« 平日、私には特に何も無。 | トップページ | 昼はイカソーメン丼で。 »

2008.01.11

夢吉さんを見に武蔵小山のアゲインへ。

急に決まった職場の飲み会に参加したので、後半からの拝見となりました。飲み会に小一時間だけ参加して、「せめて最後の夢吉さんの一席だけでも!」と酒の入った体で小走りをしたせいで、明大前の階段で足を踏み外しコケつつも、会場である武蔵小山のアゲインに到着。思いがけずお仲入り中で、後半全部が見られたというわけだ。コケた甲斐もあるというものですよ。そんなアゲイン後半の部はこの二席。

春風亭笑松「蒟蒻問答」
三笑亭夢吉「ずっこけ」

先に出てきた笑松さんは、自分が着物姿でお参りに行くと坊主や相撲取りに間違われるというまくらを振って「蒟蒻問答」へ。ずいぶんすっきりした蒟蒻問答だったけど、くどくどしていない分、逆に聞きやすかった。何度か肝心な所で噛んでしまったのが残念。薄いグレーの柔らかそうな着物が良くお似合いでした。

夢吉さんは電車を乗り過ごしてとんでもない所まで行った話をまくらに。ちょっとアレな話なので具体的には書かないけど、本当っすか夢吉さん!という話だった。なんで上半身裸だったのか気になる。大笑いしたまくらに続き「ずっこけ」へ。これ私は初めて聞くのだけど、なんですか!これもプレイ系の話ですか!という、なんとも馬鹿馬鹿しい話だった。しかもこの前の深夜寄席に続いてまた尿の話。もー夢吉さんの高座は尿って単語の出る率が高すぎ。とはいえ下品というより小学生が「うんこー」とか言って喜んでいるのと同じように感じるし、夢吉さんの高座姿がきちんとしているから、嫌な印象は全然無くて、ただただ面白い。が、客席のオジサマチームはいまいちだったようで、後ろから見ていても若干ひいている様にも見えた(まくらのネタの時も)。ウケまくりの女性方、引き気味のオジサマ方、そんな雰囲気。小さい言い間違えが結構所々あるのだけど(夢吉さんは噛むというより言い間違いの方が多い)、それをチャラにしても余りある、明るくて楽しい高座なのでした。

終わった後は希望者のみで軽く店内で打ち上げ。大きなテーブルを10人くらいのお客さんと出演者のお二人で囲んでのおしゃべりなので、どのテーブルには噺家さんが来ないだの、テーブルのメンバーが気に入らないだのという事が無く、色んなお話をみんなが楽しく聞けて、なかなかにいい雰囲気の打ち上げなんじゃないかと思うのでした。夢吉さんと笑松さんはご飯を食べつつ酒を飲みつつも、沢山面白い話をしてくださって、大忙しなのでした。二人ともえらい!ナイスファンサービス!

そんな夢吉さんの落語会は、次回はは2月7日に兄弟子の朝夢さんを迎えての開催なのでした。19時30分開演という働く人に優しい時間のスタートですので皆様も是非。なんて書いておきながら、手帳を見たら自分が行けない事が判明、昇太さんの独演会とかぶっちゃってるよ…。さすがに買ってしまったチケットをフイには出来ないのでやむなくお休み。残念。

そういえば、この日「こむらがへり日記を見てます」と声をかけてくださった方が数名。ありがてえ!。こんな長文、内容偏り過ぎ、更新不定期な日記を読んでくださっている方がいて、わざわざ声をかけてくださるなんて嬉しい。つか、何で私ってわかるのかしらん?。声をかけてくださった皆様、ありがとうございます。年末にもそう言ってくださった方がいて(Hちゃん見てる~?)、なんともありがたい限りなのでした。

« 平日、私には特に何も無。 | トップページ | 昼はイカソーメン丼で。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/17704923

この記事へのトラックバック一覧です: 夢吉さんを見に武蔵小山のアゲインへ。:

« 平日、私には特に何も無。 | トップページ | 昼はイカソーメン丼で。 »