« 第331回花形演芸会 | トップページ | 大当たりでございますよ。 »

2006.12.10

一週間ぶり。

先週入ってすぐ位にココログのメンテナンスにぶつかり(2日弱)、その後風邪をひいてしまい、日記が御無沙汰でありました。しかし2日間近くメンテナンスで使えず、結局その2日をしても解決せず現状に戻すと言う結果になったそうで、何をどうしようとしたのかニフティって感じだ。

今日はまだ風邪も少し残っているということで、図書館に行く以外は家にいて、掃除したり本を読んだりして1日過ごす。で、さっきテレビを見ていたら石見銀山の特集をやっていた。ちょうど私も今年のゴールデンウィークに両親と行ったので、そういえば…って見ていたのだけど、その中の話で、銀山で働いている人の平均寿命が30才と。30才を過ぎたら鯛の尾頭付きでお祝をしたそうだ。30で寿命がくるって、どんな重労働だって話で。確かに行った時に見た説明に「サザエの貝殻をカンテラ代わりにして、一日中穴に入って掘ってる」ような事が書いてあったし、私が想像する何倍も過酷な仕事だったに違い無く、そういう人たちの働きあっての「もうすぐ世界遺産!?」な訳で。この仕事に比べたら、今のたいていの仕事は楽か。って比べられるものでは無いけれども。

昼に志ん朝師匠の「大工調べ」を聞いていた時に「あたぼうってのは、あたりまえのべらぼうめを縮めたもんなんだよ」って台詞が出て来たのだけど、なんと今日の笑点でのお題の一つにその「あたぼうよう!」を使ってというのがああった。歌丸師匠が「あたぼうというのは…」と大工調べの台詞と同じように説明をいれていて、あー同じ日に同じ言葉を聞くなんて偶然もあるもんだなあと。だからなんだと言われるとあれなのだけども。

寝るかな。


« 第331回花形演芸会 | トップページ | 大当たりでございますよ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/13015206

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間ぶり。:

« 第331回花形演芸会 | トップページ | 大当たりでございますよ。 »