« ロケット団の定例集会に参加! | トップページ | 「金原亭馬生独演会」鈴本演芸場 »

2007.12.23

堀之内寄席→ごはち寄席

朝のチケット争奪戦は、なにやら全体的にぼけていて、やることなすこといちいち上手く進まず、いつもより沢山の時間がかかってしまった。とはいえきちんと取れたので良かった良かった。その後高円寺の妙法寺で開催される「堀之内寄席」に行く。お寺の休憩場が会場で、木戸銭500円で3席聞けて、お茶とお菓子まで付いてくるナイス寄席。が、毎月23日の昼から開催なので、普段は行けるはずもなく。が、今回は休日なので行けるはこびとなりました。前の方座布団席、後ろは椅子席、ほぼ満席。

桂夏丸「青い鳥」
三笑亭夢吉「天災」
~お仲入り~
瀧川鯉太「笠碁」

夢吉さんの暴れ太鼓のようなアグレッシブな太鼓が鳴って、まずは落語の前に錦之輔さん(洋装)が出てきて会の説明と、ご自分の春の真打ち昇進および今輔襲名興行の宣伝を。来年の5月のなのに、もうチケットがナウオンセールですよーと。早いな。
夏丸くんがやった噺は新作なのかな。新作といっても少し前の新作という感じ。出てくるのが桜田淳子とかで今若い人が聞くとわからないぞーと思う。そういうちょっと古くさい感じを抜けば噺は面白くて、当てぶりで踊る所の「くっくくっくー」と「私」の動きがばかばかしすぎて私の心にスマッシュヒット。ちなみに「くっくくっくー」は両手を前に出して、一本だけ指を折って振るので「く(9)」、「私」は船を漕ぐ動作で「渡し」。馬鹿馬鹿しすぎてグー。最後の投げキッスもナイス。途中「羽織なんて着てる場合じゃない!」とおもむろに脱いだが、あれは演出か?忘れていたのか?。不思議なテイストの夏丸くんでした。

次は夢吉さん。自分の貧乏ネタをまくらに天災に。ビタワンを食ったというのは本当なのか?。声が大きくて雰囲気が明るい夢吉さんの高座はいいなー。天災の言葉を覚えた男の馬鹿っぷりもチャーミングだ。でもって夢吉さんはネタを沢山持っているのか、何度も聞きに行っても被ることが少ないのもいい。若さあふれて勢いのあるチャーミングな高座は、みんなに見て欲しいなあーと思ったり。仲入り後は鯉太さん。まくらはこの前の深夜寄席とほぼ同じ。なんだか全体的にあわただしい感じ。もちょっと落ち着けー。

最後は錦之輔さんの挨拶で終了。ちゃんと下座さんもいたし、会場の入り口の上には噺家さん達の看板が。もう100回を超えるとのこと、なかなか由緒正しい寄席なのね。満喫満喫。

お友達とJRの高円寺まで歩いて、「のら犬カフェ」でお茶して(ケーキも珈琲も美味しかったじょ!)神田のごはち亭へ移動、今年最後の毎月文月を見に。ゲストが鯉昇師匠ということもあってか、補助席を出すほどの盛況ぶり。番組はこんな風。

桂文月「尻餅」
瀧川鯉昇「二番煎じ」
~お仲入り~
桂文月「井戸の茶碗」

文月師匠は最初は羽織付、後は袴姿。「井戸の茶碗」の真面目な二人が良くお似合いだし、とぼけた正直者のくず屋さんが困ると、本当に困っているようで不憫ながらも可愛い。井戸茶も良かったけど、「尻餅」が良かったなー。おかみさんが可愛いんだなあ。ここもやっぱりちょっと困ってるところがよりチャーミング。テンポも良くて聞きやすくて大変にグー!。しかしこの「尻餅」という噺、馬鹿馬鹿しくてかつ「何プレイ噺だよ!」という、ちょっと考えるとかなり大胆な噺。だって着物をまくり上げさせて女房の穴を餅に見立ててひっぱたくのですよ。何、何プレイなの!?。着物をぶわっとめくっておしりを出して、それを旦那がぺったんぺったんと。お若い噺家さんがやるとちょっと聞いていて照れるよ。文月師匠はそこまでエロくはやらなかったけど、それでもちょっと照れた。「こっちに角さん、こっちに助さん、真ん中に黄門様」ネタがツボった。「尻餅」みたいな噺を聞くと、落語ってすごいなーと思う。いろんな意味で懐が深い感じがする。

ゲストの鯉昇師匠は「さっき来たばかりで打ち合わせもしてなくて、どれくらい仕事をしたらいいのかもよくわからないんですが…」という台詞で始まり。師匠の話し方はゆったりしていて押しつけがましくなくて、のんびりしているように感じるけどテンポと抑揚があって、ものすごく聞き心地が良い。「ご飯に粟やひえ」のまくらはもう何度も聞いているのにそれでもまた笑ってしまう。噺家の年末的なまくらをたっぷりとやったので、お噺は短めかなあと思ったら「二番煎じ」。師匠の「二番煎じ」は初めて聞いたのだけど、素敵だ。寒い中をやんややんやと見回りに行く場面のその寒そうな事、番屋で食べるお酒や鍋の美味しそうな事、その景色や空気を感じるようなそういう素敵な高座でございました。大きな声や勢いとかじゃなくても、あんなに引き込まれるような高座もあるんだなあと。でもって近いから臨場感があってあって。ドラマチック二番煎じ。

終了後は店内で打ち上げ。今回はコース料理だったのだけどひきずり鍋が登場。二番煎じで猪鍋を食べているを見て「鍋いいなー」と思っていたのでナイスタイミング。文月師匠は各テーブルを回り皆様にご挨拶(えらい)。1つのテーブルは女性ばかりで、その女性方は皆様鯉昇師匠ファンのお客様のご様子。女性にも大人気の鯉昇師匠だ。電車の時間が気になりだした頃に打ち上げは終了するも、ごはちの常連の皆様はそのまま残り、延々飲みと語りの時を過ごすのでした。私は日本酒を沢山飲んだせいか途中で急に酔いが回り、後半はほとんど横になっているという間抜けな自体に。「みんな色々しゃべってんなー」とか思いながらごろんとなってた。楽しゅうございましたとさ!

« ロケット団の定例集会に参加! | トップページ | 「金原亭馬生独演会」鈴本演芸場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/17483676

この記事へのトラックバック一覧です: 堀之内寄席→ごはち寄席:

« ロケット団の定例集会に参加! | トップページ | 「金原亭馬生独演会」鈴本演芸場 »