トップページ | 2004年8月 »

2004.07.31

ここまで疲れるものなのね。

諸事情により週の半分は(ほぼ)昼夜逆転生活が続いてる中、ライブで大盛り上がり、そして殆ど眠らず仕事に行った昨日のワタクシは、これでもか!というくらい疲れておりました。いやーもう体中の細胞から「立っていられない警報」が出てるというか。

でもでもどうしても中さんのギターが聞きたくて東京駅に向かったのですが、さすが夏、さすが金曜日。窓口がどっこも凄い混んでるの。さすがに立って名古屋までは耐えられなさそうだったから指定をとろうと思ったのに窓口パンパン。でも早く乗らないと時間に間に合わない。臨時窓口が出ていたので「ここでは指定は買えないですよね?」と聞くとやっぱり自由オンリー。でも「どこまでいくの?名古屋?。だったら行って2.3本見送ればきっと乗れるよ一人だし」と、駅員のおっさんが言うので、ならばとそのまま自由を買って改札へ。

新幹線乗り場の改札の隣の売り場は比較的空いていたからすかさず並び指定を取ろうとすると、乗りたいのはもう空席無し、次のなら空いてるけど喫煙&3並び席の真ん中、それはなあってことでもう取らずにそのままホームへ。ちょうど入ってきたのぞみに乗ったら…空いてた。自由席あいてましたよ。なんだよよかったなーとらずにすんで。

お姉さんの隣に座り、はーこれで後は名古屋に付くのを待つばかり。あ、乗り過ごして「博多じゃん…」って事にならないように携帯のタイマーをかけて、さあお休みなさーい。と寝たのはいいが、お姉さんに当たらないように反対側に頭を傾けて寝てるはずなのに、なぜかふっと目が覚めるたびにお姉さんの肩の手前まで頭が移動してる。何度起きてもやっぱり肩直ぐ手前状態。いかんいかん迷惑をかけては、と思っていたのに、気が付くと手前どころかお姉さんの肩を借りて爆睡。

「すいません」

気持ちでコントロールできませんでした。ごめんよお姉さん。名古屋に着いてから大須観音まで地下鉄で行き、そこから歩いても5分ばかり。普段ならここで走るところだけど、足が動かん。うわーここまで来てるかオレの疲労は、とちょっと驚いた、自分の体だけど。ライブでもいつもよりはちょっとだけ動きも鈍く(いつも鈍いけど特に)、でもせめて盛り上がってる気持ちを!って事で「ビーチモンスター」のキャー!!!を張り切って叫んでみましたとさ。

ライブに行かない人は「何でそこまでしてライブに」と思うかもしれないけど、それはあなたつまりってやつなんじゃあないかと。業と書いてカルマと読め、みたいなね。なんのこっちゃ。

素晴らしきかな中シゲヲ。

「痩せられました?」久しぶりに会った友人にそう言われたが、違う、痩せたんじゃなくってやつれてるんだと思う。こんなにもばててる夏は始めてかも位にばてておりますし。しかも昨日はENDSのライブのあと興奮で眠れず、殆ど寝ないで仕事。そしていてもたってもいられず仕事の後に新幹線で名古屋まで行き、サーフコースターズのライブ。いつ道端に倒れてもいいくらいにアウトだった。

仕事中も暑さでのだるさと、寝てないことでのだるさとのダブルパンチで(おまけに体が痛くなってきた)、かなりに「もーダメー」だったのだけど、昨日のENDSを見て「あーライブ見たいライブ見たい」って気分になり、名古屋を逃すと、もうツアーの中で長めに見れるのはワンマンしかないし、自分がいけるのも水戸と東京位。これは、もう、行くしかないかしらん!って事で、まさに這うように新幹線に乗って名古屋へ行ってきました。

