« 毎月第一月曜は芝浜ワイン寄席 | トップページ | 無念でございまする。 »

2007.10.07

早朝寄席→かもめ郵便局

早朝寄席は、朝が苦手な人間にとっては非常に厳しい。9時半に集合って、仕事か、仕事に行くのか、という気合いで起きないと行けない。今日は頑張って向かったけれど、45分頃に鈴本に着くも、客席は相当な埋まり具合、皆早起きだ。そんな早朝寄席、若干の出演者の変更有りでこんな番組。

鈴々舎馬るこ「ハングル寿限無」
古今亭菊可「ガマの油」
入船亭扇里「浮世寝問」
金原亭馬治「笠碁」

馬るこさんは始めて拝見したのだけど、なんかこう「慣れてるなー」という感じ。私はあまり妙な手慣れ感のある人は好きじゃ無いけれど、引く程嫌味ではなく楽しく聞けた。あの丸まるしい見てくれのせいかしらん。ハングル寿限無と聞いて「え、あれをハングル語にするの!?」と思った私が甘かった。ケイウンスクだの冬のソナタのDVDだの、お間抜けハングル単語の羅列の、しかも噺のスジもちがーう。とはいえ、楽しい飛び道具という高座でございました。汗っかきなのか、手拭いをニ本用意していらしたし、高座からおりる時も、前の床を拭いて、その手拭いでそのまま自分の汗を拭いての退場となりました。

最後の馬治さんは「笠碁」。私ももう、馬治さんの「笠碁」はここ数カ月で片手では足りないくらい聞いているけど、楽しい。微妙にノリのいい時と、そこまででもない時はあるけど、大外れな時がなく安心して聞ける(生意気書くなよ)。今日は笠を被る時と、「ほら、ビクってした」って台詞が可愛かったな。近江屋と相模屋(で合ってるかしら)が、お互いを大事に思っている気持ちが伝わってくるのがいいのですよ。あの「白いのはこっちにな、あいつが喜ぶからな」って台詞とか、忘れていった煙草入れが今家で一番大事なもの、三番蔵に入れておけーとかいう台詞に、「あっ」と思わすその説得力、と。あ、また誉め過ぎちゃってる。聞いていて引き込まれるのは、テンポの良さとメリハリかなあ、と思うのでした。

外に出たら落語友達を二人発見。「今日はきてるだろうと思って」と行動を読まれちゃってる。ご察しの通り来てるよー。

チケットを忘れたので一度家に帰り、下北の本多劇場に。昇太さんのお芝居を見るのですよ。ギッリギリに開場に付くと、何やら異様な雰囲気。あれですよ、矢口真理ちゃんのファンの方達のようですよ。どうやって芝居を見たっていいかもしれないけど、いつまでも立ち上がって別の席の人間とやり取りしてんじゃねえ、なんだよ「お茶足りてる」って。

「きっと長い手紙〜かもめ郵便局物語」というお芝居で、昇太さんが物凄い感じの悪い郵便局長の役で、矢口さんはそこのお客さんで、矢口さんの恋物語的なお話。お話事体は飽きずに楽しく見られたのですよ。脇の役者さん達の小さいネタは面白かったし。ただ脇は「ザ 小劇団」な匂いがするのに、矢口さんだけが「アイドルでございー」なくっさくさのキャラと演技だったので、なんか温度差があるような、という印象。小宮さんのいい感じのショボさ加減はナイス。年嵩役の女子二人と、葬儀屋の娘役の女子もナイスだった。まゆみちゃんは、昇太さんの着替えとか手伝っていたから嫌。君にーよせーる愛はジェラシー(陽水)。というか、50手前のオッサンの着替えを手伝った女子の役者にジェラって、どういうあれだよ(ほんとに)。

で、昇太さんなんだけど、あれですよ、昇太ファン的には「ああ、楽しきかな昇太さんのコスプレ」って具合で、小学生、リーマンスーツ姿、レッドポストマン(赤基調のダサ正義のヒーローテイスト)、悪キャラ(黒全身タイツ)、包帯(綾波?)、そういうのが楽しかったですよ。スーツ姿であの嫌味な台詞の似合う事に合う事。レッドポストマン姿の似合わない事に合わない事。おっさん体型で、眼鏡の位置を直すヒーローなんていないってーの。黒全身タイツ姿のモサモサぶり(それを舞台の上でモソモソ着替えるゆるさ)、楽しかった。そこかしこに入る昇太さんの柔らかい声は素敵だし、ものすごい拾いにくい小さいボケとか(白い靴〜白い靴〜白い靴〜、あ、みっつになっちゃう、とか)そういうのもいい。

最後はカーテンコールが何度も有り(カーテンは降りて無いけど)、千秋楽お疲れ様でしたーな舞台でしたとさ。しかしアイドル好きの男って気持ち悪いわね。ってバンド好きな女にいわれたくないだろうけれども。(追記)気持ち悪いわね、ではなくて「気持ち悪い人が多いわね」と書いた方がいいかなと追記。別に普通の人かって沢山いるものね。お揃いの服を着て、徒党を組んでそうじゃない人も沢山いる所で、内輪感を出し捲ってベラベラ喋っているのが気持ち悪いという話。

帰りにワンピースを一着購入。どうも最近、服や髪形や行動で元に戻ってる感があって、今日買ったワンピースもレトロ柄でミニでピッタリという、ジャスト俺好み。少し前だと「もうねえ、こういうのはねえ」とか思っていたのに、最近は再び解禁。家に帰って着てみたら短いの短く無いのって。でもなんとなく「別にいいか!」と思ったので遠慮なく着ようかなと。まあ、ヤバかったら言ってもらえたら幸い。「もちょっと長い方が女らしいで」とかで。なんで関西弁か。

明日もーお休みー。寄席に行こうか、家事でもしよか。あ、試しに食べたマックポークはいまいちでした。あれなら普通のチーズバーガーの方がいいな。

« 毎月第一月曜は芝浜ワイン寄席 | トップページ | 無念でございまする。 »

コメント

>短いの短く無いのって

(ひ)「それも言うなら、『短いの、短いの』だぞ、愚者!」


マックポーク 旨いと感じたの アタシだけ?(字あまり) (´・ω・`)ショボーン

ご隠居、初めまして!
「短いの 短いの」ってー事は、観音様も違うンでございますね!?

マックポークは、マズイというよりも「石井のハンバーグが入ってるよ」って印象でした。
あれーこんなところにこの人が?って。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/16691427

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝寄席→かもめ郵便局:

« 毎月第一月曜は芝浜ワイン寄席 | トップページ | 無念でございまする。 »