« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.24

何して過ごす?

飲みから帰ってきて寝たのが朝の9時過ぎ、起きたら午後2時前、これで何をするかって話で。

二日酔いではないけど何かこうダルく(それが二日酔いだってーの)、本調子にならないけれど、頑張って掃除と洗濯をして、図書館へ行く。図書館に行く度に、読みたい本ってまだまだあるんだなあと思う。今は読みたいと思ってなくても、時期が来れば読みたくなるであろう本とか。

ミステリーハンターーが竹内かなえちゃんだったので、世界不思議発見を見る。「大泉さんのミステリーハンター喋りってやっぱり似てるなあ」なんて事を急に思い出す。ぼんやりしたかったのでまたethicaに行く。ほどほどで帰ろうと思っていたら友人が来たので長居。いいネタいっぱい持ってるなあと感心する事しきり。2時にはけて家に帰ってきて、最近またもブーム到来なのでTHE YELLOW MONKEYのライブビデオを少し見てから寝た。

「おおっ!?」って人に会うと、嬉しい反面で自分に対して考える事も出てきたりして、少し凹む。これも美輪様のプラスとマイナスの法則か。違うか?

2006.06.23

大変に長丁場。

PM10時開始→AM9時終了。

友達の部屋みたいにのんびりできる店で、どうしようもなく馬鹿馬鹿しい話を延々と。爆笑キーワードが次々と出てきて、それはそれは楽しく過ごせた。自分の中での一番のヒットは「約束の地の国の言葉で延々喋る」ネタ。約束の地ってのは、勝手に作った実在しない国で(まああるとすればイーハトーヴの近く)、そこの言葉であろう訛りでずっと会話するっていう、こう書くとなんだかわからないと思うが、やってみると面白い。でもってその訛りは「水曜どうでしょう」のサイコロ3(だったかな)のラストで、大泉さんが「もう振れねえ、関節が動かねえ、勘弁してくれ」と話していた、あの訛りなまりっぽい感じ。

こう書いていてもちっとも面白くなさそう。やっぱりあれか、酔っぱらって笑いのハードルが低くなっちゃって、なにしても楽しいって話しか。

その店のある路地には猫が数匹いるので、厠に立つ度に猫を愛でるとう楽しみもあり。朝の6時も過ぎたら場所をジョナサンに移動して、そこでまたさらにどうでもいい話を、モーニングを食べながらしていたら、あっという間に9時、と。酔っぱらって道に寝っころがった友人を「何してんのアンタ」って顔で猫がガン見してた。猫が正しいよね。5時を過ぎた辺りで近くの店の二階から「○○コ大好きダー」という、大変に下品な台詞を吐いてるオッサンなんかもいて、西荻窪もなかなかな所だなって思った。

2006.06.16

こんな嫌々気分で。

仕事に行くのがイヤだったが、行ってしまえばなんとかなるものでもあるんだなあと思った。最低限の人に対しての接し方だけ気を付けないといけないという話ではあるけれど。嫌々気分の理由は特になし、どうも行きたくなかった。そんな事もあるよね。

そうそうに帰ってきて、ご飯を食べて、すばやく用意をして、これから夜行バスで京都へ行って来るのです。太秦映画村に行ったり、DESTINYの辰也さんの「死に方教室」を見に行ったりするのです。行ってきます。

2006.06.14

書を捨てよ町へでよう。

ではなく「ネットを切れ、町へ出よう」そんな気分だったので、最近で来たお友達を夕御飯に誘い、ハンサム食堂でご飯を食べてると、横を昨日一緒に飲んでいた男子が通った。ethicaまだ空いてないって事でテーブルに誘って一緒に一杯だけ飲む。こんな風に店で食べてて知り合いが通って、なんていうのはいい年してても体験した事がない田舎者なので「西荻っていいなあ」と思った。

その後、昨日払いそびれたコーヒー代を払う為にethicaに行く。今日はコーヒー一杯で帰ろうと思っていたのに、やはり気がつくと日付けを超えていて、そしてやっぱり酒を飲んでいた。ハンサムでも「今日はご飯メイン!酒は抜こう!」とか言ってたのにビール飲んでたし、まあ、そういう時なんだろうと思ったり。来てた若い男子に「音楽の趣味がそんなにピンポイントな人に始めて会いました!」とか「ええっ!、24才位に見えました!だって手が綺麗だから」とか言われた。音楽の趣味の話は「こんな私でもフィッシュマンズを好きになれるのか?」という質問に対して、じゃあどんなのが好きかと確認しあっていた結果にこの台詞。ピンポイントすぎる私の趣味に、何を薦めていいやら頭を悩ませていたさ。24才に見えましたはさすがに言い過ぎだろうとは思ったが、手が綺麗だからという台詞は使えるよねと、隣の男子と妙に納得しあう。

店が終わって帰路についたが、なんとなく喋り足りなくて(私が)、友人につき合って、かたや片手に貰った布巾、かたや店でもらった餅太郎を持って、喋りながら荻窪へ。色々話して満足したのでタクシーで帰った。無駄なんだけど無駄じゃない時間(とお金)。

ちなみにこれは友人にもらった布巾、可愛い茄子柄。「ふきん」の発音の違いに地域性を感じた。
あ
肝心な事を書き忘れた。いや、そう肝心な事と言う程でもないかもしれないが。
新しく知り合った男子と通っている病院が同じだった。家が近いなら良く有る事だよと言われそうだが、そこは婦人科と内科で、かなり女性向きな病院で、私がここ半年弱通っていても、男性患者を一人しか見た事がないくらい、それくらい女性度の高い病院。そんな女子ばかりのなか、彼は背が高く、スーツの袖から出るシャツの長さをたいそう気にする、細みの眼鏡男子だ。さぞあの控え室で浮いているであろうと思った。そんな彼の隣で飲んでいて、ふと口元を見ると唇の形が綺麗で、ちょっとドキドキした。カフェなのにちょっと色っぽい私だけのドキドキ感。だからといって唇ばかりみてる変態じゃないって事は主張しておきたい。

もう一つ。これも新しく知り合った友人と話していた時にわかった事だが、二人ともNOWのイワヲくんを知っていた。顔マネの話になって、「え、それってもしかしてイワヲくんって子じゃ?」「え、恵ちゃんなんで知ってんの!?」と。彼女はイワヲくんとマイミクらしい、いいなあ。私がイワヲくんのライブ見た事有るよと言ったらそれも驚いていた。今度ライブがあったら一緒に見に行こうねー!って。彼の有名人ぶりに驚いた西荻の夕暮れ。

2006.06.13

健康裸足部

…父さん、それはエチカの二階で催された訳で。
意味もなく裸足になって酒を飲む東京の人たちと言うのが、
僕にはさっぱりわからないのです。

たまにはやりたくなる「北の国から」風書き出し。

ethicaの二階で集まった初対面ならぬニ対面とか三体面の5人。中には古くからの人もいるけけど、一人につき三人はそんな感じで、友達の部屋のような部屋で椅子やら床やらに座って、しかもなぜか皆靴下を脱いで寛ぐとう、まさにまるっきり友達の部屋状態。しまいにはギターを持って歌い出してみたりとかね。楽しかったなあ。きっかけは酔った勢いで誰かの恋の物語を聞く会だったけど、「内面の事に付いて話すと長くなるから、外面的な好みをあげよ」ってお題で順繰りに発表してみたり。各種おやつも豊富で、いい会だった。

偶然知り合ったのに、あんな風に過ごせたってなんか不思議だ。きっと皆様気遣いやさんなんだろうなあと思う。ノリは大事だが、人に対する気遣いというのはもっと大事。というのもなんとなく思った。

それからBitchに行って、「ジギースターダスト」(のB面)とか、「クローサー」(のA面)とか、「BRILLANT TREEA」(のA面)とかをかけてもらう。スミスのジャケットはどれも素敵だよねえ〜なんていいながら。何を話すともなく、ぼーっとお酒を飲みながら、かかっている素敵な音楽を見つめるように聞くって楽しい。

店を出たらもちろん朝日が輝いてた。

2006.06.03

エストロゲンとプロゲステロンのせい。

生理前の憂鬱が来た、今回は倦怠感、孤独感のダブルパンチで。「ホルモンのせい、ホルモンのせい」と思っていてもやはり辛く、図書館と買い物だけなんとか行ったけど、後はずーっと本を読んだり、横になったりして過ごす。ライブに行くのもやめておいた。人が沢山いる所に行くと「私だけが一人」感を余計に感じてしまいそうだったので、ここはあえて中止に。普段なら気にならない事が、もの凄くショックだったりしちゃうからな。

PMSに効くらしいというナッツをおやつに、体を温める紅茶を飲みながら、しょぼしょぼ過ごす土曜日でしたとさ。

2006.06.02

来たなーと思う。

職場の隣の席の人のキーボードを打つ音に「仕事してるのよ!ってこれ見よがしにアプローチするようなキーボードの打ち方やめて欲しい」と思ったり、私より年下なのにおばさん的振る舞いに妙に腹が立ったり(他人の事なのだからほほっておけばいい話しだ)、人の言葉にカチンとなりやすかったり。

そこで気が付く「あ、生理前だ」と。あんまりイライラという症状はでなかったけど、今回はちょっと出てるなーと思った。すかさずお茶を飲んだり、ドライフルーツを口にして「落ち着けー落ち着けー」と言い聞かす。長居をしてもいいことないなと、定時になったらそうそうに帰宅。

家に帰ってもどんどんまずい気分になってきて、これはいかんこれはいかんと夜更かしせずに早めに寝た。でも「水曜どうでしょう」だけは楽しく見れる。ああ、私のオアシスよ、という感じ。大泉洋の語呂作りのセンスが素晴らしい。「群馬くんイワシ食い過ぎ船頭気分か?(群馬県の岩宿遺跡が先土器文化という意)」。口にしてもらうとわかるけど、くんの所はちょっと訛り気味に言ってもらって、「イワシ食い過ぎ」が「岩宿遺跡」、「船頭気分か」が「先土器文化」、…素晴らしい。藤村Dも言っていたけど、無駄な言葉が一つもなし、と。さすがだ大泉校長。群馬県の岩宿遺跡は先土器文化とそのまま覚えたってたいしたこたないだろと、そんな事をいったらお終い。

この日記、後半だけ読んだら(どうでしょうについて書いている所だけって事ね)、全然落ち込んでる人の日記には見えないな。

2006.06.01

眠い。

昨日睡眠時間が短かったせいか、一日中眠いしだるいしダメダメだった。普段6〜7時間寝てる人間が4時間しか寝ないと、あっという間に体に支障をきたす。

そうそうに帰り、明日にでもかまわない事を全て明日にまわして、10時に就寝。寝ないと駄目だ。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »