« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.15

髪を切って御機嫌さん。

実際切ったのは昨日の夜。どうしても切りたくて、ちょうど私の行っている美容院が平日最終受け付け24時なのをいい事に、前日に予約を入れて切ってきた。カットだけだったのだけど、少し出来てくると私が「いやもっとここを短く」「そっちを軽く」とか、こう色々注文をつけていたら、終了したのは1時30半近く。

その甲斐あってか大変気にいっていまして、今日一日は「ふふふーん♪」という気持ちで過ごせた訳なのですよ。前の髪形も嫌いではなかったけど、上手にいかないと妙にへんてこになる髪形でして。これからライブが続くから、気に入った頭でライブに行きたかったから、そんな夜中に切る羽目に。

おかけで機嫌はいいけれど、えらい眠たい一日だった。

家でmixiの着物コミュに立っている「着付けは教室?独学?」のトピに、私が思っている以上に「綺麗に着たいから教室派」が多くて驚いた。私はまあ、そんな着物教室に通う程金銭的に余裕がないというのもあるけれど、それいぜんに「着付けの先生等になるのでもないのに教室に通う」という案が全然思い付かなかったので(どうしても行きたかったら無理してもお金は作るからな)、そんなにみんな教室に通ってるのかと、ふーんと感心するばかりだった。が、「教室に通わないと綺麗に着れない」というのはあり得ないと思うので、自分の工夫と回数とたまの他人からのアドバイスで、十分綺麗に着れるはず、を実証したいから、まずはと意味も無くまた部屋で着てみた。二時間ばかり部屋で過ごしておもむろに脱ぐと。

凝ったりお金や手間をかけたりはするけれど、あくまでも「日常着るものの1つとしての着物」として思ってる人と、茶道や華道みたいな着物道(あのKIMONO道とは違う)っていうおけいこ事の1つみたいに考えてる人といたりするのでしょうね。今着物に興味を持っている人(着ている人も含む)の中でも、着物に求めるベクトルは色々だ。

2006.03.14

朝のひと歩き。

近ごろは、まず目が覚めたら布団の中にいる間に、体温を計って薬を飲む。そうやって体温計を口にくわえてぼはーっとしてる時に、「今日はちょっと荻窪まで歩いてみるか」と思い立ち、なぜか妙に機敏にお弁当を作り、朝ご飯を食べて、通常より20分早く家を出た。何度か歩いているから「30分もあれば着くだろう」と余裕の出発のはずなのに、なぜかこう妙に「もし着かなかったら遅刻だ!」と思ってしまい、朝の西荻→荻窪間を「親の仇をいざ打たん!」の勢い、もはや競歩のレベルで歩いた。おかけでいつもより一本早い電車に乗れた。

そしてその朝の軽い運動のおかげか、職場に着く頃に程よいお腹の動きが…。いい感じに促されたんだな、腸の働きが。まあでも、そこまで急いで歩く必要はないと思った(しばらく心臓がバクバクしてた)。お腹の調子が良くなっても、心臓にあんまり負担をかけてりゃ世話ないって話で。

歩数計(今はあんまり万歩計って言わないのな)をつけると、「昨日より多く!」という負けず嫌い根性が働いて、なんとかして歩いてやろうという気になる、まさに歩数計ダイエット。靴が早く減りそうだ。

2006.03.13

久しぶりの日記。

タイトルに偽り無し、なにせ3週間ぶりだから。
その間にも忙しかったり色々あったりで、先週の金土日にあった事だけ書いても、かわいそがられたり、呆れられたり、バカにされたり、羨ましがられたり、すごいって思われたりしそうな事があったわけですが、全部書いているのもあれなので、まあ、よしなに。

本格的に筋力不足(とそれにともなった血流の悪さ)を実感する出来事があったので、最近歩数計を付けて歩いてます。今日は仕事帰りの時間でまだ2000歩弱。これじゃあんまりだと竹橋からお茶の水まで歩いてみたのですが、思いのほか近くて、プラス3000歩にしかなりませんでした。買い物をして帰っても、結局6000歩強。足りない分はスクワットをして下半身で補う事として本日終了。

久しぶりの仕事は、電話での会話がかみかみで相当に格好悪かったです。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »