな)、何度もかけて馬治さんのお得意ネタにして欲しいなあと思うのでした。しかしあれだよ、馬治さんのやるおかみさんがつかまる柱は、柱というより松の木みたいだじょ!

高座三席と楽しい解説、行った甲斐があったというものでございました。

2008.02.27

「落語ファン倶楽部」のシークレットライブ

今日は「落語ファン倶楽部」に収録されるSWA三題噺の彦いちさんのシークレットライブに行ってきた。風邪でかなりへろへろだったのだけど、1日の花形演芸会も行けないし、ここはなんとしてでも!と。ただ咳や鼻が出るようなら、そーっと後ろに下がろうかと思ってた。が、とりあえずこの間だけは出ないですんだのでありがたい。
中身に関しては箝口令が出ているので書けないけど、大変に内容の濃い時間でございました。入ると物販テーブルになぜか林家ぺー師匠が!(やっぱりピンクの洋服だったじょ!)。曰く用事でよったら高田先生がいたから、との事。「本を買っていただいた方にはサインをー」と。思いがけない出来事にちょっと和んだ。中身は次の落語ファン倶楽部が出た時のお楽しみという事で。

帰りの電車の中で「彦いちさんカッコよかったなあ」なんて思いながら、あらやだ私ったらいつの間にか噺家さんに対しても「カッコイイ」なんてトキメいちゃって、と驚いた。とはいえ噺家さんに対しては高座が面白いがクリアー出来てから、初めて「カッコイイ」が出てくる訳だが。当たり前か。

2008.02.25

日記を書いておくかな。

先週はお出かけ度より残業度の方が高かった。とはいえ今手帳を見てみると出かけてるなあ、あれ?。それなりに仕事をしてからお出かけしていた模様。自分的にはこれくらいがいいペースかなあなんて思ったり。

18日(月) ごはち亭にご飯を食べに。
21日(木) 武蔵小山アゲインで立川談奈(ゲスト笑志)を見る。
22日(金) 末廣亭でロケット団の定例集会。
23日(土) 銀座「のみ処ひろし」でひろし寄席(弥助、馬治、馬吉)→神田「ごはち亭」で毎月文月(ゲスト南なん師匠)
24日(日) 一日中駄目人間

笑ったり、腹を立てたり、反省したり、色々ですよ。日曜はどうも頭は痛いしだるいしで、寄席に行くのをあきらめて、ほぼ一日横になって考え事をしていたのだけど、腹の立つこととか悩み事って、後から少し冷静になって思い返してみると、「それってそんなに盛り上がることか?」と思えたりも。というか、「私はいつまでこんな事で悩んでんだ」なんて、馬鹿馬鹿しくも思ったり。

とはいいならがも、腹が立つときは腹が立つってものですよ!いい年した馬鹿はイヤー。

2008.02.22

ロケット団の定例集会を末広亭に。

12月に初めて行ってからすっかり毎月の楽しみになった「ロケット団定例集会」。開演が21時30分というのも非常にありがたい。今日も残業をしてから向かうのでした。非常に人気で、会場15分前ともなると人が随分並んでる。でも末広亭は以外に大丈夫、今日も自分の好みの場所に座れて、さあ始まり始まり。

よしだ・かわい<漫才>
ロケット団「今日の出来事」
ロケット団「(タイトル失念)」
中津川弦<漫談>
YUTAKA<マジック>
ロケット団「お国自慢」

こうやって改めて書くと、えらい色んな方が出てるな。最初に出てきたよしだ・かわいは初見。もーいかにも若手!な風情で遠慮気味に遠慮気味に短く自己紹介的な話をして終了。こうやって見るとロケット団もベテランに見えるものね。普段は年長者ばかりの中で見るから、ロケット団もすごく若手に見えるのに。

