« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

涼しくて過ごしやすい。

「今日もお土産を頂いた」

・今日はゴーヤーと茄子。

・夕方のおやつには歌舞伎揚げが出た。

・出たっていうのは言い方がおかしいか。

・3時間も余分に働いた。

・自分ではたいした事ナイと思っていたのに「なんか疲れてるよ」って言われた。

・顔にでるって相当じゃないのか?

・そりゃ他人の勘違いで振り回されて結局は「あ、ゴメン」ですまされるような事が続けば疲れるって。

・ダルダルだったときに嬉しいメールが来てヤル気がでた。

・お腹が空きすぎて胃が痛くなった。

・でも、もうご飯を食べたから大丈夫。

・疲れると文章を作るのが面倒になるので、今日は箇条書きで。

・という事で皆様おやすみなさい。よい夢をー。

2005.08.30

うおぅうおぅうおぅ。

「ブラシはどれを買ったらいいのか悩む」

今日も沢山働いた。と思ったけど、前の仕事だったら8時9時までなんてざらだったですよそういえば。今の職場にきてからは残業が随分少なくなったし(最近は仕事が増えてちょっとあるけど)、定時5時半だから、7時までいるだけで「おおー沢山やったー」って気分になる。ここのところ残業から帰ってきても、そんなに体が疲れていないのは、黒豆?キムチ?納豆?酢?牛乳?味噌漬けニンニク?ビタミンC?(これだけはサプリ)どれのおかげかしらん。

ENDSの渋谷タワーレコードでのインストアイベントの招待状がきたけれど、ものすごい整理番号。これはあれですか、私がリクエストした曲名の漢字を間違えたからですか?。漢字を間違えちゃったせいで、意味が全然変わっちゃた。遠藤に見られたら、いくら私が誰かってわかってなくても恥ずかしい。ライジングサン帰りで疲れていたもんで!って言い訳したい大間違い。本当に恥ずかしい。

髪を切って、昨日は美容院の人に綺麗にセットしてもらったから素敵だったのに、今日私がやったらどうもイマイチ。というよりもラジオ体操を真剣にやり過ぎて、せっかくまとめたのにボサボサになるとも考えられる。「髪形が乱れるから」という理由でラジオ体操をしないというのは駄目かな?…駄目ですね、ハイ。

2005.08.29

アルミ缶の上にあるミカン

「美容院で髪をきりました」

今日明日を逃すと、次に切れるチャンスがあるのは来週かあって思うと先過ぎる気がして、休憩中に予約を入れたら空いてたので、さっそく切ってきました。さらに短くなりましたよ。今回はかなりお気に入りですよ。今の美容室に行くようになってから、髪を切りに行くのが楽しく思えてくるようになりました。のびたから切るじゃなくて、今度はどうしようかな〜って。

今までにないほど「こういう風にしたい」って言えるし、えらく抽象的な私の希望を、イイ感じに汲み取ってくれて大変にありがたい。今までは言うのがちょっと恥ずかしかった希望も、結構正直に言えてるのですよ。こういう髪を切る楽しみをもっと早くに知れたら、もっと良かったかもね。いや、でも今でも知れたからよしか。お兄さんポルノグラフティの人に似てる。

仕事はいっぱいいっぱいで、もう頭にきたり腹が立ったりしたら、すかさず「牛障害」を思い出して、Gメン75を歌う今日この頃。何の話かって?「水曜どうでしょう」の「ベトナム縦断1800キロ」を見れば判りますよ!牛障害は名シーンですよ!つか、そう何度も同じDVDを見るなよ自分!

2005.08.28

お手伝いさんがいたらいいのに。

「美輪明宏の『おしゃれ大図鑑』を買う」

昨日友人が持っていて気になったので今日さっそく本屋にいってぱらぱらみたら、これは楽しそうと速効で買ってしまった。美輪さんが美しいと思うものを沢山のカラー写真と一緒に紹介してるのですが、中に出てくる中原淳一氏のデザインを再現した服がとても素敵。綺麗なAラインで女性らしくていいなー。Aラインの洋服っていいですよねえ。

本や音楽、香りなど色々紹介しているのですが、私は美輪さんが二十歳の頃に住んでいた六畳のお部屋の再現が素敵で感心。「6畳ひと間のお城」と書かれたページには、美輪さんがお金がない中でも自分の好きなものだけを置いて、色々工夫をしてエレガントな部屋にして過ごしていたってのが、良くわかる。本当にこうしてたんだよね(美輪さんはわざわざ嘘はつかないだろうなあ)。素敵な部屋に住む、エレガントに過ごすっていうのはお金だけじゃないのねと。えーこの本を読んだあと、思わず掃除を始めたりしたのは私だけじゃないと思うんだけど、どうかな。

あと「美しい日本語会話例」という章に、「『〜あそばす』は必修エクササイズとして一日に一回は口にしたいもの」とある、ちょっと難しそうです。まさに「エレガントは一日にしてならず」。

今年の夏は北から南まで各所に出かけて、新幹線から夜行バスまで、乗っていないのは船ぐらいなのではって位に色々な乗り物に乗って、さすがにライジングサンから帰ってきた次の日は「もうしばらく旅も乗り物もいいや」と思っていたけれど、その次の日位からもう「どっか行きたい、乗った事ののない特急とかに乗りたい」って思い始めた。旅好きなのか逃げたいのか、どっちだ?

2005.08.27

なぜ?(改)

さっきまで友人と楽しく話をしていたのに、急に寂しい気持ちがムンムンになってきたので、予定を変更して寝ます。

秋が近いのか(?)


なんですかこのシケた日記は。って自分で書いてるんだけど。
仕事をしてる時は「土日はあれしたりこれしたりするぞ!」ってやる気満々なのに、いざ休みになってみると「ダルイしー面倒臭いしーねちゃえ」ってだらだら過ごしてて、我ながら駄目だなあと。桜井君の「ヤンキー母校に帰る」見てる場合かって。これにえらく雰囲気のある子(縁起が上手いか下手かはおいといて)だなあって思う子がいて、気になって調べたら松田優作の次男でした。ほう。

THE SURF COASTERSが参加してる「サンダーバードトリビュート」をずっと聞いてるのですが、なかなかイイですよ!。サーフがかっこいいのはいあわずもがな。えらいライブで聞いたのとは違うけど、カッコイイ〜。あのギターの音はなんのギターかしらん?どうやってあんな音をだしてるのかしらん?。全体的に重ためで、なんかエロいです。他の人のも皆様個性溢れるカバーっぷり。私は上野耕二さんとブラボー小松さんと井出コウジさんのがいいなーと思ったですよ。みうらじゅんのはもっと「こうきたか!」っていうのを期待していたので、ちょっと期待外れ。前にブロンソンズで「エマニュエル婦人」を日本語でやった時の方がグッときたな。

そんな感じで、何かしようと思ってた割には何も出来ず、ビデオやDVD見たり、CD聞いてて一日終わっちゃった。友達と夜にご飯を食べに行ったから、それは良かったな。Kちゃんがそういってくれるから、あんまり遠い所には引っ越さずにいようかなって思ったデッス。

2005.08.26

怖い怖い怖い。

今日は「四国R-14」の2夜だったのだけど(2夜だよね?)、怖い怖い。怖さのあまり下を向く、もしくは眼鏡をずらす事たびたび。ほら、眼鏡をずらすとぼやけて良く見えないから。飛行機の中で大沼が二人を見て薄く笑うシーンとか、大沼の顔が火傷みたいになって、しかもちょっと薄笑いのシーンとか、車の中で「来るぞ…」ってシーンとか、いちいち怖いって。これみてると大泉さんっていい役者さんなんじゃないかって思えますが、どうなのかしらん。怖いけど来週も楽しみ。

今日も残業をしてきたが、残業のおかげでいい事が。隣の係りにお土産で送られてきたキムチのお裾分けが来た。お得用パックサイズの量。その時間に残っていた人に半ば強制的に持ち帰るよう配られたキムチ。給湯室で切り分けられたのだけど、ものすごい臭い。そこかしこがキムチ臭でえらい事になってた。

係長「内山さん電車だ(笑)」
ワタシ「ハイ、中央線で帰ります」
係長「吉祥寺とか通るんだ(笑)」
ワタシ「通りますよーオシャレシティをこれもって通りますよー」
別の社員さん「よけられちゃうよ〜」

それ位臭った。でもさっきさっそく夕飯に食べたけど、美味しかった。キムチは色々使えるからありがたい。でもって夕飯には写真日記にあげたそうめんカボチャと大根を三杯酢であえて食べたのだけど、千切りにした大根と茹でたそうめんカボチャ、味の区別がほとんど無いですよ。栄養もなさそうだけどカロリーもなさそうだから、ダイエッターの食事にはいいかも。こっちでも売っていたらいいのにな。

って事で寝ます。

2005.08.25

台風のおかげ?

本日台風が来ていたせいで、私の職場は2時過ぎには「キリのイイ所でとっととお帰りなさい」放送がはいり、私も2時半頃に帰宅となりました。最初は昼ご飯後に、

上司「(私に向かって)3時になったら帰っちゃって下さい」
先輩「マジですか!」
上司「君は関係ないから(笑)、パートさんとか派遣さんは3時あがりって事で」

という話だったのに、結構大変な事になりそうという状況で、社員の皆様も部署事に随時指示が有り次第とっとと帰宅になった訳でした。ちゃんと定時までの時給はつくそうで、ありがたい話です。外に出ると男性社員の皆様が、正門で交通整理を(正門前が水がたまってえらい事になるから)。

まるっと三時間早く帰れたので、レポ書こうかなー何しようかなーと思っていたけれど、ぼっさーとしていたらあっというまに時間は過ぎた。日記を一個書いて、ちょっと部屋を片付けただけで終了。あ、あと部屋探しサイトを延々見てた。とはいえ、今週はずーっと忙しくて、私ってこんなに手が遅かったっけ?大丈夫かな?つか終わらないジャン!それにすごく疲れたじゃん!って思っていたし、今日は朝のうち先輩が非常に不機嫌で、「まだ四分の一も終わってないのに、四分の三以上HP使っちゃったよ、どうしたもんかな…」な感じだったので、帰れて気分的に非常にラッキーでしたとさ。

帰りに気分転換に口紅を買った。しかも「モテ色No.1」の色の。なんでこの色かって?それはもちろんモテたいから。今私が神社で何かお願いをするとしたら、それはもう「モテますように」しかない。今まではそういうのを若干バカにしていたけらいがあるけれど(若干じゃないだろう)、今の私にはそういうのはかなり薄い(と思う)。「これを読めばモテる!」とか読んでみちゃおうか?位に薄い。どういう心境の変化かしらないけれど、今はそういう気分。続くかとか実行できるかとか成果があったかどうかとか、そういうのは二の次三の次で。

2005.08.24

早く書かなきゃ。

10時前に布団に入りたいから。

なんかワタクシ随分と日記を書いていない日がありますなあ(藤村D口調)。行動に記録がついていっていないデスよ。ライジングサンに行った時の写真日記が思いのほか少ないのも、もうちょっとした文章ですら考えるのが億劫で。とはいえ、楽しかった夏の思いで、後から自分で読み返しても面白いものなので、順番に書いて行こうかと。毎年書いてるけど、本当小学生の宿題だ。

話し変わるけど、今日の朝、ロッカーで着替えていると掃除のおばさまが入ってきた。「おはようございまーす」と挨拶をしつつ(あ、ロッカー掃除しに来たのかな)と思っていると、おもむろにおばさまは後ろ手に持っていた大根を私の前に差し出し、その大根を私にくれると言った。「ここに人がいたからすぐに出せなくって」と、「沢山あって食べきれないから」と。

………なぜ大根!そしてなぜ私に!

大根が出てくる理由も、私にくれる理由もさっぱりわからないけど、とりあえずありがたく頂いておいた。そしてもう今日の夕飯のメニューに活躍してもらった(納豆おろしひやむぎ)、あ、そういえばこのひやむぎも友人からの貰いものだ(とても美味しかったよー、ありがとうー)。やっぱりあれかな、職場では「誰にでもにこやかに」の心がけで、誰彼かまわず挨拶して歩いてるから、おばさまに見初められたのか、そうならありがたい話だ。

これをくれたのがおばさまじゃなくて、素敵な殿方なら、間違い無く告られてると勘違いする所だ(大根でか)。素敵な殿方が大根をもってくるってのも、なかなかにすごい絵だとはもうけど、有りか無しかでいったら、有りだ!(Yさん見てルー?)

2005.08.23

マズイ

来た、いつものが来た。楽しい事があった後に気持ちのゆりかえしみたいな感じで、ものすごい落ち込む。今回はさっき急に来た。虫にでもなりたい気分以上のが来た。こうやって書く事で気をまぎらわせてみてる訳ですが。

マズイ。

2005.08.22

夏休みの余韻。

9連休あけの仕事。先輩曰く「これがディープブルーですね」の夏休みあけ。確かになんとなくみんないつもと雰囲気がちょっとだけ違う気がしなくもなくもなく(どっちだ)。みんな初日はエンジンがかかり切れてない感じ。そういう私もぜんぜんかかりきれてなかったけど。

夜はスプロケットのライブを見に行ってきた。先日のライブでゲストで出ていた酒井さんをみて「あれ?この人こんなにキラキラした人だっけ?」という、誉めてるのだか失礼なのだかわからない感想をもったので、見たい時が見時だろうと行ってみた。

陽の気の出てる明るいライブが見たいなーと思っていた私にはピッタリでした。少々前にも見たけれど、その時とは随分印象が違ってて、私はこっちの方が全然イイと思う。バンドが変わったのか私の音楽の受信機の仕様が変わったのかはわからないけど、すごく楽しめましたよ!。「たまがわ」って曲は一回聞いただけなのに、けっこうきっちり覚えているので、そうとうに印象的だったんだなーって。「1K」って曲は歌詞がチャーミング。ラストで「やればやるほどずれていくチューニング」というハプニングのせいで、演奏曲がかわってしまったり、思いのほか長いMCになってしまったりしていたけど、バンドの朗らかな空気のせいなのか、むしろ好印象。楽しいライブでございました。

帰りは友人とちょっとだけ食事をするつもりが結局長居を。彼女もライジングサンにもこのまえのサーフツアーにも行っていたので、主にその話を。羨ましい話とか羨ましい話とか、羨ましい話とかを聞いた。くそー羨ましいなあ!。私も日々努力して、神様から甘い飴玉を落としてもらえるようにがんばろうって思った。

2005.08.21

ライジングサン帰り。

がんばって朝起きて、温泉にもう一回はいってホテルをチェックアウト。私はそれなりに眠れたからかなり回復してきたけれど、友人はまだちょっと辛そうだった。座ってご飯を食べたいが為に一本快速を乗り過ごして、榛千歳空港へ。で、飛行機はなんと子供沢山スペースで、私の隣も赤ちゃんをつれたお母さま一人旅でした。子供は好きじゃないけど、その子は静かにしててニコニコと可愛かった。

で、よーしさっさと降りるぞうと通路を進んで、茶色い頭をした男性がいたのでふと目をやると、ベンジーだー!!!。ベンジーですよベンジー。なんですか同じ飛行機でお帰りでしたか。「あ…握手のひとつでも…」と思ったけれど、自分えらいもっさいカッコしてたし、ベンジーもお疲れだろう所で声をかける事は出来ず、荷物受け取り所のあたりまで、すこし後ろを歩いてベンジーのカッコよさを見てた。ステージを降りても雰囲気のあるカッコイイ人でした。

その後荷物受取所では、モッズ御一行様や、多分出ていらしたであろうミュージシャンの方多数おみうけ。そして極め付けは、荷物受け取って出た所に忌野さんだー!。忌野さんもやっぱり降りても忌野さんだった。色んな方をおみかけしたけれど、本命はいないのよ、本命は!。シゲヲ様と遠藤はいないのですよ!。ちぇっ。いたからどうなるものでもないけれど。

その後、大きな荷物を持ったまま渋谷のタワレコにENDSのDVDを買いに行く。疲れてたけど早く見たくて。買って帰ってさっそく見始めたはいいけれど、もう眠たくて眠たくて。結局うっつらうっつらしつつ一回通して見て、我慢出来ずにお休みなさい。夏休み最終日、思いのほか中途半端に終わったのでした。

しかしカッコよかった!

2005.08.19

すごい荷物。

今日はのんびりする日という事にしたのだけど、明日の準備が色々結構面倒臭かった。明日の準備って?。そう!明日は私、夏休み最後のイベントライジングサンに出るENDSを見る為に、北海道へ行ってまいります。最後を飾るにふさわしいではないですが、北海道の大地でENDS。どうも雨が降る確率が大らしいので、雨具やら防寒具やらを詰めていたら、鞄がパンパン。なんだこの大荷物。野外フェスしかも夜なんて始めてなので、どうなるかすごい心配デスよ。

大体準備の時点で疲れた、何せフェス慣れしてないもんで。雨具ってどんなの?鞄はどんなので?防寒はどれレベル?、もーわからない事だらけ。よく行く気になったよ。まあ、それもこれも遠藤遼一と中シゲヲを同じ北の大地のステージで見れるとあっちゃああなた!って感じで勢い余って行く事決定的な。それがたったの1時間弱のステージであろうともだ。満喫してくるよ。

あと北海道はどうでしょう詣でもできるし、色々美味しいもの有るし。ホテルもなかなか素敵な所みたいだし。楽しみだけど、えらい緊張してきた。あーあーあー。って事で今日はどうでしょうは録画して(怖いから夜ミルのが不安というのも有り)、10時になったら寝ますよ、何せ明日は家を5時半に出発ですから。起きれるか不安…

では皆様アデュー。また北海道から写真日記の方を更新いたしますので、お時間の有る方は是非。

2005.08.16

鳥取の初日は海。

さすがにちょっと寝坊で9時に起床。

鳥取初日、まずは海に遊びに行きました。今年は鳥取に行くのがお盆過ぎだから、海にも入らないだろうと思って水着を持って行っていなかったのに「海行くぞー」って。しかたないから、どうしても入りたくなったら服のまま入ってやれ!と思っていざ海に行ってみると、ざっぶーんざっぶーんと、日本海まるだしの海模様。入れない、こんな海には入れない。とはいえ土地っこは普通に入ってるし、父親と叔父もあまり向こうまで行かないまでも結構泳いでた。私は波打ち際で足をつけるばかりなり…

しかし海の音というのは、なんともぼーっとしたイイ気持ちになりますね。寄せては返す波の音が、同じ音のようで実は全部一つ一つ違うというのが、気持ちにしっくりくるのかもですねえ。

サーフィンしてる人の中に一人上手な人がいて、ああいう人をみると「サーファーってかっこいいな」って。波ってそばで見ると思っている以上に怖くて、それに向かって行って、さらにあの上に立ち上がっちゃう訳ですよ、凄い。上手に乗れた時には思わず拍手。そして頭の中にはMisirlou(ここはあえてディックデイルバージョンで)。

夕飯はカレー。母親の作るカレーが久しぶりで嬉しくて「カレーカレー早く食べたいよー」と歌っていたら、父親に何子供みたいな歌うたってんだと笑われた。いやだって君らの子供だし。って意味が違うよね、意味が。そして食べたカレーはやっぱり美味しくて、おかわり2杯半。翌日4時起きで釣りの予定だったので、とっとと寝てしまう。こんな感じで初日終了、そりゃ太るって話。

2005.08.15

電車に乗りまくり。

いや、電化されてなくて、まだディーゼルの所の方が多かったけど。

京都のネットカフェで居心地がよくてやはり後半寝てしまい、ふとめが覚めたら出かける10分前。そのまま寝ていたい気持ちをなんとか押さえてタクシーで京都駅まで行き、大阪→福知山→城崎温泉へ。

いやー城崎温泉いいですよう。温泉街って雰囲気がよく出てて、川沿いには柳並木があって、その周りには古い旅館、風情ばっちり。ただ、車が普通に入ってこれてしまうので、横をがんがん車が通るのはちょっとなあと。今回は一番駅に近い「さとの湯」に入りましたが、入場料800円。お風呂の数は、メインの大きいのと、泡風呂と、露天風呂とサウナが二つ(熱めのと普通のと)と、そう多くはないけれど、サウナがミストサウナでトルコのハマムみたいなルックスで、ワタクシ大変気に入りましてよ。広さもけっこうちゃんととってあるから、ゆっくり入れるし。露天風呂も展望がよくて、風呂の縁にぼーっとすわってると山の風が気持ちよく、「ここに住みたい…」って気持ちに。つい時間を忘れてぼーっとしてしまう心地良さ。ちなみにお湯の温度は結構高め。

そしてお風呂を後にして、駅前の食堂でにしんそばを食べて、今度は松江に。駅は少なめなのに、いっこいっこの駅の間の距離が有る事と、待ち合わせが多い事で、松江まで思いのほか時間がかかった。

松江では依然東京に住んでいた友人に会った。久しぶりだけどなんか久しぶりじゃない感じもして変な感じ。話したい事は色々あった気がするのに、なんだか上手く話せないっていうかねえ。とはいえ短い時間だったけど楽しかったな。友人に会う前に時間があったので出雲そばを食べたが、これは美味しかった。舞茸の天ぷらがなんとも!ダシの濃さが何とも!舞茸のおにぎりもなんとも!。友人に会えて、美味しいものも食べて、楽しい松江でございました。

そしてこれからまた祖母の家の有る所まで戻った訳ですが、約2時間。さすがにうとうとしてしまい、ちょっと目を開ける度にぐっと近付いていて、三度目に目を開けたらおりる駅の二つ手前だった。危険危険。ここで乗り過ごしたら多分着けない。なんとか起きて駅に到着。

祖母の家に着き、すぐ寝ようと思っていたけれど、叔母や母が食事を用意してくれていたので、それを食べてから寝た。三度目の晩ご飯だ。三時間弱づつくらい空いているので、意外にどれも美味しく食べれてしまう。で、そういことをしてるから、2キロも太ってしまった訳で。

こんな感じで長い長い一日終了。変わったハプニングとかなくて申し訳ない。

2005.08.14

神戸~泣いてどうなるのか~。

いや、本当は神戸でもないし、泣いてもない。

本日は丸々移動日。本当はもちょっと早く出れたらなと思っていたけど、結局昨日ライブ後興奮で眠れず、無駄に夜更かしをしてしまったし、朝も「余韻に浸らせて…」って感じでぐずぐずしていたらあっという間に昼過ぎ。思いのほかキツキツ工程になってしまった。寄ろうと思っていた湯河原温泉はあっさり却下。

京都で会えるかなーって思っていた人にあっさり振られて、ただいま一人で京都のネットカフェでこんな風に日記を書いております。京都はお祭りでもあったのか、浴衣のお嬢さんやカップルがわんさかいて、その中を一人歩く私…。寂しくないよ!寂しくなんかないもん!一人でだって遊べるもん!

………むなしい。

とはいえここのネットカフェは非常にいごごちがいいのですよ(負け惜しみじゃないぞ!)。個室でリクライニングシートで5時間パックで1550円、安い。京都でホテルでも取ろうかと思ったけど、次の日朝イチの電車で移動だし、着くの12時近いし、だったらホテルはもったいないなあって事でここに。全体が薄暗くて、ソファがまたでかくて良いのですよう。

のんびりレポでも書くかなあ、漫画読んじゃうかなあ、DVD見ちゃうかなあ。そして明日は温泉に行くのです、城崎温泉に行くのです。夜は友人に会いに行くのです。色々ここの日記のほうを更新するかもなので、夜更かしさんはお付き合いくださいませ(居心地よすぎて寝ちゃったらごめん)

帰省いたしまする。

夏休み二日目、今日から青春18切符とともに、色んな所を回る旅に出かけます。もう一つの方の日記(サイトのトップ画面から入れます)に写真共に旅日記を上げて行く予定なので、お時間の有る方は是非そちらの方もご覧くださいませー。

最近気がついたのですが、自分電車や汽車が好きなんだなあ、飛行機も好きだし、あ、時刻表を見るのも好きだって。あくまでも目的(ライブだったりライブだったり、まあライブだったり)が好きで、乗り物は附随して乗ってるだけのつもりだったのだけど、どうも結構好きなんだって事がやっと自覚出来た訳です。自覚したから何が有る訳でも無いけれど。

つー事で、乗り物と食べ物と自然を満喫してきマッス!

2005.08.13

言葉も出ない。

本日渋谷O-CrestにTHE SURF COASTERSを見に行ってきた訳ですが、もうもうもうもう、たまらないデスよ。言葉も出ないとはまさにこの事かってくらいの。もう本当に本当にあれなのですよ!たまらないのデスよ!

友人との帰り道も「かっこいいよね」「つかかっこいいよね」「しかしかっこいいよねえ」「ねえ」「本当にねえ」「ねえ」って、なんなんだ君らの会話は。凄さとカッコよさと「はぁ…」ってのが繰り返し繰り替えしやって来て、ライブ中に何度も「もう駄目ー!」ってなったり、うぅぅって目に涙が浮かんだり、楽しくてー!踊っちゃえー!だったり、本当にもうあれですよ。

この人どこまで凄かったら気が済むのかって。串間でのライブもそうとう感極まったけど、あれよりまだ上があるかよ!凄さ天井知らずかよ!どこまでいけるのかよ!と。演奏自体がいつも以上に果てしなくドラマチックで、「Baja」とか「ザ・ロスト・ニュー・ソング」とか情緒深い事この上無し、「Bumble Bee」とか「サンダーバード」とか凄くて倒れそう、「Tsunami Struck」とか「Typhoon Swell」は楽しい気持ち果て知らず、ねえっ!

どれだけの褒め言葉を持ってしても誉めきれず、どれだけの言葉を使っても表現しきれないカッコよさ。はぁ…。本当にまいった。

2005.08.12

明らかにカロリーオーバー。

ご飯を食べなくて夏バテしちゃだめだ、と余計に食べ過ぎて太る派。

職場は翌日からのサマーロングホリデーのせいか(9日間)、妙なテンションだった。いつもは物静かな上司ですら、なんかちょっと変。大人をも狂わす夏休み。

夜は友人と荻窪駅そばのファミレスに入ったのだけど、思いのほか良い所。メニューが全体的に安い(サイゼリア並み?)割に、味もそれなり。そしてなによりいいのがドリンクバーにお茶が豊富で、しかもティーポットにリーフを入れてお茶を作るタイプで、お茶もウーロン、アッサム、ローズヒップ、などなど全部で6種類。非常によろしいですよ、あそこは。割引券ももらっちゃったので、又行きましょうねーKちゃん。

で、帰りにものすごい雨にあたってしまった。そしてまた話しかけられる、今度は外国の人。「雨凄いですねー」って。そんなにあれか、話しかけやすいか私は。

夜に見た「水曜どうでしょうドラマ R-14」は怖過ぎ。来週見れるかどうか心配。録画してお天道様が出てる時に見ないと駄目かも、トイレ行けなくなったらやだし。

2005.08.11

それは無理というもの。

前にも日記に書いた私の職場の苦手なオバハン。今日もエンドレスに愚痴っぽかった。で、しきりに気持ち悪い気持ち悪いというのは、自分が話していない事が人づてに回って自分の耳に入るのがすごく嫌だ、気持ち悪いと。でもそうは言っても、いない人の事でも話には登るし、本当に周りの人に知って欲しく無いなら、いっさい誰にも話をしないようにするしかないし、そんな事に目くじらをてててもなあって気が。

もちろん度を越して秘密をばらされたり、ある事無い事言われたら困っちゃうけれど、そうじゃないのなら自分のいない所でも話題が出るなんて、ある意味気にかけられてるって事でも有るし、私はそんなに嫌じゃ無いなー(いい笑いのネタになってるだけかもしれなくても、だ)。

だからこそ、自分のいない所で登る話題が、悪口などではなく良い言葉を言ってもらえるように、普段の行いを正し精進して行かなくてはいけない訳ですな。って私がこういう事を言っても説得力が無いか?

日頃の行いがどう作用してるのかわからないけど、また知らない人に話しかけられて、バスに乗ってる20分ばかりの間、世間話をして武蔵小金井まで戻ってきた。アタイ音楽聞いてるのに、対して愛想のいい顔をして乗ってたりするつもりもないのに。バス停でも、八百屋でも、バスの中でも、信号待ちをしている時でも、新幹線に乗っている時でも、話しかけられて世間話。そんなに話したそうな顔をしてるのか私は、と思ったり。

2005.08.10

酔っぱらったのよ〜。

職場での飲み会に参加。別の係りの係長さんとか別の課の課長さんの近くで緊張した。私の島の係長は〜と見ると、えらいはしっこに。なんつか控えめな人なのですよ、私の上司は。

たいして飲んでいないのに随分と酔っぱらってしまい、これはマズイ、あと1杯飲んだら夜の蝶モードになる(明日仕事なのに、つか職場の飲み会なのに)と思ったのでそうそうに退散。でもそうとうに酔っぱらってて、なんとか家まで帰り着いたって状態。

家ついてからは酔っぱらった勢いでモチを撫で回しまくり(イイ迷惑だ)、なぜかタコヤキを買っていたのでそれを食べ、気がついたら明かりやテレビやパソコンなどなど全部付けたまま、まっぱで寝てた。そしてよほど暑かったし眠かったんであろう、そばにパピコ(正しくはパピコみたいなアイス)が落ちていた、袋半あけで。夏の夜のバカっぷり。やっぱり酒を沢山飲んでいいのは、次の日が休みの時だ。翌日朝がだるくてだるくて…

前々から思っていたのだが、隣の課の課長さんと、某バンドのマネージャーさんは激似。顔の造形というより全体がかもし出す雰囲気が似てる。課長を見るとマネージャーを思い出し、マネージャーを見ると課長をおもいだす。だからなんだ。

2005.08.09

ミネラル取れよ。

朝そうとうにヤバかったけれど、先日10時過ぎに早々に寝たせいか「暑いよねー」とかいってる割には元気。家事もこなせます。

仕事中に急にENDSの「旅人」、しかもHI UNPLUGEDバージョンを思い出して、気になって気になってしょうがなかったので、さっきDVDを見てすっきり。これは中さんのアコースティックギターは果てしなく素敵な曲で、曲自体も元々好きで、このアレンジでもっと好きになった曲なのですよう。

あとブランキーの「パイナップルサンド」も気になっていたので、今それを聞きながらこれを書いておりマス。仕事してる時って急に「おやっ?」って曲を思い出したりするよね(しないか?)。次の「ぼくはヤンキー」もカッコイイ曲だ。

後三日働いたら夏休み!って夏休みの前に十分楽しいお出かけをしてしまっている訳ですけれども。まだまだ続くぜ楽しい事は。

2005.08.08

家事はサボります。

夕御飯をインスタントものにしない事でいっぱいいっぱい。

先日の移動の間を使って「指輪物語」の旅の仲間の所まで読み切った。いいお話ですねえいいお話ですねえ。ってみんなもう知ってるのよねえ、そんな事。原作も読み始めて良かったなー。私は評論社の新版というのを読んでいて、旅の仲間だけで4册。

私がグッときたシーンは、フロドが「私が指輪を持って行きます」と集まった皆の前で言うシーン。ちょうどここを読んでいる時は熱海から静岡に移動してる辺りで、花火のせいで激混み。立ったまま読んでいたのだけど、フロドがその台詞を言ってしまった心境を思い、つい本を閉じて「じーん」。浴衣を着たバカガキとか、汗臭いオッサンに囲まれながら。

後ねえ、ガラドリエルが皆に贈り物をするシーンの、サムの贈り物の素敵さと、それをもらったサムの気持ちにジーン。加えてギムリが欲しいと思ったものと、それを本当にもらった時のギムリの嬉しさが、なんとも。ここはなんとも私気にいってしまい、何度も何度も読み替えしておりまするよ。今さらながらの指輪物語。

原書も読んでみたくなりまするね。って私にそんな英語力があるのかよって話ですけど。

なにより私は最近なにかとジーンときたりグッと来たりが多いですが、前にもまして興味の無い事にはこれっぽっちも心が動かない代わりに、自分のツボにはまればうぉーんと針が動くのかと。自分が本当に好きだと思う事だけに反応、なんとなくでは駄目なんだぜ。なんとなくに使っちゃったら勿体無いんだぜ。って所なのかなーと。とはいえ、飛行機が離陸する所でジーンとするのはどうなのかと、我ながらちょっとジーンとしすぎだと思ったり。

…ジーンシモンズ?<切腹。

2005.08.07

どうでいい話しでなんですが。

っていつもどうでもいい話しかして無いけど。

体脂肪が20.8%まで落ちましたよ!標準標準。良かったー色々やってみた甲斐があったと言うものです。体重もすっかり元のさやに落ち着いたし、血圧も下がったし、あとはこれを維持するだけ。で、ふと思ったのだけど、たった三ヶ月で8%近くも体脂肪って落ちるものなのか?。もしかして最初の28%って私の見間違いなんじゃあないの…?ってちょっと思ったりもするのだけど、いかがなものか。

まあ真偽はもうわからないし、わかった所でどうなるでないわけなのですが。やっと眠くなってきたので寝ます。疲れはそれほどでも無いのだけど、足だけはムックムクにむくんでおります。冷房にはお気を付けを!だ。

自分元気ね。

朝5時手前まで飲んでタクシーで家に帰り、
昼前に起きて免許の書き換えに行き、
家で父親にパソコンの使い方を教えて、

さて帰る時になり、名古屋の劇的な暑さにかなりやられてしまい、これはあれか、新幹線で帰っちゃうか?(寝坊もしたし)と思ったけれど、いやいやこれからまだ夏の間に物入りなんだからと、気合いで18切符で帰ってきた。乗るまでは面倒臭いなーとか思っていたけど、乗りはじめると意外にそうでもなく、「指輪物語」を読み、昨日のサーフおよびシゲヲ様のステキさを反芻し、SOFT BALLETを聞きながらグッと来てみたり、立ち食いそばを食べたりしていたら着いた。やっぱり電車の旅には立ち食いそばはつきものですよー美味しいですよー。

熱海で30分弱位乗り換えの時間があったのだけど、ちょうど熱海では花火大会だったようで、駅からもドカーンドカーンを打ち上がる花火を見る事が出来た。久しぶりに花火を見たけど、やっぱり綺麗だ。ぱーっと開いてすぐに消えて行くってのが夏の楽しい思い出の儚さみたいで、ちょっとおセンチな気持ちにもなる。そういえば昔一緒に移動した時も確か花火にかぶった事があったよねKちゃーん。

一日ぶりに会ったモチは、いつもはだっこされるのが嫌いなクセに、今日はなぜか平気なようだったので、さっきモチを抱えて姑くの抱擁タイム。和む。明日から一週間仕事をしたら、今度は夏休みだー!

2005.08.06

名古屋でTHE SURF COASTERS

なんですか、検索なんかで引っ掛かるようにあえてフルネームで(フルネーム?)。あ、カタカナでも書いておくか、サーフコースターズのライブをみに名古屋へー。

この日の名古屋はお客さんは多いとは言えないけれど、ライブ自体はなんだかすっごくよろしゅうございましたよ!。なんでしょうねえ、何が良かったんでしょうねえ。特別に「これ!」って思い当たる理由はすぐでてこないのだけど、でも良かったのですよ!。今回のツアーでずっとメニューに入っている「サンダーバード」も(正式タイトルは別だけど、よくわからんので)、串間でのバージョンがぐりぐりと入ってくるようなエロさなら、名古屋のはちょっと風情の違う、こうねえ、なんつーかねえ、ムッフーって感じでね(全然わからん)。同じ曲でも毎回印象が違って聞こえたりするのは、やっぱりライブならではだ。

そして今回珍しく栗田さんが弦を切りました。交換している間にまずはナオタカ君が出てきてモソモソとしゃべり「一回引っ込もう、でアンコールかけて」とか無茶をいっておりましたが引っ込む事は無く、中さんとナオタカ君でセッションスタート。またこのシーンがえらいカッコよくて。で、そこに準備の整った栗田さんが入ってきて「Nineteen」という。でもってこの「Nineteen」が微妙で(チューニングのせい?)、終わった後に中さんが「大丈夫かあこれ、もう一回やるか?」なんておっしゃる場面も。もう一回やってもらっても全然良かったのに…

後ねえ、「Beach Monster」の最初の栗田さんの「ーーーーチモンスタァーッ!」に合わせて、中さんが両手で何かを摘む仕種で(書けん!何かかは書けん!)、「ビー(ちく)ビーモンスタァーッ!」と満面の笑顔でやっていたのが(書いてるじゃん)、ステキでステキで。ああいう時の中さんは、まあ本当にイキイキとした顔で!。そんなイキイキとした顔を見ていたら、こちらの心もそりゃ開くでしょうよって話ですよ奥さん。

いやー小ネタはともかくとして、大変にすてきな名古屋ライブでしたとさ。ある友人が私ともう1人の友人を指して、「あなた達みたいなシゲヲ教の人は」といっていたが、シゲヲ教というより、シゲヲ熱だ。素敵なギターに浮かされて夢見心地、と。えへへへ<照れるな。

2005.08.05

27度までしか下がらないでしょう。

いやな天気予報ですね。

「まもなく終点の新宿駅〜」のアナウンスで目が覚めた京都からの夜行バスの中。定刻通り到着で本当に良かった。そのまま一度家に戻り速効でシャワーを浴びて服を着替えてそのまま仕事へ。ちょっとお高めのユンケルを飲んでなんとかがんばりましてよ。

そしてどうしても今日済ませたい買い物があったので新宿へ行き、ささっと買い物を済ませて帰宅。「御宿かわせみ」を見てホロリ。いやーだってイイ台詞じゃあないですか、「これからもお世話かけさせてください」なんて。そういう信頼関係があっての話しだけど。ねえいい話だ、読むか平岩弓枝。

明日の移動用に「指輪物語」の続きも買ったし、「金色のガッシュ!!」も買ったし(いや、これは移動中には読まないが)、時刻表も買ったし。バッチリだ(何が)。なんだか今年は長い夏休みが有りつつも、先にも小出し小出しに(いや小出しというには大きい気もするけど)イベント事があって楽しい夏でございまする。

明日も早起き予定、「どうでしょうリターンズ」を見たらとっとと寝るよー。

2005.08.04

そうだ、京都へ行こう!

仕事の帰りにぃ〜?

何せもうどうがんばっても他の所には行けそうも無く、がんばるなら今日、そんな感じだったので一応一通りの下調べはしておいた。そしたらどうなったかといえば…

3時の休憩の時、MUSEに電話をすると「出順は9時過ぎ、終演は10時頃を予定しています」と言われ、これならもしかして?と、夜バスの空き具合を確認、これも空いてた。「行っちゃうか?」って気分になる。

仕事しながらも「どうする?どうするよオレ?」とソワソワしまくる。

取りあえず早いバスに乗れたらバスの中で考えようと、バス停まで小走りで行くとジャストタイミングでバスが来た。

バスの中で取りあえず3分の電車に乗れたら考えようと、駅をおりスタスタと改札へ向かうとバッチリ間に合ってしまったので取りあえず快速に乗る。

電車の中で53分の新幹線に乗れるようだったら乗ってみるか?とまたも東京駅のコンコースを小走りに、新幹線の改札に向かうと「えー50分でもいけそう!」な感じで間に合う。が、切符売り場が激混み。自動販売機で買おうとしたら、自動販売機では乗り継ぎに使ったSuicaは使えないとのこと。係員に聞くと「窓口で無いと…」と言われ、Suica使えSuica使えって言ってるのに、肝心な時には後回しかよって気持ちを満々に込めて、でもできるだけ優しい感じで「急いでるのにSuicaだからってこれに並ぶんですか?」と聞いたら、「現金ですか?現金だったら車内で精算できますから乗っちゃって下さい」って言ってくれた。なんだよにいちゃん話わかるんじゃないの。

と言う訳で50分発ののぞみに乗った。

そうかーこうやって言えばああやって通してくれる事もあるのかーと感心しながら、車内販売のお弁当を待っていたら、私の手前で売り切れた。7時台の新幹線には余るくらいにお弁当をのせておかないと駄目なのよっ。お腹が空いてきたら「なんか無謀な事してるのかしらアタイ…」って気になった。

帰りのバスを確保しようと電話をするもつながらず、繋がったと思ったらセンター営業時間終了。帰れなくなったらどうするのか…

安全確保の為MUSEに電話して、店までの道順を詳しく聞く。「まだサーフ始まってませんよね?」「まだ大丈夫ですよー」。何時からですか?というのが怖くて聞けず。

京都駅に着いて夜バスを確認すると残席有り。すかさす購入してそのまま四条に向かい、阪急の地下のコンコースを延々はしってやっと到着MUSEホール。時すでに9時半を回っていて、もう始まっちゃってるか…と思ったら、セーフ!つか余裕でセーフ!。一つ前のミルクティースを1曲と半分聞けてしまいました。

ライブの感想はまた別枠に書くけれど、この日ライブはカッコよかった!。宮崎は演奏の凄さに(テクニックとかではなくそれ以上の何か)グッときまくったけど、今日はギターアクションがカッコよくてカッコよくて!。どのシーンもどのシーンも残して置きたいほどいちいちカッコよかった!。「Misirlou」の時だったかな、中さんが「ウァーっ!」って上を向きながら叫ぶ姿なんてもうそりゃ男らしくて男らしくて。まいったな。「Misirlou」は演奏自体もすっごい男らしくカッコよくて、最近のライブの中でかなり上位にはいる「Misirlou」でした。

そして帰り、一目顔が見たかったけど終わったの44分、私の乗るバスは10分発、これは行かないとまずいだろうとそそくさと会場を後に。案の定バス停に着いたらギリギリ。ご飯を買う余裕も無くバスに乗りましたとさ。

そんな感じで、運の良さが重なってなんとか見れたTHE SURF COASTERSライブなのでした。しかし5時半まで定時で仕事しても京都でライブ見れる事も有るんだなーってしみじみ思った。ちなみに京都滞在時間は丁度2時間。お金も体力も使ったけど、それ以上に大満足な一日なのでした。はーシゲヲ様ステキ。いやいや、この日は栗田さんも素敵でねえ。前からかっこいいのはわかってたけど、改めてね、何度もね、思うのですよ。はーカッコよかっってもうエエって。


« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »