« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.30

楽しいライブの次の日は。

脱力。

先週の後始末と、今週の用意の為の家事その他色々やっているとあっという間に夜だ。でもってもう眠い。そしてこの猫は、最近ちょこちょこ会う猫。今日はゴミ収集の所にずっと座ってた。間違ってゴミを置いたら怒られそう「あんたそれ燃えないよ」って。もう眠いので寝ます。

猫

2006.04.29

DESTINYを見に京都へ。

早めに行くはずが結局は昼頃の新幹線となり、友人と合流して京都。

まずは東寺に。以前に行ったニ回よりも見られる所が多かったし、各所に咲いている花々も綺麗で(あと亀も可愛くて)、随分長居をしてしまった。相変わらずメインの講堂にある大日如来にはグッとさせられた。なぜか見てると涙が出てくるのですよ私は。この日は人も多く、一緒だからあれかなあって思っていたけど、やっぱり涙。いい仏だ。あと日光菩薩が妙に生々しく、そしてこれを言ったら皆様笑うかもしれないけど、目がねえ動いた気がしたのですよ、いや本当に。でもってなんかこっち見てる。仏って不思議だ。

その後磔磔でDESTINY。DESTINYにとっても久しぶりのワンマンだったし、私は実は始めてのワンマン。せっかく行ったのだし、見るならちゃんと見れる所でしっかり見たいと張り切って早めに到着してイイ席確保。ライブ前には磔磔で美味しい皿うどんやからあげを食べて、いざライブ。

きっかり定時に始まって、終演時間の9時までみっちりの2時間のライブは、それはそれはカッコ良かった。新しい曲から、かなりの久しぶりの曲まで全25曲、大満喫だった。改めて「いい歌詞だなあ」とか「このベースがあるからこの曲はよりカッコイイんだなあ」とか、感極まり過ぎて唇噛み締めながら半泣きで聞いたりとか(「ソネット」って曲だ)。そりゃもうアナタ、一つのライブを思い入れて満喫し切る能力にかけては自信あるぜ位の勢いで(でも、そんな能力は持ってても意味ないぜ)。でもってこの日はギターの清水さんが本当に素敵だった。ギター事体が素敵だったのはもちろんだけど、アクションや、表情なんかもキメ所満載で、「ぽ〜」っと聞き惚れまくりの見愡れまくり。こういう人を見つけて好きになってる自分ってセンスいいなーと清水さんを誉めながらも自分をも誉めてみたり。本当にカッコ良かった。

で、友人達のほとんどは泊りだったのだが、私ともう一人は夜バスで帰宅組で、残ってこれから飲んでやろう!って勢いの皆様に、後ろ髪をひかれまくりながら磔磔を後にした。そんな夜バス帰りだったので、バスのなかでなんだか切なくなり、またもちょっと涙。もう今日は一日泣いてばっかりだ。しかもこの日のバスは、私の長い夜バス歴の中で5本の指に入るくらいきつくて、全然眠れなかった。いや、全然眠れないからきつかったのか。中央道経由で東京へ向かうとアナウンスがあったので「諏訪湖の夜景が楽しみだなー」とか思っていたのに、席が逆で見れなかったし、んもう最悪。おまけに今日ははばかりが凄く近くて、それもまいった。

と、大変に疲れた訳だけど、本当に楽しいライブだったし、仏も見れたしで、行って良かった京都なのでした。

2006.04.28

可愛いあの娘。

先日も見かけた猫がいた。撫でさせて欲しくて近付くが、私が鳴らすシャカシャカと言う音が気になりつつもどうも気もそぞろな感じ。どうした事かとよくよく見ると、奥に別の猫がいた、ナンパ中だったか。でもちょっと撫でた。

新しい職場で二週間目、あっという間すぎるほどあっという間だった。気がつけば二週間、そんな気分。通勤の電車は混んでいないし、おかしなイケズさんもいないし、両脇は面白い人だし、暇を持て余すような事も無いし、今の所なかなかいい所に派遣されたかなと思う。ありがたい。強いて言うならちょっと残業したり、買い物をしたりすると、夕飯が9時過ぎてしまうのが難点。って難点というほどでもないか、そこまで欲張ったら贅沢贅沢。

今日はお洋服を三枚買った。二枚は「お仕事着」、一枚は「普段の洋装」。今まであんまり手を出していなかったようなのを買ってみた。友人に「お洋服の趣味が変わりましたねー」なんて言われたりもしたけど、前から好きなのもまだ好き、って事で今日買ったスカートは花柄。明日のDESTINYに着ていっちゃうぞ。

という事で今週も一週間ご苦労さまでした自分!

2006.04.26

ねっむーい。

「すごくありそう、野生の感とか」
「突っ込みが早過ぎますよ!」
「変わった事考えてるねえ」
などの各種お誉めの言葉を頂きながら新しい職場でがんばっておりまする。昨日位から、やっと変な緊張が抜けて、随分楽に仕事ができるようになってきた。早く慣れて、皆様のお役に立ちたいものだ。

昨日ネットの調子が悪くて何度やってもいっこうに繋がらなかった。今日やっても駄目ならカスタマーに電話だ!と、寄り道せずにかえって来て試すと案の定駄目で、電話して聞いてみると、モデムの電源を入れなおしただけで治った。なんだかカスタマーのお兄さんの手をこんな事で煩わせちゃって申し訳ない気がした。

でもって今日の通勤のお供はサーフ。あんな携帯の日記ではなんなので改めて。サーフコースターズの初のライブアルバム。2500円で20曲も入っているという大変お得なアルバムでありつつ、しかーも、非常にナイス選曲。ナイス選曲つっても夏のワンマンを収録してあるという話なのだが。定番曲がいいのは言わずもがなだけど、中さんがベース、栗田さんがオルガンを弾く「POPCORN」、おおこりゃ珍しい!のランナバや、「KUROSHIO」「BIG THUNDER」などなど、非常にいいです。

個人的にはライブの時に、聞いていてどうになるかと思うくらい感動した「サンダーバード」と、始めて大阪でやった時とも、アルバムに入っているアコースティックとも表情の違う「the lost new song」がもう一度聞けてすごく嬉しい。聞いてるとあの時の「ふひゃぁ、、、、、」という感動という言葉ではあまりほどの心の高揚が蘇るのですよ!。キメ曲目白押しで、サーフ入門としても非常によろしいかと。皆様是非お買い求め下さいましね。

でもって間違っても「活動休止」なんじゃなくて「ライブ活動休止」ですからね、お間違えなく!

サーフコースターズのライブ盤

サーフコースターズのライブ盤

みんなはもう買ったかな?!。私は新宿のタワレコで買ってきたよ。タワレコの手書きポップに「突然の活動休止で」とか書かれちゃって、「ちげーよ!ライブ活動が休止なだけだよ!」と突っ込みつつ購入。ジャケもカッコイイし、選曲もイカス。「the lost new song」が入ってるのがすごく嬉しい、あとこの時の「サンダーバード」は腰が抜けそうにエロくてたまらなかったので、それが聞けるのも「待ってました!」だし、もうそれはそれはお買得なアルバムだと思います。

皆様も「あれ?財布に2500円程余ってる?」なんて時にはサーフコースターズで。 20曲も入っているのにもかかわらず2500円というのも、オトク感溢れててグーだと思います。

2006.04.24

意地で家事をする。

激疲れた。小心者の私としては二週目月曜日もバッチリ緊張してしまい、おまけにありがたい事に「ぼっさー」とする間もないほど仕事はまわってきて、激疲れた。

それでも家事をするのは、終わったあとに「いやーよく頑張ったな自分!」と自分を自分で誉めるためだ。溢れる自己満足。今日の切り干し大根の炒り煮はちょっと甘く出来た。もちろん明日のお弁当用。

ビデオデッキはやっぱり壊れた。もう私がボタンを押したところでちっともその通りに動いてくれない。仕方ないのでもう一台有る方をつなぎなおした。やっぱり買うかHDレコーダー。でもって壊れたデッキの中で勝手に動いていたビデオは、取り出して確認してみたらわけのわかんない朝六時頃の番組が延々と入ってた。まいった。

ゴールデンウィークの予定の話で実家の父親と話していたら「恵、お父さん岩見銀山に行ってみようと思ってな」だと。何ゆえに岩見銀山?。ゴールデンウィークは実家に帰るつもりなので(そして両親に同行する予定なので)、きっとこの日記で岩見銀山レポートをお届けできるのじゃないかと。岩見銀山つったら、よく時代物で「岩見の毒で…」のあれか。

2006.04.22

一週間がんばった御褒美か?

書くまでも無いかもしれないが「水曜どうでしょう」だ。

ここを見てる人は「そんなに好きか、水曜どうでしょうが」と思っているかもしれないが、だって面白いんだもん。今日は「ユーコン160キロ」の6夜目。大泉洋がパンイチで(しかも黒いブリーフ!)森の中を駆け巡る様が、荒々しく水を汲む姿が、内股になりながら簡易シャワーを浴びる様子が、どれもたまらん。やっぱりSEとか字幕という編集の妙というのも大きいなあと、今日の「絵になる男」のシーンで思った。まあ、そんな真面目に感心してもしょうがないんだけれども。「そんな面白いかぁ?」とか思ってる人がいたら、言って。いくらでも見せるから。しかし大泉洋、黒いブリーフと言うのは微妙。

でもって、ビデオが壊れちゃったかも。停止ボタンを押しても録画がとまらん、どうでもいい番組を延々と録画してる。これはあれか、これを機にHDレコーダーを買え、そしてスカパーを見れるようにして「好き好きモンキーズ」が見れるようにしろ、そして初々しい姿がたまらない(であろう)中シゲヲの司会ぶりを見ろ、そういう事か、そういう事なのか。

新しい職場も緊張につぐ緊張で一週間終了。派遣ってのはスキルがあれば尚に良しだけど、なにより重要なのはコミュニケーション能力と、柔軟性か?なんて事を思ったり思わなかったり。毎日お弁当を作って、緊張しながらもそれなりに楽しく過ごしておりまする。

でも昨日の夜は新しい職場での緊張と疲れのせいなのか(ライブも2本もあったしね)夜にちょっとだけ目眩がした。昼間は大丈夫なのに、夜になるとフラッとする。…眠いだけか?。

mixiには書いたのだけど、今唐突にFENCE OF DEFENSEが大ブーム。持ってるアルバムを順繰り順繰りに何度も聞いてる。今聞いてもいい曲が沢山あるよー。でもって、現役で聞いていた時は(10年以上前?)、マットシの声や亘ちゃんのドラムが好きだったのに、今聞くと健ちゃんのギターに一番耳が行く。不思議だ。あ、先週末に買ったり借りたりしたホワイトスネイクやTENSAWは、この週末に聞いてみるつもり。聞いてみたい音楽が沢山あるというのは楽しいもんだ。という事を仕事帰り歩きながら考えてた。今日も9000歩越え、タダで健康と筋肉を手に入れる算段で歩いてる。

2006.04.21

鍋納め。

なべおさみに似てるよね。

今日は友人と冬よさようなら気分で鍋納めをした。美味しくてついついハイペースで食べてしまい、食べ終わって二時間たってもお腹がこなれなくって、どうしようかと思った。

食べながら見るのは「水曜どうでしょう」。大泉洋のどのシーンにグッとくるのか?、大笑いしながらそういう話をした。合わせて中さんが出演した青山陽一さんの番組でのグレッチ一気弾きと、好き好きモンキーズも見せてもらった。グレッチ一気弾きの方は、素敵な柄シャツを着て、すごく嬉しそうにギターの話をする中さんが激チャーミングだった。あと「ビートルズの○○って弾ける?」(曲名忘れた)って言われて、「これだよね?」って弾いてみせるシゲヲ様がなんとも素敵で…(あ、また様付けちゃった)。4本のギターをちょろっとずつ弾いてみせていたのだけど、あんなにちょろっとだけど、なんか中さんが弾くと違う。とにかくギターの話をしてる時の嬉しそうな顔ったらないなと思った。

「好き好きモンキーズ」は、「全然喋れてなくてさ〜」みたいな事をおっしゃっていたので、どんな大変な事になってるのかと思ったら、えらいカッコよかった。なんですか全然さまになってるよ!すごくいい感じ!でもってかっこいいじゃーん!と、鼻息荒く大興奮。緑の柄シャツもたいそうお似合いですし。妙に萩原健太さんばかりがピンでアップになるから、「二人しかいないんだから中さんもちゃんとフレームに入れろよ!」、そんな事を思いながら10分見てた。撮ってくれた友人に大感謝。もうがぜんスカパーに入りたくなった。毎週あの素敵ぶりを見れるなら入るかスカパー、買うかHDレコーダー、かなりそういう気分。

最近調子がよくて「もう薬なんかいらないか、病院にいくのも少し面倒だな」なんて思ったりもしたけど、調子がいいのは薬をちゃんと飲んでいるからというのもあるし、せっかく良くなりかけてるのにいきなり飲むのやめて、またガクンと来たらシャレにならんなあと思って、しっかり行ってきた。「緊急事体!」って時の薬も貰って一安心。東洋医学と西洋医学の良い所を両方合わせて健康に、そういう事で。

他にも色々で、あっという間に一日終了。明日は電器屋に行ってスカパー&HDレコーダー調査だ。

2006.04.20

甘い香り。

先週末からバタバタしていて日記をサボりまくり、週末にまとめて書くよって、小学生の夏休みの宿題じゃないんだから。

新しい職場は入って三日目に上司が親族に不幸があったと言う事で休みというハプニングが。いらん気疲れ倍増の本日4日目。オフィスカジュアル満々で頑張ってます。

家についたら歩数計が8500歩あまり。あとちょっとで9000だなと思うとどうしても気になり、夕飯を食べたあとで歩数稼ぎに買い物に出かけた。お陰で一万歩越え。変な所でも負けず嫌い。