弦ちゃんは、正直な所面白い訳じゃなく、かなり寒々しい事もいったりするのだけど、なんだろうあのキャラのおかげなのか、あそこに集まっているお客さんのおかげなのか、しーんとして客席が冷えるというより、なんとなくのほほーんとした雰囲気に。不思議だ。弦ちゃんが喋っているのに、三浦さんと倉本さんが出てきて、ささやかに弦ちゃんのじゃまをしながらマジックの準備を。

YUTAKAさんも初見。バンド系な髪型に、チャーミングなお顔で、ちょっとうさんくさい感じがマジシャンぽくていい。そんなルックスなのでチャラチャラしているのかと思いきや、びっくりするマジックが沢山。私はハトを出すマジックを初めて生で見ましたよ!。ハトが出てくるマジックってレトロスタンダード(ってこんな言葉あるのか?)だけど、意外に見てなかった。他にも絵に書いた大きいトランプがみょーんと出てくるのや、嘘タマゴマジックだったと思いきや本当のタマゴが出てきたり、大変に楽しかった。絶対にタネと仕掛けがあるはず!と手元を穴が開くほど見ていてもわからないのが不思議(たまにわかるけど)

でもってロケット団。今日は二人とも黒と紺という暗めな色のスーツで登場。最近色々と派手なニュースがあるので、それをネタに三浦さん言いたい放題。過激な事を言えばいいと言うものではないけれど、飛ばして色々話してるほうが面白い。ずっとマイペースに話していく三浦さんに、倉本さんが色んなスタイルでつっこんでいくのだけど、すごーく小さいネタに、すごーくさりげなくつっこむのもいい。ささやき突っ込み。ネタおろしだからか、完成!という感じじゃないのだけど、そこもまた面白い。今日は「お国自慢」が少しテイストが違っていて面白かったな。最後のネタの時になると倉本さんはネクタイを外すのね(先月はアスコットタイ!)。あ、最初の「最近の出来事」も飛ばし度が高くて好かった。YUTAKAさんと一緒にマジックをやってるのも面白かったな(しきりに「このイケメン振りがむかつく!」と言ってた)、微妙に似合っていない中途半端な作り笑顔と猫背じゃない三浦さんがラブリーだ。
「今日は前売りを何も付けずに売ります!」(甘やかしたら駄目、お客さんにも飴と鞭だそうで)とおっしゃっていたけど、売れ行きはどんなだったのかしら。
今日も大笑いなロケット団定例集会なのでした。

2008.02.20

がっくりな出来事。

唐突に決まった社員旅行で落語会二つとライブが一つ吹っ飛んだ。ふえぇ〜ん。普段なら山形の温泉宿に旅行なんて決まったら大喜びなのだけど、いかんせん今すごく見たい人の落語会だったりしたので(席もほどよく良くて)、もうがっかりもひとしお。お知らせがあってからの午後の仕事へのやる気のなさったらないですよ。すぐ帰ってやろうかしらんぐらいの。

とはいえ、がっかりしていてもしょうがないし、料理も美味しそう、宿も豪華、温泉も素敵、おまけに女子はエステをやってもいいと社長がおっしゃってくださったので、もう冬の日本海を満喫してやろうかと!。道中の食事も美味しそうですし。美味しい日本酒を探してきちゃうぞう。なんというか人数が少ない会社だからこそのフットワークの軽さ。

そして気を取り直したらいいことも有り。あれですよ、落語の神様は私を見捨てたりしないのですよ。笑芸人が出している「落語ファン倶楽部」の次号に収録されるSWAメンバーによる新作ネタおろしの収録ライブ、今回は彦いちさんなのだけど、それのシークレットライブに大当たりなのです!いやっほう!。今、私の中でブームが来ているが、そんな時このタイミングでシークレットに彦いちさん、それに大当たり。ついてる。

「すべては自分の都合の良い方に!」の気持ちで。

2008.02.18

先週はこんな感じ。

先週は月曜日が休日だったので、ものすごーく体のだるい日があったりしつつも一週間がいつも以上にあっという間。そしてカラフルな予定満載の週末。

12日(火)SWAを見に本多劇場。
14日(木)友人が泊まりに来た。
15日(金)久しぶりに歩いて帰る。気分はいいけど脚はへろへろ。
16日(土)馬治さんの出る「鹿芝居」を見に国立演芸場→馬治、馬吉勉強会を見に銀座の長寿庵→NOWを見に武蔵小山のアゲイン。
17日(日)彦いちさんの「しゃべり倒し」を見に本多劇場→昇太プロデュース下北沢演芸祭りのラストのシークレットライブを見に本多劇場

カラフルだ。
SWAは一つの物語を見ているような楽しさ、4人でやっているけれど一つの高座というかなんというか。新作とはいえ作る人が違うと全然ちがうよなあというのを実感。

泊まりに来てくれた友人はかなりのしばらくぶりだったのだけど、久しぶりな感もするのに、この前あったような気もしたり、不思議よねえ。

「鹿芝居」は落語会というよりイベント的楽しさ満載。途中に獅子舞が出てきて客席を歩くのだが、去年は尻込みしてしまったご祝儀を今年は渡せて満足(そこかよ)。最後の手拭いまきでもありがたくゲット出来てさらに満足。しかし芝居、年長者はノリノリだな。

勉強会ではネタおろしや初聞きの噺もあって来た甲斐あり。ここは客席になる部屋が非常に狭いので、少し人数が増えると圧迫感があり、もう少しどうにかならんかなあと思ったり。きゅうきゅうしているところってどうも苦手なのですよ(はばかりが近いので脱出しずらいと思うと厳しい訳だ)。

NOWもきゅうきゅう満員のお客さん。ベースの方がアメリカにいってしまうというので、ちょいとメモリアルなライブ。いったら上手でもないし、段取りも悪いし、ルックスが並外れて素敵!とかではないのに、なんか楽しいNOWなのでした。

彦いちさんの「しゃべり倒し」は、素敵すぎてオイラ、ハートをロックオン状態。写真を見せながらのトークは思っていた以上に面白く、いいなあ、面白いなあとなっているうえに、フンドシ姿ですよ、奥さん。300人の前でフンドシ姿になれるその男らしさに脱帽。カッコイイ!。2列目からのフンドシ姿は眩しすぎですよ…。

そして最後のシークレットライブは、驚きの運の良さを発揮して最前列(補助席だけども)。白鳥、彦いち、喬太郎、談春、ポカスカジャン、昇太の順。良い意味でラフ、そしてパワフル。次々に出てくるびっくりに、テンションが上がりまくりの笑いまくり。白鳥、彦位いちの両名の噺には昇太さんが出てくるし、喬太郎さんの「子別れ」ではほろり、談春さんの「愛犬チャッピー(序)」に驚き、プロデューサー昇太さんは、「いい気になれますよ」と言われトリを承諾、オレまつりでもやらなかった、でもとってもメモリアルな「悲しみにてやんでぃ」を。あ、少し書き留めておくつもりが、どんどん長くなってるよ。

とにもかくにも、なんともサービス満点のシークレットライブでございました。昇太さんを好きになってよかったなあとしみじみ思った。あ、そういえば去年の演芸祭りでも同じことを思ったな。「楽しいー素敵ーカッコいいーふんどしー」とか思いながら帰路についた週末の夜なのでした。

そしてまた一週間真面目に働いて、楽しい週末を待つよ。

2008.02.17

林家彦いち「喋り倒し」を本多劇場に。

褌姿にノックアウト。

春風亭昇太プロデュース下北演芸祭の中の林家彦いち「しゃべり倒し」に行ってきた。SWAでお見かけしていた時は面白いけれど、そこまでピンと来ていなかったのに、たまに寄席に見に行くとなんだか気になるようになり、では!と今回しゃべり倒しに行っていることにしたのだけど、…面白かった。

噺家さんが落語をやらないでただ喋るというライブを見たことがなかったので(やってる人も少ないだろう)どうなのかなあと思っていたのだけど、彦いちさんは写真を見せながら話してくれるので視覚的にも非常に楽しい。おまけに今回は画面も褌、そこにいる彦いちさんも褌だったわけですし!
最初は普通に出てきて今日はこんな感じで…と話していたのだけど、今日取り上げるネタの一つが蘇民祭だというあたりで、方向はどんどん微妙な方向へ。一通り説明をしたあとで「神事ですから!」としきりにいいつつ暗転。ふと見ると彦いちさんがもごもご動いてる、目のいいお客さんからはもう半笑いの声が。そしてライトアップ!で舞台を見てみると、褌姿の彦いちさんの登場!。眩しい…彦いちさん(の褌姿)が眩しい…。

前半は蘇民祭のネタだったのだけど、その間ずっと褌姿でマイクを持ち、つい数日前の活躍振りを語ってくれたのでした。現場にいた人にしかわからない「えーっ」って内容盛りだくさんで、しかも数日前(SWA公演が14日で、しゃべり倒しが17日)のことなので、非常にタイムリーで鮮度のいい喋りっぷり。しかし、いくら神事とはいえ私席が2列目で、しかも彦いちさんの立ち位置側だったので、見上げると褌、ちょっと照れた。途中祭りで貰った札を見せてくれるとき「喬之助くーん、僕の鞄の中にー」と言ったのに、そでから鞄ごとぼーんと出てきて「なんでオレは褌で鞄を探ってるんだ」と苦笑い。確かに。内容は大変楽しかったけど、口外するには適さないので書かないじょ。どんなだったか知りたい方は、早いところ彦いちさんの高座に向かうべし!

蘇民祭ネタが終わり、ここで服を着る。シャツにジーンズ姿になったとき、急にスタイルがいいのに気が付いて、またもちょっとドキドキした。後半は夢枕獏さんや白鳥さんとシルクロードを旅した時の話。白鳥さんのへんてこな行動を彦いちさんの喋りで語られると、ものすごくおかしい。また写真に出てくる白鳥さんが「なんで?!」って行動をとってるのがすごい。本当に超天然なのかしら。本当にみっしりにしゃべり倒しでございました。オイラ大満足!

2008.02.11

三連休というものは。

休みで色々な所へ行けるのは嬉しいけれど、明けてから仕事に行くのが面倒で面倒でかなわん。仕事が嫌いな訳ではないけれど、「仕事以外側」から「仕事側」の距離が離れているので、気持ち的に戻るのが億劫になる。休み期間が長ければ長いほどに、川幅は広がり、片側へ渡るのが辛いって話。例えがわかりずらいか。
今週も一週間の覚え書きを。

04日(月)馬治、弥助を見にワイン寄席。その後、ごはち亭に。
05日(火)「落5人」を見に東京芸術劇場。遅れていったので小蝠、遊喜しか見れず。その後は飲み。
07日(木)春風亭昇太「オレまつり」を見に本多劇場。友達とマジックスパイスに。
09日(土)散髪。ドコモショップに修理。友人とご飯。雪。
10日(日)池袋演芸場に落語協会の上席の夜の部。
11日(月)末廣亭に芸術協会の中席の夜から昼まで通し。

沢山見ているような、それほどでも無いような。今週もしまっていこー!おー!って、きっとあっという間。

2008.02.05

東京芸術劇場で「落5人」を。

去年は一度も来なかったのに、今年はもう2回も来たよ東京芸術劇場。噺でも去年あれだけ高座を見たのに一度も見なかった噺を1月中にもう2度も見ていたり、タイミングってそういうものか。今日は若手さんの勉強会。仕事で確実に最初から見られなかったけど、チケットは先に買ってあるし、一席でも見られたらいいかといってみる。受付に錦之輔さん(真打ち昇進&今輔襲名おめでとうございます)。聞いてみると小蝠さんが始まるところでした。なので結局見られたのは、

柳家小蝠「お見立て」
三遊亭遊喜「大工調べ(大家に啖呵きる所まで)」

小蝠さんはまだ正座が出来ない様子。ずいぶんと長引いているけれど大丈夫なのかな。まくらでは文治師匠のお墓の前での落語の話。どんな人なんだよ鯉太さん、なネタだ。噺は楽しく聞けるのだけど、私的にはあっさりしすぎな印象も。もちょっとグイグイとしててもいいのになーと。

遊喜さんは大工調べ。もともと大工調べという噺が少し苦手なので、今日の遊喜さんもちょっとピンとこなかったかな。この前の「伸治・笑遊 二人会」で「幇間腹」を聞いたときは印象も良かったので、単純に噺の性質のせいなのだけども。最後までやれば気も済むのだけど、皆様時間の関係で途中で終わってしまう。すると慇懃で強欲な大家、ちょっと配慮にかけたかも?な棟梁、ただのアホ、がぎゃーぎゃー言って終わるように感じて、聞いた後の気持ちがすっきりしない。遊喜さん、まくらをそれなりに話していたから、せっかくならまくら無しで、全部やったらよかったのになーなんて。でも、棟梁の啖呵はなかなかうまくいって、終わったら客席から拍手!

お二人とももっとはじけてもいいのに、若いんだし。そんなお年でもないのに、妙な落ち着き感はいらないと思う!(私の趣味だが)。

夜はお知り合いの方と飲みに行く。普段あわないような方もいて楽しかったな。つか、周りに気を使える人ばかりだと、場が柔らかいよ。みんなが自分のことより、人に何か喋らそうとしている感じ。楽しかったので沢山飲みたかったけど、明日はかなり真面目に働かないといけないなあと思い自制、よく我慢したオレ。

夢吉、鯉橋、錦之輔の皆様も聞きたかった、残念。

2008.02.03

2月に入りましたよ。

早いものでもう2月がスタートですよ。いっこうに日記が書けていないので、取り合えずまた覚え書きを。

28日 ごはち亭の鉄曜日に行く(スペシャルゲスト有り)
29日 東西落語研鑽会を見によみうりホールへ。
30日 お友達とごはん。
02日 若手花形演芸会(あれ?こんなタイトルだっけか?)を見に東京厚生年金会館へ、その後、浅草演芸ホールの上席夜の部を見に。
03日 浅草でデート(初めてドジョウを食べたよ)

相変わらず主に落語。ホール落語は楽しいけれど、さすがに席が遠いと、噺家さんを見下ろさなくちゃ行けないし、臨場感が今ひとつ。あれでキャパ500くらいだったらもっと楽しいのじゃないのかなあと。どんな席でもいい話はいいとかいう人もいるだろうけど、それはそうだけど、近いにこしたこたないよ。

厚年は空調が聞きすぎてサウナ状態。頭がぼーっとしてしまい、いまいっぽ落語に身が入らなくて残念。着物を着ている私が悪いのか?とも思ったけれど、周りの人もパンフでぱたぱたやっていらしたので、私だけじゃなさそう。空調もほどほどで頼みたい。

浅草は初めて二階席に入ったのだけど、前の方の席だと柵がじゃまで高座が全部見えん。とはいえ後ろのほうでのんびりみるのも悪くないなあなんて。あと上手の出っ張りの部分に座ってみると、高座が俯瞰できて、高座と楽屋の境目でのやりとりなんかも見られて面白い。

日曜日は珍しい物を食べて(どじょうは珍しいに入るのか?)、珍しいものをいただいて、なんだか貴重な一日だった。浅草を歩いている間に、歌春師匠、平治師匠、ボンボンの太郎先生などをお見かけしたりもした。おうちに帰っていきていただいた珍しいものを眺めてしばし感激。大事にするじょ!

土日とも着物でお出かけ。早く気負わずに着れるようになりたいので、出来るだけ着ていくのでした。着てると面倒な事もあるけど楽しいし。

日々色々成長中(いくつだよ)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »