« きゅりあんに小朝・昇太の二人会を見に行く。 | トップページ | 皆の者であえー! »

2007.01.13

こたつで読書。

なんかしら動くのが億劫だったので、一日中こたつに入って本を読んで過ごした。姫野カオルコの「コルセット」、丸山健二の「鉛のバラ」、春風亭小朝の「胎動する落語」、古今亭志ん生特集のムック。姫野カオルコはずっと好きだったのに、ある時期からずっとなんとなくしっくりこず読めなくなっていたけど、ふと先日久しぶりに挑戦したら良かった。「そうそうそうなの」っていう台詞がいくつもあった。本や音楽ってタイミングだなあって思った。

先日きゅりあんに落語を見に行った時の事。私はエレベーターで「御一緒した皆様がドアーに挟まれないよう『開く』を押している」という大役を(なんとはなく)仰せつかり、ぽちっと押して皆様が出るのを待っていた。するとハコにいっぱい入っていた中の三分の一位の方が「ありがとう」といってくださったり、会釈をしてくださったりした。当たり前の事をしてるのだから、何もなくてもなんとも思わないけど、何か返して下さると嬉しいものですねえあれは。洋服や化粧で外側を着飾るにはお金がいるが、人への心遣いにもとではいらぬとは良く言ったもので。偶然なのだけど、その三分の一の人はほとんどが後の方に出た人だ。だからなんだ。

夜は一日の終わりのきっかけがつかめず、無駄に夜更かし。

« きゅりあんに小朝・昇太の二人会を見に行く。 | トップページ | 皆の者であえー! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/13487226

この記事へのトラックバック一覧です: こたつで読書。:

« きゅりあんに小朝・昇太の二人会を見に行く。 | トップページ | 皆の者であえー! »