そう、その夕飯の話。グッチ祐三氏が紹介していた「かつぶしうどん」(タマネギとかつお節の入った焼うどん)を作ろうとうどんを茹でて、フライパンを暖めていて、「おかしいなあ、このまま作ったら具がかつお節しかないよ。って事は、あったまったフライパンにバターの次に入れるのがうどんか?それはおかしくないか?うどんだけ炒めるのか?」と考えつつも、フライパンにうどんを投入の瞬間に気が付いた、「あ、タマネギ入れてない!」。久しぶりに作ったので二種類しかない具の一つを忘れて作る所だった。かつお節しか具の無い焼うどんは、ちょっと切ない。

この苺は帰りの八百屋で、おばちゃんの「美味しいよー!お買得ー!」の声につい視線を動かしたら目があってしまい、近付いたら甘い香がぽわ〜んとしたので、つい買ってしまった苺。おばちゃんの言うとおリ美味しかった。

近所で私が知っている一番遅そうな桜も、今日帰りに通ったらさすがに散り始めて、緑が混ざり始めた。もうそろそろ夜桜も終わり。

帰り道に猫がいたので、もってたスーパーの袋をシャカシャカしながら気を引いてファーストコンタクト成功。暗闇でビニール袋をシャカシャカしながら「猫ー猫ー」とか言ってしゃがんでる、不審人物一歩手前。

そんな感じですよ、4月20日の私は。
甘い香り。

2006.04.16

また巨大イカのテレビ見てる。

昨日のライブの続きでずーっと起きてて、友人と新宿のコーヒーショップで別れたのが9時前。

西荻窪の駅に着いて改札を出たとたんに右足の草履の鼻緒が切れた。NOッ…。挿げ替えてくれる男前(ちょんまげ優遇)もあらわれず、どうしようもないので、意を決して切れた方の草履を片手に帰る。駅→家が5分で本当に良かった、新宿にいる時に切れずに本当に良かった。

興奮して眠れず、友人と吉祥寺に行く。タワレコや井の頭公園に行き、そのまま歩いて荻窪まで戻り、そこから高円寺に行って昨日行きそこねた店で服を一枚購入。帰宅。

あまりのダルさにうずくまったら、そのままの姿勢で数分意識が飛んだ。

ご飯を作る気力の無い時に、作りおいておいたカレーのありがたい事このうえ無し。って自分で作っておいてあるのだけども。

そしてやっと落ち着いてNHKでやってた「巨大イカ」を見て感心しまくる事しきり。自分でもなぜにそうも巨大イカに興味を持つのかがよくわからない。巨大イカ(ダイオウイカ)の足を引っ張り上げてしまったと映していたが、あれをゲソのからあげにしたら、ゲソのからあげだけど大根の輪切りみたいなルックスで出てくるわけだな、なにせ巨大だから(足腕一本で6メートルもあった)。あの長い足、少しは食べてみちゃったりしたのか。

ここまでで、イカの話に一番文字数を割いている自分。

でもってこれが本日購入のCD。私の大尊敬するギタリストが「良い」と言っていらっしゃったので早速購入。好きなミュージシャンが好きというのなら、何か私もそこから聞き出す事ができるかも、なんて思って。私がホワイトスネイクを買う日が来るとは思わなかった、って自分で言ってりゃ世話ないが。しかしこの疲れた体で初聞きというのはいただけないので、後日万全の体勢にて鑑賞予定と言う事で、本日これにて終了。明日から新しい職場、できる限り頑張る所存。しかし今日の文章は女っ気がない。

2006.04.14

「大泉洋の世界ふしぎ発見」

今見てるの。洋ちゃんは物凄くミステリーハンターな喋りだ、板東英二の物まねも似てる。大泉洋の喋りが好調だと「水曜どうでしょう」は面白い。草野さんの物まねも似てる。

友人とご飯を食べたのだが、彼女は非常に考え方が前向きで「んー見習うべきだ」と、喋りながらずっと思ってた。私もそう後ろ向きでもないと思うけど、もっともっと前向き。見習いたい。いや、見習う。

荻窪駅近くにある「ビルディ」というファミレスは、夜に行っても昼に行っても混んでいるのだが、ドリンクバーが非常に充実している事と(お茶をポットにリーフを入れて飲める)、店員のお姉さん達がみんなとてもハキハキしてニコニコしてテキパキしてるのが、とてもいい。混んでいる時は若干出てくるのが遅くても、お姉さん達の接客がちゃんとしているので嫌な気分にならない。当たり前の事だけど、出来ていない店も多いので、ここはとてもいいお店。

家に着いて歩数計を見たらあと少しで一万歩だったので、ガチャガチャガチャガチャと振って一万歩にしてやろうかと思った。が、私もそう馬鹿じゃない、やる前に気が付いたですよ「それはなんの為のズルだ」と。自分しか見ないデータを自分で改ざん、意味が判らん。

ばんごはん

でもってこれは今日のばんごはんの主役の肉じゃが。我ながら大変に上出来でした。ナイス自分。

散歩の途中で。

散歩の途中で。

実物はもっと綺麗な濃い赤でした。雨が降った後だったので、赤に露が光って、なんとなくエロ。

2006.04.13

久しぶりの手芸。

昨日は随分と落ち着きが無いというか、中途半端というか、まあそういう日だったのだけど、今日は大丈夫でしたよ。なんだったんだか昨日は。散歩も目標を持ちつついけたし、大根は昨日より安かったし、グーですよ。

「半襟をもっと丁寧に付けてみるってのはどうかな」ってのを思いたって、この前買って来て半襟の大きさに切ったのを、グッと丁寧に襦袢に付けてみた。普段の8割り増し位(って普段どれだけ適当に付けてるんだよって話しだ)。大変綺麗につける事が出来たので、じゃあ今度はこの半襟を使ったコーディネイトをとやっていると、どうもいいのが思い付かない。「これは、帯締めを同じ布で作って仕えば、まとまるのでは?」と思い付いたらもうあれで。残った布で帯締め作りに。最初はミシンにスタンバってもらうのが面倒で手で縫っていたのだが、10センチも縫わないところで「これは少々スタンバイに時間がかかってもミシンの方が早いんじゃないのか?」って事に気が付いて、結局はミシンで縫った。で出来たのがこれでーす。細めの方がイイかと思ってとかじゃなく、単純に布が足りなくて細め。そのへん応用を利かせていきたいですよ(なんの応用?)。

ものを作るのは「出来上がり」っていうゴールがあるから楽しい。これ位の小物だとゴールが近いしな。
Obijime060413

2006.04.12

中途半端な一日。

サイトの作業をしようと思ったら、午前中ずっと自分のサイトが見れなかった(サーバーの不調?)

気分転換にと図書館に行がてら散歩に出るが、何処まで行こうとか、何を買おうというのが決められず、その上なんだか急に不安な気持ちが込み上げてきつつ、結局無闇に歩き回って物凄く疲れた。

家にいる間は変に胸が騒ぐし(救心でも飲め)

夕飯にカレーを作った。で、カレーを二杯食べ終わった所で電池切れだったようで、食べ終わった皿を目の前においたまま寝てしまって、ふと目が覚めたら12時過ぎてた。「大人のエレキギター」見そこねた。寝ようと思った瞬間の事を覚えていないのに寝てるってどうだ。食べながら寝なかったのがせめてもの救いと。食べながら寝ていいのは子供だけだ。

結局12時過ぎに目が覚めた時に、一応お皿を流しに持っていて、薬を飲んで、着替えて布団に入った。

なんだかまとまりが無いというか、中途半端というか、わからん一日だった。
そんな日に図書館で借りて来たのはこの4冊。
「進化しすぎた脳」池谷裕二
「奇妙な色の事典」福田邦夫
「五色の食べ物がからだを変える」党恵慶
「幸福になる心」ダライ・ラマ14世

こういう日だけに、本のチョイスも微妙だ。取りあえず物語りは読む気分ではなかったんだなと。
あと今日記を書いていて気が付いたのだけど(書いてるのは13日)、人さし指に切り傷が出来てる。切り傷ができるような事は覚えがないのだが…。わからなさ倍増。

2006.04.11

雨でしたねえ。

結局一日中降ってましたね。最近西荻→荻窪間は歩くものという感じになってきて、よほど雨がひどい時以外はてこてこと歩いていくので、まあ今日も行き帰り歩いた訳だ。ところが家に着いたらどうも頭が痛い。ばんごはんを食べてぼーっとしていたらいつの間にか眠ってしまい、起きてみてまだ頭がいたい。これってもしかして風邪ひきかけちゃった?、雨の中歩いて帰ってきて冷えちゃった?。って事に今気がついた。女の体は冷やしちゃダメよって事で。

今日も「長七郎江戸日記」を楽しみに見てる訳だが、長七郎もかっこいいが、密偵の六さんがカッコイイ。わかかりし三田明(今調べた)。ちょんまげがひっじょーに似合う色男だ。ご用とお急ぎで無い方は、一度見てみて「長七郎江戸日記」。二刀流の構えで、「俺の名前が引導がわり 迷わず地獄に落ちるがいい」のキメ台詞が素敵だから(あとその時かならず、いい着物に着替えてるのも素敵)。野川由美子もエロし。

2006.04.10

全然イイよ!

昨日の正体不明の(いやわかっているといえばわかってるのだけど)体のダルさは今日は全然なし。強いて言うなら、ダンベルストレッチのせいで、腕の付け根あたりが筋肉痛だ。

話は変わるけど家事と言うのはやってもやっても終わらないのな。一人しか住んでいないにもかかわらず、食器は洗わないといけないし、トイレ掃除も、洗濯物もいつのまにか溜まるし、床にはゴミが。家事をきっちりやっているお母さん方(もちろんそれ以外の方々でも)、えらいなあとつくづく思う。前にも同じような事を書いたけど、やっぱり思うのですよ。

今日の「名奉行 大岡越前」を見ていて腹の立つ事が二つ。一つは大岡の娘が町に偵察に出ていた大岡を付けて来て(酒飲みに歩いてると疑って)、肝心な所で「お父様!今日こそは首に縄を付けてでも戻って頂きますよ!」と邪魔をする。案の定、大岡がつけていた不審な男は目を話した隙に殺されちゃう。「小娘がオヤジの仕事の邪魔すんなボケが!」とテレビドラマにマジ怒り。もう一つは今は大岡の密偵として働いているおりんが、なんと自分の過去の大事な人だからって理由で、その犯人に対して嘘の証言をする。結局は大岡の誘導尋問に引っ掛かって、犯人が自分から正体を暴露してしまってお縄ちょうだいになり、一件落着。…いや待て。一度密偵となったからには死んでも殿様に忠誠だろうて、嘘の証言なんかしちゃったら、もうそいつもお縄だと思うのだが、大岡はそれを見のがしてしまう。いいのかそれで。

鬼平に比べて大岡はまわりの人間に恵まれて無いなーと思った。ああ、鬼平見たい。見れないから、代わりに本を読んで気を紛らわします。

そして今日借りて来たのはこの二冊。
「御宿かわせみ(十八)」平岩弓枝
「人生讃歌」美輪明宏・斉藤孝

2006.04.09

だるいったらない。

なんだか一日中、体がどーんとダルかった。スポーツをやって「ふうぅう疲れた」というような疲労感じゃなくて、もっと感じの悪いどよーんとしたダルさ。歩けば少しは払拭できるかと、吉祥寺まで散歩に出かけてみたけれど、全然利き目も無く、帰って来たらよけいにどよーんという状態。夜も座っているのもだるいから寝てしまおうと、そうそうに布団に入ってみるも、別に眠い訳じゃ無いので眠れずで、結局寝付いたのは普通の時間。だるい一日だったとさ。

「水曜どうでしょう」の2005年最新作の後編を見た。先週放送した4夜分より面白かった。印象としては本編も面白いけれど、前枠後枠の「トリオ ザ タイツ」が面白かった。「今日も一日のびーのびと」ってね。映画までとってる事務所の社長が全身青のタイツで踊ってる様がたまらない。

2006.04.08

今度ヨーグルトを発売しました。

メグミルクにも驚いたが、ここまではっきり自分の名前を冠された商品を出されたら、つい買ってしまうと言うのが人情ってものですよ。「恵」なんて、そのまんま過ぎる位にそのまんま、字までピッタリ同じだもの。小・中・大の三種類あるらしく、これは中。是非ここを見ている皆様も、「ヨーグルトでも買おうかなあ」なんて気持ちになった際には、是非これを私の顔でも思い出しながら買っていただければこれ幸いです。特保(特定保健用食品)だから体にもイイよ!。「同じ名前割り引き」とか無いのかな(無理)。

今日は友人二人と中野で会った。もう二人とも随分と古い友人なので、つい昔の話なんかが出ると「10年かあ」「早いねえ」「もう10年ねえ」そんななんとも言えない気分になる。本当に早いねえ10年なんて、あっという間だ。って、思い出す時があっという間なだけであって、その時その時は「長いなあ」「早く終わらないかなあ」と思いながら過ごしている事も多いはずだけど。終わってしまえばあっという間に思えるからこそ、その時を大事にしていかないとね。

そういえば大阪のバナナホールが閉店だそうで。自分も行った事のあるライブハウスが閉店してしまうというのは、寂しいものですな。老舗だったのにな。
これは!

2006.04.07

さえないけど頑張った。

朝起きる所から相当に難儀で、寝床の中で「立て!ジョー!」と自分に自分で発破をかけるも、どうしても途中から大泉洋作の名語呂合わせの「立てジョー!遊びでねえんだ」を思い出してしまい、朝から馬鹿馬鹿しいなあと思っても起きれず。ここまでが冴えない部分。でも、なんとか昨日のより早く起き上がったので、ここが頑張った部分(ここで二時間かかってる)。

朝がそんな風だったから、一日何もかも億劫で、どれくらい億劫かといえば、準備体操を一時間しないと1メートル歩けない、そんな具合。はかどらないったら無いけど、今日一番肝心な用事は済ませる事ができたので、ここが頑張った部分。

特別に用事も無いから今日は歩けないなあと思いつつも、でも少しでも歩くと気分転換にいいはずだし、と図書館に行って借りたのはこの5冊。

「鬼平犯科帳(七)」池波正太郎
「御宿かわせみ(二十一)」平岩弓枝
「からくり富」泡坂妻夫
「ホラードラコニア 少女小説集成(弐) 菊灯台」澁澤龍彦
「堪忍箱」宮部みゆき
「犬吉」諸田玲子

諸田玲子は初挑戦、面白いといいなと思う。という事で薬も飲んだ事だし、寝ます。アデュー。

2006.04.06

ちょんまげばかり。

「名奉行 大岡越前」と「長七郎江戸日記」と「柳生十兵衛」を見た、全部ちょんまげ物だ。「柳生十兵衛」はちょっとチガウか?。この中では「長七郎江戸日記」が一番好きだな、人情もので、かつ最後に二刀流でキメ台詞をいいながら敵をやっつけるのがかっこいい。…やっつけるて。それとは関係ないが、こういうちょんまげ物を見てると、こんなにお江戸の奉行がぼんくらばっかりじゃあ(あっさり誤認逮捕、おまけに拷問かましまくり)、江戸っ子達はゆっくり暮していけんだろうて、と思う。まあ、お話だってのもあるだろうけど。いや、もしかしたらもっと酷かった可能性もあり?。

話し変わって「さすが神楽坂ってぇだけあって坂ばっかりだねえ」そんな事を思いながら、今日始めて神楽坂を歩いた。ここも楽しそうなお店が沢山ありそうな街だった。歩いていると「たんす屋」があったので入ってみて、そこで見つけたはぎれがこれ。写真よりもちょっと縮緬で、色は写真よりもう少し濃いめのサーモンピンクで、片袖分ある。赤紫の色が入っている方を半襟にして、残りは帯揚げか帯締めを作ってみようかと。久しぶりに手芸気分。630円也。

なぜかただいま着物熱上昇中。
神楽坂

2006.04.05

「発酵コラーゲン納豆」

前から食べてみたかったのだが、今日やっと西友で見つけた。一パックにコラーゲン2500mgですって!。雑誌に載っている体験レポートによると、3週間目で9割、9週間目で全員が、肌になんらかの良い傾向が出たそうな。私が毎日食べているのよりも格段に高い訳なのだけど(2パックで148円)、コラーゲンも入っているかと思えば安いもんか?。しばらく納豆をこれに変えてみようかと。

図書館で「何かかわせみと鬼平以外で…」と探してこの二冊。あやぞうさんが薦めてくだすった「燃えよ剣」は、最初の方が借りられてたので今回は見送り。やっぱりね続き物はできれば最初は1册目から読みたいものですしね。

「ぼんくら」宮部みゆき
「夢裡庵先生捕物帳 飛奴」泡坂妻夫

これ

2006.04.04

いいこと無しだ。

あるつもりだった予定が上手く進まず、結局一日棒に振って、まいったーという気分。気分転換にこの日記の模様替えでもと思ったら、えらく重たくて、これまたちっとも進まず。もういいこと無しの一日。三週目のせいで過食気味になるし、そのせいで体重も増えるし、それにもうんざり。

どうでしょうを見てる時だけ気が紛れる。MXで放送のクラッシックは今週から「ヨーロッパ21ヶ国完全制覇」、一週目から相当笑った。ちょうどこれが放送終わった頃にDVDの発売だから、物凄く長い販促CMみたい。テレビで見てもDVDが楽しみっていうのも、これまたどうでしょうマジックか。ちなみにこのDVDは先にお金を払って、当日は物を貰うだけだから、なんかこうタダでDVD貰ってるような気分になるよね!(ならないよ)。

ところで大変に下世話な話だけど、あのヨーロッパ完全制覇は費用はおいくら万円かかってるのでしょうねえ。テロップに「巨額の経費を前借りして」みたいな事が出ていたが、男4人で8日間、ヨーロッパをぐるぐる走り回して、いったいいくらかかるのか。きっとDVD5万枚売れたら全然チャラになる金額ではあるのだろうけど、あれをやってる最中には、まさかそんなに元がとれるとは考えていなかっただろうし…。そう思うと、HTBっていう太っ腹なテレビ局があってこその、あの番組の盛り上がり、と。

2006.04.03

春の嵐で飛ばされそう。

比喩じゃなくって、本当に体が浮きかけた。それ位のすごい風でしたな。まさに強風、春の嵐。コンタクト使用者には厳しい天気。

やっと病院に行く気になった。本当は週末位に行っておきたかったのだけど、なにせもう倦怠感というか怠慢感が酷くて、「どうせ病院に行ったって話し聞いてもらって、薬貰うだけだし」なんて思えて腰が上がらなかった。話し聞いてもらって薬貰うのが病院だってぇ話だが。良くはなってると言う事で、薬は変えずに、二週間分もらって終了。今まで夜に飲んでいた薬が、なぜか昼に飲むようになってた。なんでだ。

荻窪まで歩いても片道3000歩弱なので、帰りは少し遠回りをしようと、善福寺川沿いを歩いて図書館まで行く。よってみたものの、あまり本を探す気分ではなかったようで、ぐるぐると回ってみてもあまり「これだ」という本は見つからず。かわせみと鬼平以外の時代小説も読んでみようかと、何冊か手にとってみたが、やはりそういう気分ではないのか、特に読みたいと思えず。今日はそういう日なんだなあと思いながら図書館を出た。風の強い日は散歩には向かないですな。

それでも借りて来たこの4册。
「笑うクスリ指」唐沢俊一
「大江戸庶民のあっと驚く生活考」渡辺信一郎
「脳という劇場 唯脳論・対話篇」養老孟司
「江戸の吉原 郭遊び」白倉敬彦

2006.04.02

スプロケットを見にlaboへ。

代々木laboというライブハウスへ行って来た。二階吹き抜けになってて、つくりはかっこいいのだが、見るには厳しいハコだった。お目当て以外のものの時にちょっと脇で見たいなあと思っても、何せ狭くて居場所がないし、ハコ自体が狭いので通路も狭いし、トイレの入り口のあたりなんか「設計間違えたか?」というような使いづらい感じ。店員さんの接客は良い方だったけど、なんだか微妙。

スプロケットのライブ自体はグーだったと思うのだが、私の前に後から来た女子が入り込んで来て、「この隙間になぜ入ってくる!?」と腹が立って、正直ライブに集中出来なかった。そんなに邪魔なら自分がどけばいい話しでもあるのだけど(前の方あいてるし)、自分が移動して誰かの前に立って、今度はその人が「見づらいなあ」って思ったらヤだなあと思うと移動出来ず(もうライブ始まってたし)、鬱々悶々の30分。調子が良ければ腹も立たないだろうし、他に楽しく見る方法も見つけられるだろうにと思うと、やはり調子が悪い時は、無理してライブに行くもんじゃないかな…なんて思った。

帰りは友人とサイゼリアでご飯。みんな色々考えてるなあと、自分まだまだ足りないなあと。そんな事を考えながら帰る。

2006.04.01

町田天満宮がらくた骨董市へ。

気合いを入れて8時集合で、友人と町田天満宮がらくた骨董市へ。いつもなら骨董市を見た後は、ご飯を食べて、そのへんの店をちらっと見て、だらだらとお茶を飲みながら話をして終了、だったりするのだが、この日は違った。まわり過ぎという位まわった。どこへ行ったかと言えば、

町田天満宮がらくた骨董市
  ↓
浅草で隅田川の桜をチラ見、浅草寺にお参り、ご飯(鰻食べた)、
きもの園遊会をひやかし(着物着てなかったし)、着物屋みまくり
  ↓
上野の不忍池の桜見物(つか通り道だった)
  ↓
谷中を歩き倒して、谷中カフェでお茶して、夢市見て、
最後は谷中銀座で猫を見て終了。

総歩数27635歩、歩き過ぎ。私はともかく、よく友人も一緒にまわってくれたなあと。こう見ると、かなり江戸テイスト溢れる一日、着物と着物姿を「これでもか!」という位に見た。あんまり色々あったし、骨董市にも行ったので、着物ページに写真付きでまた詳しく書こうかと。今回の戦利品は私も友人も着物一枚だけ。数を買うのではなく、本当に「これだ!」というのを買おうという最初の予定にぴったりだ。しかし本当にお疲れ様でしたYさん!

で、友人と別れて中央線の中、ふと図書館の貸し出し期限が今日までなのに気がついてしまい、一日位遅れても…という気にもなりつつも、いやでも返さないとという気分が勝って、家に着き、大急ぎで本を鞄に詰めて、半ば小走りで図書館に向かう。ギリギリ5分前到着で無事返却。かわせみ二冊と、鬼平二冊を借りて帰ってくる。

さすがにくたくたになったけど、隅田川や浅草、上野など名所の桜を沢山見れたし楽しい一日でしたとさ。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »