« どっちかしらん? | トップページ | 27度までしか下がらないでしょう。 »

2005.08.04

そうだ、京都へ行こう!

仕事の帰りにぃ〜?

何せもうどうがんばっても他の所には行けそうも無く、がんばるなら今日、そんな感じだったので一応一通りの下調べはしておいた。そしたらどうなったかといえば…

3時の休憩の時、MUSEに電話をすると「出順は9時過ぎ、終演は10時頃を予定しています」と言われ、これならもしかして?と、夜バスの空き具合を確認、これも空いてた。「行っちゃうか?」って気分になる。

仕事しながらも「どうする?どうするよオレ?」とソワソワしまくる。

取りあえず早いバスに乗れたらバスの中で考えようと、バス停まで小走りで行くとジャストタイミングでバスが来た。

バスの中で取りあえず3分の電車に乗れたら考えようと、駅をおりスタスタと改札へ向かうとバッチリ間に合ってしまったので取りあえず快速に乗る。

電車の中で53分の新幹線に乗れるようだったら乗ってみるか?とまたも東京駅のコンコースを小走りに、新幹線の改札に向かうと「えー50分でもいけそう!」な感じで間に合う。が、切符売り場が激混み。自動販売機で買おうとしたら、自動販売機では乗り継ぎに使ったSuicaは使えないとのこと。係員に聞くと「窓口で無いと…」と言われ、Suica使えSuica使えって言ってるのに、肝心な時には後回しかよって気持ちを満々に込めて、でもできるだけ優しい感じで「急いでるのにSuicaだからってこれに並ぶんですか?」と聞いたら、「現金ですか?現金だったら車内で精算できますから乗っちゃって下さい」って言ってくれた。なんだよにいちゃん話わかるんじゃないの。

と言う訳で50分発ののぞみに乗った。

そうかーこうやって言えばああやって通してくれる事もあるのかーと感心しながら、車内販売のお弁当を待っていたら、私の手前で売り切れた。7時台の新幹線には余るくらいにお弁当をのせておかないと駄目なのよっ。お腹が空いてきたら「なんか無謀な事してるのかしらアタイ…」って気になった。

帰りのバスを確保しようと電話をするもつながらず、繋がったと思ったらセンター営業時間終了。帰れなくなったらどうするのか…

安全確保の為MUSEに電話して、店までの道順を詳しく聞く。「まだサーフ始まってませんよね?」「まだ大丈夫ですよー」。何時からですか?というのが怖くて聞けず。

京都駅に着いて夜バスを確認すると残席有り。すかさす購入してそのまま四条に向かい、阪急の地下のコンコースを延々はしってやっと到着MUSEホール。時すでに9時半を回っていて、もう始まっちゃってるか…と思ったら、セーフ!つか余裕でセーフ!。一つ前のミルクティースを1曲と半分聞けてしまいました。

ライブの感想はまた別枠に書くけれど、この日ライブはカッコよかった!。宮崎は演奏の凄さに(テクニックとかではなくそれ以上の何か)グッときまくったけど、今日はギターアクションがカッコよくてカッコよくて!。どのシーンもどのシーンも残して置きたいほどいちいちカッコよかった!。「Misirlou」の時だったかな、中さんが「ウァーっ!」って上を向きながら叫ぶ姿なんてもうそりゃ男らしくて男らしくて。まいったな。「Misirlou」は演奏自体もすっごい男らしくカッコよくて、最近のライブの中でかなり上位にはいる「Misirlou」でした。

そして帰り、一目顔が見たかったけど終わったの44分、私の乗るバスは10分発、これは行かないとまずいだろうとそそくさと会場を後に。案の定バス停に着いたらギリギリ。ご飯を買う余裕も無くバスに乗りましたとさ。

そんな感じで、運の良さが重なってなんとか見れたTHE SURF COASTERSライブなのでした。しかし5時半まで定時で仕事しても京都でライブ見れる事も有るんだなーってしみじみ思った。ちなみに京都滞在時間は丁度2時間。お金も体力も使ったけど、それ以上に大満足な一日なのでした。はーシゲヲ様ステキ。いやいや、この日は栗田さんも素敵でねえ。前からかっこいいのはわかってたけど、改めてね、何度もね、思うのですよ。はーカッコよかっってもうエエって。


« どっちかしらん? | トップページ | 27度までしか下がらないでしょう。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34575/5328510

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、京都へ行こう!:

« どっちかしらん? | トップページ | 27度までしか下がらないでしょう。 »