« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.31

終わってしまった…

「何が?」
「7月が」

前半の二週間は仕事に行くのが精一杯で気が付いたら時間が過ぎていて、後半はライブを見て浮かれまくって移動して疲れまくっていたら終わってしまった。ありがたい事に無事一つ年もとりましたし。

それはさておき、今日は朝から前足が、違った足の前の方がものすごい筋肉痛で、あまりの痛さに若干ヨロヨロ歩く有り様、カッコ悪し。一体何故そこまで太ももの前部分だけが筋肉痛なのか、理由がわからないのがすっきりしない。いや理由はわからなくもないか、土日合わせて18時間位電車に乗っていたのが理由かな(それじゃん!)。気取って高めのヒールの靴なんか履くからそういう事になるんだなと反省。

2300円で西荻窪→京都を移動できるなんて18切符って凄いなーと、ありがたく思う夏の旅。でも10時間位かかるけどな。

2006.07.28

神楽坂祭り。

微妙にチープ感が漂う気がしなくも無いけど、「ごはんですよ」のおにぎりって美味しいよね。のりで周りをまいたら外から中にかけて「のり ごはん のり」で、ドリカム状態だ(?)

「今週はなかなかがんばったんじゃないかな、残業もしたしな…」とのろのろと職場を出て、神楽坂に差し掛かろうとすると、えらいハデハデしいもの音が。何かと思ったら先日までのほおずき市に続いて、今日から神楽坂祭りで、ちょうど阿波踊り披露タイムだった模様。道の両端は観客席、車道がステージとなり、次から次へと各チームが踊りながら移動。観客が多いのも、踊り手が多いのにもびっくり。何ですか、東京にはこんなにも阿波踊ラーがいるわけですか?。しかも御丁寧にスピーカーで踊り手の紹介までしてる。呑気ね東京。

各チーム思いのほかカラーが違ってて、見てるだけでも楽しくて、一人だったけどのんびり見物しながら歩いたので、随分と遅い帰宅になってしまった。そして今日はメントレに大泉洋。「あ、洋ちゃんたらグッチの七万もするような財布持っちゃって、バレンチノー!の頃からくらべると随分出世じゃ無い?」なんて気をとられていたら、風呂のお湯をいれ過ぎて、同時間にやっている「どうでしょうリターンズ」の頭5分を見のがした。

どうでしょうも見たし、剣客商売も読んだし、トトロも最後の1時間だけ見たし(そして案の定泣いちゃうし)、さて次はなにをするかしらん。
060728_2030001_1

2006.07.27

仕事の帰りに買い食い。

妙齢の女子がそれはやっちゃ駄目、とも思ったがどうも仕事の終わりがけからお腹が空いてしまい「このままでは無事に帰れない」と、たまには買い食いでもして…なんて考えていたら、頂き物のお裾分けがあって事なきをえた次第。そもそも大人になると買い食いって言わないって言われた。ちなみにいただいたお菓子はザビエル本舗という所のお菓子。ザビエル本舗って名前が凄い。

昨日書いた「ほおずき祭り」あれは間違い、正しくは「ほおずき市」でした(今日確かめた)。今日も屋台は大変な賑わい。可愛い浴衣をきたお嬢さん達が沢山して、いい目の保養に。

さっきとんねるずの「食わず嫌い」を見た。それはもちろん大泉洋が出ていたから。ナイス喋りだった。「ファンの子がね『ああ、洋ちゃんにも彼女がいるんだ…』って聞けよ!」といってたその話の続きが聞きたい。大泉洋、ああみえてもそういう事には意外にちゃんと気をつかっていそうな気もするけどどうかな。ファンの寛容さに甘えてる人より、ファンにだからこそちゃんと気を使える人ってのは立派だと思うな。ステージに立つ人の器があるって気がする。ま、私の勝手な言い分ですが。女子の心情というものは、随分と勝手だったり複雑だったりもするけれど、加えて意外に純粋だったりするのを、わかってもわらえたらなあ…なんて思うここ最近。しかし大泉洋はいつもの通り素敵だったが(いつもの通りて?)、小池撤平くんも大変にチャーミング。関西弁が出てくるとよりいっそうチャーミング。大変に楽しい食わず嫌いでした、オッス。

友人が誕生日にくれたネックレスが大変に気に入っていて、最近毎日付けてる。お洒落で、かつ私の洋服の趣味なんかを良く知っている二人が選んでくれただけあって、大変にいい感じ。「さすがだ」と思った。さすが私の友人、と<そこなのか。

2006.07.26

神楽坂のほおずき祭り。

今日は暑かった。とうとう夏も本気だしてきた、外を歩く時は気を付けないと危険、あっさりやられちゃう。でも私は夏のやる気満々の太陽も「暑いな〜」とは思うけど、「ザ 夏」って感じが意外に好きだったり。あと、今日ほど天気がいい事が嬉しかった日はあんまりないな。理由は秘密。

神楽坂ではほおずき祭りをやっていて、並びのお店が道に出店を出していて、坂のまん中あたりの善国寺では、屋台も出ーの、やぐらではシャンソンなんかを歌っている歌手の人が、そしてその歌は坂中にスピーカーで流れまくり。神楽坂ってもっと気取った町だと思っていたのに、このゆるさ。いい感じ。ほおずきは一鉢で1500円。ちゃんと手入れをする自信が無いので買わなかったけど、屋台・浴衣・ほおずきなんていうのを見てると、夏だなあ…って、なんとなくいい気分になって帰路につくのでした。

明日のおやつは、職場でもらった桃だ。

2006.07.25

いつまで梅雨なのかな?

梅雨が終わるのと同時に夏が終わったりしないか?大丈夫か?

昨日の夜に見た夢には土日にライブで見た遠藤や中さんと、一緒にライブを見ていた友人が出てきた。昨日は寝る前にちょっとしょんぼりしてしまうような事があったので、「せめて夢の中で会えないかしらん…」と思いながら寝たら本当に夢に出てきたので、これはすごい!とmixiの方の日記に書いた。すると一緒に見ていた夢の中にも登場の友人もやはり同じように夢を見たと、しかもそっちの夢には私も登場したとのこと。んーシンクロニシティ(違うか)「夢にまで出てきてしまうほどやられちゃったのね」と感心するやら、自分の事ながらちょっと怖いやら。

名古屋はここのところ稀にみる程の興奮だったようで、二晩たった今日もなんとなくボケ気味。どうぼけているかと言えば、
・今日の日付けを書こうとしても、12とか6とか全然違う月を書きはじめる。
・職場の席について、机の鍵を開けようとするも、PCのハードディスクに向かって鍵を刺そうとする。
・ご飯があんまり食べられない。
・取りあえず全体的に動作が緩慢。
・数が数えられない。
こんな感じ、もちろん昨日も。一つのライブでここまでグッと来れるのは、もはや才能ではないかと思えてくる。が、もっていてもしょうがなさそうな才能だし、てかそういうの才能って言わないし、そもそも「ただの疲れなんじゃ?」と言う気もしなくも無く。どちらにしろ使い物にならない今の自分。

アデュー。

2006.07.20

ぐっと前倒しで。

なんか今日は一日中気分が落ち着かないなあと思ったらあれだ、週末のライブが楽しみでソワソワしてるんだな!というのに、仕事の帰り歩いていて気が付いた。何せこの前の土日のライブが激しく小躍りしてしまうような楽しさだったので。あれ、激しくって時点で小躍りじゃなくなってるか。ライブは土日なのに、もうソワソワと気もそぞろ、物凄く前倒しな気分。

ただ「楽しみ」な気分とは訳が違う。楽しみになってのは、チケットを申し込んだ何か月も前から楽しみだ。落ち着かないソワソワ感はまた別のもの。でもって見ちゃったら終わってしまうから(当たり前だ)、早くその日が来て欲しく無いような気もしたりして。あーでも早く見たい(どっちだ)

化粧品の不在届けが入っていたのだが、今まではクロネコだったのになぜか今回佐川。そして佐川はドライバーの電話番号は入って無いし、一番遅い配達が19-22と枠が広くて指定しにくいし、おまけにオペレーター対応の電話がどんだけコールしても出やしない。使えないな佐川。そして不便な佐川に代えたDHCにちょっと立腹。

今週もあと一日なんとか乗り切るぞ、おー。<乗り切れなさそう。

2006.07.19

「日記書いてないかなー」

って見に来てくれている人はいるのかな!?…って、久しぶりに書く度に書いてるよね私。

日記を書いていない間は、「仕事→ご飯→お風呂→おやすみなさい」日がずっと続いたり、本を読んだり、ライブに行ったりと、いたって普通に過ごしておりました。あ、あと設定をいじったらネットが使えなくなって、戻すのも面倒で放っておいたというのも有り。始めてお金を払って落語を見に行ったりもした。

日曜月曜に見に行ったENDSのライブの話がしたいのだけど、久しぶりすぎて中々書き進められないので、こんな普通の日の日記で肩慣らし、と。

一昨日の睡眠不足を解消する為に昨日は午後10時には布団に入り、結局10時間近くも寝た事に。それに加えて、先日のライブの楽しさの余韻と、週末のライブの嬉しさで、ここのところ稀に見るグッドコンディションで職場へ行くと「今日顔色いいですね」と隣の席の同僚に。なんてわかりやすく出来てるんだ自分!と思った。

寝ます。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »