« 落語ファン倶楽部Vol.4は。 | トップページ | 「はなやか四派勢ぞろい!」 »

2007.05.12

芸術協会「新真打披露興行」浅草演芸ホール

また来ちゃった披露興行。思いがけず前売券を手に入れる事が出来たので、2200円での入場、安い!。始めて入った浅草演芸ホールは少しだけ薄暗く、イイ感じに緩い。末廣亭のスタッフさんが女性ばかりなのに比べて、こちらは男性ばかり。ここは最前列だと近すぎて首が痛くなってしまいそうだったので、一列遠慮して二列目(そう変わらん)での鑑賞。代演多数の今日の番組はこんな感じ。

桂ち太郎
桂夏丸「釣りの酒」
昔昔亭健太郎「元犬」
三遊亭遊之介「浮世床」
北見伸&スティファニー(マジック)
桂歌春「桃太郎」
柳家蝠丸「幽霊タクシー」
玉川スミ (三味線漫談)
春風亭柳好「町内の若い衆」
春風亭昇太「ストレスの海」
林家今丸 《紙切り》
桂伸乃介「ろくろ首」
三笑亭茶楽「紙入れ」
(中入り)
口上
(上手から柳好、昇太、伸治、柳太郎、夢花、文月、夢太朗、茶楽)

春風亭柳太郎「結婚式風景」
桂文月「がまの油」
宮田 陽・昇(漫才)
桂伸治「ちりとてちん」
三笑亭夢太朗「たがや」
ボンボンブラザース (曲芸)
三笑亭夢花「幾代餅」

桂ち太郎(前座さん)
噺忘れてしまった。見ているときは納得しているのに、なぜ覚えていられないか。初めて見たち太郎くんは、明るい雰囲気にはきはきした口調で好印象。

桂夏丸(前座さん)「釣りの酒」
めくりがかえって見ると「夏丸」と書いてある。夏丸君だー、嬉しい。なんでも本当は前座は一人なのだけど早くからお客様も入ってくださっていることだし、とりあえず出とけって事で」と。色白でひょろ長くてお顔も優しい感じで、飄々としている感じがする夏丸くん。ちょっと色っぽい場面なんかで、照れたような顔で喋る姿が可愛らしい。大変に得した気分。

北見伸&スティファニー(マジック)
初めて北見さんを見たのだけど、ちょいと古風な男前で(美輪様が好きそうな男前だ)、今まで見た奇術とは違い、なんていうかしら「マジック!」な雰囲気がいい。また見たい。途中あの山上兄弟のお兄ちゃんが出てきた。小さいボールを使ったマジックを披露。途中ジャケットの裏からタネが見えちゃっていたのだが、それを見たおばちゃんたちがボソボソと「見えてる見えてる」と連発。黙ってようぜ。

玉川スミ (三味線漫談)
話している内容は9割同じなのだけど、何となくいい。今日の着物は綺麗な、まさに真っ青という感じの着物。いつもかっこいいのを着てるスミ師匠。

春風亭柳好「町内の若い衆」
「近頃の若い子は流行は追っても柳好は追わない」のまくら。柳好さんのまるで芯のなさそうなへにょへにょしたたたずまいは、思いの外聞いていると心地よく、このお噺も楽しかった。威勢のいい女房の役が意外にもはまってる。

春風亭昇太「ストレスの海」
おや、出順が早いぞ。まくらは胴体着陸の事と、海外旅行の事。あの海外旅行まくらは、アクションが派手だし、いかにも真に迫っている感じがいつ聞いても楽しい。「鞄を斜めにかけちゃってー」の所の動きが大好き。「ストレスの海」は所々端折られているバージョンだったけど、あの嫁の自分本位ぶりがたまらん。

林家今丸(紙切り)
今日はリクエストでトリをとる夢花師匠を切りました。似てる!すごい!

三笑亭茶楽「紙入れ」
茶楽師匠はあの高座に座った時の座り姿が収まりが良くて素敵。でもって実際は頭の少し薄くなったおじさんなのに、女房が妙に色っぽくてチャーミング。動きが滑らかなんだなきっと。茶楽師匠の他の高座も見てみたいよー。

口上
今日は夢丸師匠がお休みで夢太郎師匠がいらっしゃる旨を話すときに、柳好さんが「夢花さんの叔父さん弟子でー」と間違い、夢太郎師匠は口上で「叔父さん弟子ですー」。誰かが名前を間違えそうになると、昇太さんはセーフセーフのアクション。セーフじゃないよ。三本締めは茶楽師匠の音頭。お披露目を何度見に行っても「大変おめでとう存じます」な気持ちで三本締め。三本締めの姿がかっこいい人っているよね。

桂文月「がまの油」
おー袴姿が凛々しい。最初の長い口上は「あややっ!」という箇所があって惜しい訳なのだけど、後半の酔っぱらっちゃった後の口上の酔っぱらい具合がとてもチャーミング。腕に刀を当てて血が出て、それが止まらない場面の「あれ、血が、えっ」って所なんか特に。文月師匠は偶然なのか故意なのかネタがかぶらないので、文月師匠のやる色々なキャラクターにあえて楽しい。

桂伸治「ちりとてちん」
師匠がいつも黒の紋付きなのは決めていらっしゃるのかな。今日の「ちりとてちん」も楽しかったけど、特にあの「ちりとてちん」の臭いを嗅いだ時のファーストインパクトの時のリアクションと顔が大ヒット。そんな臭そうなアクションはないよね!っていう勢い。グッと来た。

三笑亭夢花「幾代餅」
夢花さんもネタがかぶらないない。今まで聞いた幾代餅とは(といってもそう多い訳ではないけど)どれとも違う幾代餅。なんというかものすごいコメディかよ!って感じ。それは多分あの夢花さんの幾代太夫のキャラクターのせい。ものすごい過剰で、そして間違った方向への女性ぶりというかなんというか。面白かった。

初めての浅草演芸ホールは、いい感じにゆるくて楽しかった。仲入りの時に厠に並んでいたら、お友達とばったり。落語を見に来ていて偶然知り合いに会うってなんか嬉しい。沿線が同じなので、途中まで一緒に帰ってきましたとさ。

« 落語ファン倶楽部Vol.4は。 | トップページ | 「はなやか四派勢ぞろい!」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/15063673

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術協会「新真打披露興行」浅草演芸ホール:

« 落語ファン倶楽部Vol.4は。 | トップページ | 「はなやか四派勢ぞろい!」 »