« 見そこねた… | トップページ | 初生春風亭昇太師匠。 »

2006.10.22

これは曰く「躁状態」というやつか。

結局眠らず靖国神社の青空市に行く。ところが出店数がそう多くなく、という事は私の見たい店はほとんどなく、ものの10分もかからず終了。

そのまま神田に向かいマックでしばらく時間を潰す。

レコード社でSOFT BALLETの「BODY TO BODY」のシングルを発見して思わず購入、ちなみに1000円。あ、その店には廃盤になったTHE SURF COASTERSのシングルが2枚ともあったので、欲しい方は是非。店でずっとかかっていた(多分)太田裕美が洋楽をカバーしたアルバムがえらいよかった。ちょっと欲しくなった。

三省堂に行き友人の顔を見て、近くの時代屋という時代物専門の本屋に行く。

そのまま靖国通りを進み、本郷通りを折れて、皇居をチラ見して東京駅へ。八重洲ブックセンターを1時間近く散策して、北海道フーディストに行き「ソフトクリーム(ハスカップソースがけ)」を食べて西荻に戻る。

図書館に行って本を借りる。このラインナップで、いかに今はまり中かを見てとってもらえるかと。借りてる本に女子っぽさがみじんも見えない。
「楽しんだもん勝ち」春風亭昇太・林家たい平
「落語家の居場所」矢野誠一
「苦悩する落語家」春風亭小朝
「鬼平犯科帳(二十)」池波正太郎
「完本 突飛な芸人伝」吉川潮
「圓生とパンダが死んだ日」矢野誠一
「乱鴉の島」有栖川有栖
「天に還る舟」島田荘司・小島正樹

「笑点」を見て大笑い。私も笑点の面白さがわかるようになりました、オッス。たい平さんが出したCDの曲、最初だけは歌えるようになった(いつも番組で頭だけ歌ってるので)。

笑点を見た後で近所の友人と柳通にある「赤い鼻」という沖縄料理屋に行った。ここはナイスですよ。料理はどれも美味しかったし、値段も安いし、店員さん達もいい感じだったし。ゴーヤーチャンプルーとソーメンチャンプルーとグルクンの姿揚げと卵となんとかの炒め物と沖縄そばと二人とも2杯ずつ飲んで4700円。他にも美味しそうなものが沢山あったけど、さすがにお腹に入らず。雨が降っていたので傘まで借りてしましました。感謝。

友人が「タイガー&ドラゴン」を貸してくれるというので、その足で友人宅まで。コーヒー一杯ごちそうになって帰って来た。借りたビデオは見たいし、調べたい事もあったけど、日記をちょっと書いた時点でさすがに臨界点突破という感じで、しかたなしに布団に。一分もしない内に夢の国に旅立ちましたとさ。

友人と話していた時に。「今好きだっていってるのって、昇太だよね(彼女にとってはどうでもいいから呼び捨てだ)」「そだよ」「昨日うちの店に来てさ、私がレジやったよ。来た瞬間に『恵ちゃん!』ってあんたの顔が思い浮かんだ」との事。清潔そうでお洒落だったよーと。羨ましいィ〜、アタシも昇太師匠に会いたい〜、会っても何も出来ないけど。なんで好きな私があえなくて、どうでもいい彼女が!?と思ったが、以前ライブに行った時浅野忠信が(私にとってはどうでもいいから呼び捨て)対バンででていて、すぐそこで普通に喋ってるのを見た事が有る。私はなんとも思っていないので、聞いても「へー」だったけど、その昇太師匠に会った友人は浅野忠信大好きで「ええ〜私がその場にいたかった〜!」と言ってた事が有る。そういうものなのね、きっと。

« 見そこねた… | トップページ | 初生春風亭昇太師匠。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/12377563

この記事へのトラックバック一覧です: これは曰く「躁状態」というやつか。:

» 浅野忠信 [浅野忠信]
浅野忠信、面白いねー。かなり面白いと思いませんか?非凡なところに特に注目してほしいな。もはやドラマで浅野忠信を見ないのは不可能でしょ。浅野忠信にしかない頭のよさがあるからでしょう。疲れた身体に浅野忠信のテレビ番組を補給しましょう。浅野忠信の魅力の虜になっちゃいますね。とにかく見るべし〜。浅野忠信の半分は優しさでできています。レンタル屋で浅野忠信のDVDをゲットしました見るとドキドキしちゃいます。誰か... [続きを読む]

« 見そこねた… | トップページ | 初生春風亭昇太師匠。 »