« 今日も美味しい物を。 | トップページ | 虚しく響くよ。 »

2007.05.19

またお披露目興行を見に行ってきた。

三社祭で賑わう浅草を、お神輿を担いでいるのを見つつ浅草演芸ホールへ。もうこれで芸協のお披露目は5回目だ。今日は昇太さんは出ないようだったのだけど(浅草演芸ホール本日の番組表参照)、でも楽しいしなあ、土日しか来れないしなあと思ったので足を運ぶ。自分のお気に入りの席がまだ空いていたので、そこに着席。おにぎり食べて、お茶飲んで、はばかりに行って準備完了。そんな本日の番組はこんな風。

橘ノ美香「愚者」
前座の美香ちゃん。このお嬢さんにあたる機会が多いのは、私の運なのか、美香ちゃんがよく上がっているからなのか。ちょっと舌っ足らずなところが、耳に付くときもあるし、逆に可愛らしい時もあるな。

昔昔亭健太郎「桃太郎」
微妙な言葉の端折り(小さい場面の端折り?)があるような気がして、今日のはちょっとあれだったな。でも出てくる時のあのゆるーい登場ぶりは好き。

三遊亭圓馬「反対夫婦」
ご自分の奥様が「タイガー&ドラゴン」の収録に参加して、やれ長瀬だ岡田だともりあがったけど、最後は圓馬師匠が一番よという、おのろけまくら。曰く「近所で評判の馬鹿夫婦」。前に一度花形演芸会で見た時は、全然ピンとこなかったのに、今日は楽しかったな。噺も楽しかったし、高座に座った時の感じが好み。手を綺麗に膝におく人だなあと思った。

春風亭柳桜「狸の札」
着ているものも前の台にかけてある布も、落ち着いて品のイイ色ばかりだなあと。この師匠ですら「若手ですから」とおっしゃっていたが、いつまで若手なんだいつまで。ちょっと間違うと強面な感じの人なのだけど、こんな狸のお噺も、いい感じなの。この噺は何度聞いてもいい、好きだー。狸の金玉八畳敷、と。「なんだい、ここにずらーっと狸が揃うってか」

林家今丸(紙きり)
今日は舞妓と三社祭とかっぽれ、じゃなくてなんだっけ、寄席の踊りの、あれ(どれだ)。お囃子さんが張り切って歌っていたした曲は、前にいった馬生師匠の高座舞で聞いた事ある曲だった。覚えていられない駄目記憶力。花魁と似顔絵も切りました。お囃子さんの音がちょっと大きすぎたかな。

柳家幅丸「幽霊タクシー」
おう残念、この前と同じ噺。

三笑亭可楽
漫談のみでした。相撲にモンゴル力士が多い事や、野球の駄目な選手の事とか、三社祭の音が聞こえてやりずらそうだった。だから漫談だけにしたのかな。

玉川スミ(三味線漫談)
5回とも大筋は同じ話しなのだけど、なんか笑える。もうあの「拝むと御利益がありそうな妖怪」な佇まいを楽しむという感じ。すごいよおスミさんは。来年の芸能生活85周年のリサイタルには行こうって決めてる。そしていつも着物がカッコイイ。綺麗というよりカッコイイという着物。今日は綸子の白地に墨で書いたようなもわっとした長細い丸のモチーフ(虫?花?)の着物で、浅田雨みたいな色の大きな帯留めも素敵。「やられる前にやっちまいな」だ。

柳亭楽輔
楽輔師匠は今日も同じ漫談だった。面白いのだけど、そういうものなのかなあとも思ったり。あ、でも昇太さんもずっと同じまくらだ。末廣亭の時と違って、黒の羽織に濃い鼠色の着物という、シックな出で立ちでございました。

春風亭小柳枝「がまの油」
小柳枝師匠はまくらから噺に入る流れがすごくスムーズだ。最初の香具師の口上は凛々しくハキハキと淀みなく、しかも何を言っているのかすーっと頭に入ってくるカッコイイ口上だった。これが上手い人ってもんかと思った。渋くて、でもチャーミングな小柳枝師匠。途中で前の方のオッサンの携帯が鳴ったのだけど、師匠は聞こえていないかのように、目線すら動かさずそのままの流れでお噺されていて、それもカッコイイなと思った。

スティファニ−(マジック)
残念、北見伸さんがいなかった。山上兄弟(兄)は、この前タネがチラっと見えちゃってたけど、今日はそんな事もなく、とてもお上手。つか、どういう大人になるんだこの子は。スティファニー事体は、ものすごく微妙なテンションで、微妙な衣裳で、微妙なマジックだった。

桂伸治「錦の袈裟」
まくらで「前の方空いてますから立っている方いかがですかー」と声をかけるも、誰も座らず。もったいないのう。この噺を聞くのは始めてだったのだけど、袈裟とあれどもフンドシの噺で、全体的に馬鹿馬鹿しくて私は大変に好みだ。並んで前のやつのフンドシを持つって場面なんて、だからなんなんだという馬鹿馬鹿しさ。伸治師匠の明るくてお調子もので、勢いのイイ口調がまたぴったり。自分大ウケ。

三笑亭夢丸「肥瓶」
末廣亭でのお披露目の時は、ずっと三亀松師匠のしくじりのお話だったので、今日始めてちゃんとしたお噺を聞いたのだけど、末廣亭での噺ぶりや、口上の時の佇まいで想像していた高座と全然違ってた。かなりハイテンションで熱い。ふと「ああ、夢花さんや夢吉さんはこの人の弟子なんだ」と妙に納得がいった。夢丸師匠は声がセクシーだと思う。

桂米丸
落語界最高齢の米丸師匠。病院のまくらを話していた時に、いい間違えちゃったり、三社祭の音が聞こえたり、あげく入れ歯が取れそうになったり!。結局漫談だけで終わってしまったけど、それはそれ。昔は間違えても知らんぷりして出来たけど、最近は駄目だねえなんて感じの事をおっしゃっていました。こういったらあれだが、可愛いおじいちゃんでした。

厠の近くで人を待っていたら、なんと昇太さんが飛び込んできた。いや、女子用の厠にじゃないよ。夜は銀河劇場で自分の芝居があるのに、リハの合間をぬってなのかな、自分の弟子のお披露目興行に来たのだな。本当に「飛び込む」という台詞がぴったりな勢いで驚いた。

真打昇進披露口上  
(上手から米丸、小柳枝、夢丸、文月、夢花、柳太郎、伸治、昇太、柳桜)
「落語界は嫁不足でして…」のネタになって、微妙な間のあと、お客さんの視線は昇太さんに。そんな昇太さんがもにょもにょした顔に。紹介の時夢花師匠のお名前を「ゆめつき…」と間違えてしまい、昇太さん「混ざってる混ざってる」って手をクロスさせながら小声で突っ込んでた。何かというと横の伸治師匠と笑ってる。今日は「今は皆過っておりますが、一人づつ顔を上げて紹介を」と名前を呼ばれては顔を上げていきました。お三人に余裕が出て来たのが、何かいわれると顔が微妙に笑ってる(末廣亭の時は随分と神妙にしていた気がするもの)。米丸師匠の音頭で三本締。伸治師匠が文月さんを紹介する時に「酒に弱くて、ウイスキーボンボン二つで酔っぱらって、玉川スミの手を握ったら握り返された」ってエピソードがいい。

春風亭昇太
芝居に戻らなくちゃいけないのでしょう、いきなりここで出て来た。胴体着陸と海外旅行のまくら。何度聞いても笑う私。さっきお見かけしたジーンズに黒の柄シャツ、ハンチングとはうってかわって、黒の紋付にたまご色の袴、半襟はサーモンピンク(ようは口上の時と同じ姿)。殿方の黒紋付に袴姿って本当に素敵だ。話し終わって「あー疲れちゃった。僕の持ち時間はこれでお終いです。皆様とは二度とお会いすることはないと思いますが!」と騒々しく話して終了。今日は本当にバタバタしてたな。

春風亭柳太郎「テレクラじいさん」
同じまくらだったのだけど、ちょっと短かめで(教育実習の話とか抜けてた)、噺事体も微妙に急いた感じ。テレクラじいさんを話している時の柳太郎さんはなんか楽しそうね。

桂文月「金明竹」
なんか文月師匠も少し急いた感じ。微妙に場面転換の説明が少なすぎて唐突だったりしてるように感じた所がちらほら。あと今日は上下の切り方が派手だったような。で、この噺にも与太郎が出てくるのだけど、文月師匠の与太郎は私の中では新しかった。与太郎って落語ではお馬鹿さんだけど憎めないチャーミングなキャラクターだと思うのだけど、「お馬鹿さん」の方を強調してやる方が多いので(って私が見ている範囲でだけど)、馬鹿のやりようによっては見ていて辛い時があるのですよ、全然チャーミングじゃない、ただの足らない人になってて。ところが師匠の今日の与太郎は、ぽやんとしててのんびり屋なお馬鹿さんで、見てて辛くない、チャーミングだよ文月師匠!。急きすぎちゃって、肝心のサゲの台詞を先に言いそうになってしまったのも御愛嬌。

都家歌六(のこぎり演奏)
ふひゃ〜ん ほよ〜ん はわわ〜んと絵も言えぬ音をだすのこぎり。えらい人の良さそうな師匠が、こういうまるっきり角のない音を出すので、すごく気が抜ける。癒しタイムだ。しかしどうやったらのこぎりであんなに綺麗に音程がとれるのか。

三遊亭小遊三「夏泥」
高座に座って話し出す言葉はいつも同じなのだけど、それでもちょっと笑っちゃう。小遊三師匠が上手いかどうかは私にはわからないけど、お客さんの前に立つ事(いや、実際には座っているのだけども)に慣れてる人ってのは違うなあと。安心して聞いていられるもの。師匠のシリアスな噺ってのはどんななのかなあと思った。

ボンボンブラザ−ス    
すっごい短かった。何か、そんなに押してるのか。鼻の上に細い紙をのっけるのが無かったし。ってそりゃ無い時もあるか。ボンボンは拍手をしやすいタイミングで芸が流れてく。

三笑亭夢花「ちりとてちん」
こうねえ、なんというかねえ、押し倒してくぜ!な勢い。夢花さんの高座でキャラクターが走りはじめると(この噺だと物を食べて喜ぶ所、そば清だと食べてる所、紙入れだと内儀さんが誘う所)、客席に緩い半笑いのような笑いが広がる。爆笑!じゃなくて「むふふふ うふふふ」的な。後ろの女子が「気持ち悪い」を二度も言ってた。アンタの部屋じゃないんだから、そういう感想を声にだすなってーの。あの「大袈裟にやりすぎ感」がそう思わすのかな(あと妙にくねくね動くから)。今日は私にはちょっとくどいかなあと感じるところもあったけど、でも、あのキャラと表現が暴走してる夢花さんは面白い。夢花さんは、本当に気持ち悪そうにちりとてちんの匂いを嗅ぐ。

そんな感じで昼の部終了。珍しくお尻が痛くなってきちゃったので、ここで浅草演芸ホールを後にする。そしホールを出て歩き始めた途端にいきなりの大雨。「きゃー」「うぉー」の声とともに、あんなに沢山いた人が一斉に両脇の軒先きに。さながらモーゼの十戒のごとく道が開いた。私は兼用の日傘を持っていたので、そのまま歩いて帰る。私がモーゼか。

何せ三社祭とあいまって人が多いので、何処にも寄らずにかえって来て、荻窪で降り、フジガーデンでしこたま買い物をする。それなりの時間に家に帰るも、急に疲れちゃって、ぼーっとしてたらあっという間に夜でしたとさ。

« 今日も美味しい物を。 | トップページ | 虚しく響くよ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/15131048

この記事へのトラックバック一覧です: またお披露目興行を見に行ってきた。:

« 今日も美味しい物を。 | トップページ | 虚しく響くよ。 »