« いよーし! | トップページ | 西荻めぐり。 »

2005.11.20

ENDS!

楽しかったなあ…。

まずお客さんがかなり多かった。客入れの時に「もっとつめてください」アナウンスが入るほど。といってもギュウギュウなのは真ん中あたりなわけですが、それでも最近のライブの中では結構入ったほうなのではないかと。そして影アナがなんと平井さんでした。アナウンスが入ったらたいていは女性の声なのに珍しく男性。あれ?と思ってると「ドラムの平井です」と。普通の影アナのいう事を(「押さないでください」とかそういうの)を平井さんが話してる。ものすごく会場がほのぼのしてましたよ!。まさか平井さんも影アナやらされるとは思っていなかったのではないかと(まさか自分からって事は…)

ライブは新しいアルバムからの曲がメインで、ほとんどやったんじゃないかな。新しいアルバム意外では「上昇」「Fighter Counter」「市場」「ひまわり」「シャララ」「SWEET DREAMS FOREVER」「BY THE PEOPLE」「炎天」「輝く未来」かなあ(順番は聞かないで)。「上昇」はイントロの中さんと平井さんの掛け合いがかっこよく、「天国にいる親父のために歌います」といって「シャララ」を歌い、「Fighter Counter」は中さんのギターが激しくエロく、「市場」のドラムとギターが引っ張る疾走感はすばらしく、久しぶりに聞いた(と思う)「SWEET DREAMS FOREVER」はこんなに素敵な曲だっけ?と思うほどに深くてグッとくるし、それそれはあなた。「輝く未来」のふわーっと開けた上向きな空気もすごくいい!

でもって新しいアルバムの曲ですが、最初にアルバムで聞いたときはちょっと印象が薄い気がしたけれど、こうやってバンドの生音になると曲が一曲一曲鮮明に個性的に聞こえてくるようで、どれも何割り増しにもカッコよかった。アルバムの打ち込みが嫌というわけではないけれど、生音の方がよりかっこいいと思う。

ライブしょっぱなの「KINGDOM」がもう私は好きで好きで。これはCDで聞いたときから好きだったので、ライブで聴いたらもうぐっとくるくる。サビの「奪えぬものをその胸に一片」のメロディ具合なんて、生で聞くと、もうねえ!。「SQUABBLE」のあのノリもたまらん。立てノリで飛びまくるのも楽しいけれど、ああいう大人っぽくみんなが自由に踊ってる雰囲気ってENDSならではって気がしてすごく好き。ちょっとソフトバレエな感じもするかも。遠藤があの顔で「ちゅるるるるる」って歌うのもいい。この時の中さんの揺れ具合がなんかこうカッコよくてカッコよくてねえ!。「ADORN THE SUN」のぐーっと下の方からくる感じもカッコよかったし、「つむぎ」は遠藤の声が深く大きく広がって、やわらかくて、実は今までのENDSにありそうでなかったか?って感じ。「最速行きます!」の「FOUND」はもう楽しい楽しいの一言。中さんのギターがえらいことになってた。ステージから飛び出すんじゃないかしらん!の勢い。「THE GATE CRASHER」のギターもエロくてよかった。

つかね、どれもカッコいいのですよ!。遠藤の声がたまらないのですよ!中さんのギターもたまらないのですよ!いくらでも褒められるですよ!。ま、きりがないのでこのへんで。おいおいネット環境復活の時には、ボリュームアップした微にいり細にいり書いたレポをあげますので。

1/17,18には品川でアンプラグド、3/22にはまたもリキッドでと、ライブ目白押しでもう嬉しい限り。ENDSバンザーイ。

« いよーし! | トップページ | 西荻めぐり。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/7252591

この記事へのトラックバック一覧です: ENDS!:

« いよーし! | トップページ | 西荻めぐり。 »