« 取れなかったチケットでも。 | トップページ | 芸術協会「新真打披露興行」浅草演芸ホール »

2007.05.10

落語ファン倶楽部Vol.4は。

6月30日発売。

それの付録CDに収録されるSWA三題噺の収録に行ってきた。ウェッブ上で募集していたのを見つけたのが締めきり一日前、なんというナイスタイミングか(普段はめったに見ないサイトなのに、これも運命ってもんかしら)。外れて元々と思いながら応募すると見事大当たり。でんやーんでんやーん(祝砲)。

誰がどんな噺を下かと言うのは箝口令がひかれているので秘密なのですが、んーまー楽しかった。こんなに楽しい高座をタダで見せていただいちゃってありがたやありがたやですよ。「ええっ!?」というハプニングも有りで、非常に思いで深い高座となりました。6月30日発売の落語ファン倶楽部4には、今日のお噺が入っている訳で、発売も楽しみ。

帰り際にまだ一冊だけ買っていなかったのでVol.1を購入。そこにいらした高田文夫先生にサインをしていただいた。これもまたありがたやありがたや。

本編が45分、まくら15分で約1時間の高座だったのだけど、ええ?そんなに長かったっけか?と思った。楽しく聞いていたらあっという間で、そんな長丁場だったなんていう印象はゼロ。そういうのが楽しい高座なのでしょうねえ、ええ、ええ。時間を感じさせないっていうのがね。

しかし自分に高田文夫氏にサインをもらって喜ぶ日が来るとは思わなかった。

« 取れなかったチケットでも。 | トップページ | 芸術協会「新真打披露興行」浅草演芸ホール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/15028491

この記事へのトラックバック一覧です: 落語ファン倶楽部Vol.4は。:

« 取れなかったチケットでも。 | トップページ | 芸術協会「新真打披露興行」浅草演芸ホール »