なんとかライブにも間に合い久しぶりに長い時間のサーフが聞けて満足。中さんのギターの凄さを改めて確認。ギターってこんな素敵に曲を奏でることが出来るのね…と、実感させられる感じ。神業状態。新曲を二曲やったのだけど、その曲が又どちらも素敵でさあ。一曲は日本のエレキー!って風情で、中さんのトローンとした気持ちいギターが満喫できて、もう一曲は勢いのある男らしいかっこいい曲で、中さんのギターもさることながらリズム隊が非常に素敵。「栗田さーん!」って。栗田さんのベースの素敵振りを満喫できます。個人的には「Jack The Ripper」に続け!って感じの曲だなーって。ライブで定番にして欲しいな。

感想の続きは「音楽」のところに載せるとして、気になったのは中さんのMCが妙に子供向けっぽい感じだったこと。客の一部が無駄にステージ上に向かって話しかけるんデスよ。たとえるなら「○○したー?」とか「○○してー」とかさ。それにいちいち反応してしまうメンバーもメンバーだし、客も客で「ステージに話しかけんなよな」って。そういう客のせいなのか、変に女子供向けっぽいMCな気がして(説明が難しいですが)、それがなんとなく「むむむ」だったな。無駄にカッコつけろというわけではないけれど、もちょっとクールでいてくれてもいいのになーと。ガキ向けのMCとかはガキ向けのバンドに任せておけば、と思ったのでした。それに前のほうのそういう客に返事してたら、それ以外の人とか後ろでみてる人は引くべ。

そういう「え?」はあったし、ハコ全体が「盛り上がったー!」訳ではなかったけど(そしてドラムが全体的に走りすぎだったけど)、サーフのカッコよさは満喫できたので無理してでも行ってよかった。って事で久しぶりに、

シゲヲ様素敵ー!

2004.07.30

遠藤カッコよかった…

7月29日に五百何日かぶりにあったENDSのライブに行ってきました。新しく恵比寿に出来たリキッドルーム、チケットはソールドアウトでいったいどんなにたっぷりのお客さんかいなと思って行ったけれど、ソールドアウトとはいえ「入れねえし!」ほどではなくてちょっとホッ。

ライブはねえ、カッコよかったですよ遠藤!。紺地にラメラメのパンツ、白のタンクトップに白のジャケット、ベージュっぽい帽子という、なんかこうやって文字にすると若干微妙ないでたちにもかかわらず、もーカッコよかった、もー素敵だった。「はーやっぱり遠藤はかっこいいなあ」って。そればっかり。

ライブ全体としてはアレンジが「?」ってちょっと中途半端な感じがしたり、演奏でも「むむむ」って所もあったり、映像は綺麗だけど、上から下がってるスクリーンが邪魔だったりとかあるけれど、いやそれでも遠藤はかっこいいのですよ。最初のは声が少し「おや?」だったり、そんな張り切って歌詞を間違えなくても、ぐらいに間違えてたりだけど、それでもカッコよいのですよ。声か、やっぱりあの低い声が素敵なのかな。

同じ雨に 打たれている 君に歌おう


ですよ。あーあーあー素敵(もだえ)。ちょいと前に出ていたCMの曲もやったのですが、それはなんだかあまりよくわからなかった。曲のせいなのか演奏の微妙なばらばら感のせいなのかわからないけど。「クールショック!」って言ってみて欲しかった(無理だろう)。

新しいリキッドは前より少しステージが高いのかな、ちょっと後ろ目でもよく見えてそれはいい感じ。久しぶりにあんなに踊りました。踊ったというかじたばた動いてたっつーか。ENDSを見るには体力だ、と。友人と二人で行ったのだけど二人ともばてばてでご飯も食べず家に帰る。ものすっごい汗臭かったからというのもあるけれど。家に帰り風呂に入りご飯を食べて「さあ寝よう」と思っても、ぜんぜん眠れない。体は疲れているのに気分が興奮して一晩中布団の上でゴロゴロしてて、やっと「あ、眠れそう」と思ったらもう6時近く。結局殆ど眠れず、今に至るわけで(ただ今午前10時)。眠さと体のだるさで、気を抜いたら斜めになりそう…。

また11月にライブが決まって嬉しい限り!

2004.07.29

明日に向けてイメトレ中!

これで。ENDS「ADVENRURE 48」
040729_023319.jpg

明日はENDSの538日ぶりのワンマンですよ、538日ぶりの。ENDSとしてはライブが無かったけどSOFT BALLETでライブを見ていたので、そんなに長いことやってなかったかとちょっとびっくり。いつも聞いているけど、よりしっかり聞いてイメトレして、明日のライブを楽しむぞー!って気分で。新しく恵比寿に出来たリキッドルームは初お邪魔しますなので、どんなところか楽しみですし。

ギターが中さんじゃないのが非常に残念ですが(サーフでツアー中)、そこはまああれです、中さんがいないから遠藤だけ見てればいいもの!位の気分で。集中集中。びっくりするような整理番号だけど、張り切って楽しむぞう。

2004.07.28

犯人は誰だ?

何か事件が起こった場合(特に殺人事件とか)、そこにいたるまでに色々な原因になることがあって、一概に殺した人間だけが悪いと言い切れなかったりすると思うんだな。もちろんどんな理由があっても殺しちゃだめですが。何か起こるには色々さまざまないくつもの理由があってそれにいたる、んでしょう。

そんなことを踏まえつつさっきのニュース。

北海道にいる子供二人の四人家族の父親が、仕事をやめ新しい仕事を探しているさなか、夜中に出かけていった。そしてそのままその父親は帰らず、「新しい女が出来た、お前も幸せに暮らしてくれ」とか「全国を出張で駆け回ってる」などなどの一方的なメールが妻の携帯に入ってくるようになった。3日ばかりして妻は警察に捜索願を出す。警察の調べて一人の男を逮捕。行方不明の父親の携帯や財布を持っていた。取り調べていくとその男がその不明の父親を殺して山に埋めたとのこと。そこを調べると体の一部が白骨化した父親の死体が発見された。殺した男いわく「旦那を殺せば女が俺のものになると思った」。

という話だった。ニュースのタイトルも「家族四人の幸せな生活を奪った男の正体」みたいな感じだったし、ニュースキャスターも「この男のせいで」みたいなことを言っていた訳だが、が。

この殺した男と妻は知り合いだったそうだ。ネットで知り合って旦那さんが生きているときもあったりしていたそうで、旦那はそれを「やめて欲しい」とその男に言ったりしていた(らしい)。んでもってその妻、旦那が行方不明になってる時も家にその男を呼んで会っていたとの事(近所の人の証言)

………ちょっと待った、これ妻の馬鹿さとかはポイントにならないの?。結婚してても異性の友達がいることは別におかしいことじゃないけど、これはちょっとおかしくないか?。むむー。どうなの?どうなのかしらん?。

だからどうなると言う話ではないけど、なんだか聞いていて腑に落ちないニュースでしたとさ。

体を動かせば気持ちも動くか?

いやね、今ふっと思ったんだけどものすごく頭の回りが悪くって、これってもしかして寝てばっかだからかなあって。「健全な精神は健全な肉体から」って台詞もあるくらいだし(違ってたらスマン)、それ相応に体をきっちり動かして、何かしないと、頭まで「ふへー」と回りが悪くなっちゃうのでしょうかね。

寝ていられる状況だからって、暑いし寝てられるのだからそのまま寝て体力温存だって思わず、起き上がって何かしないと駄目ですかね。あまりにも頭が回らないのでそんなことを思ってみたり。日記もなんだかだらしない感じ。駄目ねー。

2004.07.27

猫と一緒に寝てばかり、ニャー。

ここのところ家にいるときはモチ(猫)と一緒に寝てばっかり。一応仕事には行ってるからいいかー?ってなぐらいで、本当に何にもしてないオレ。せいぜいぼさっとテレビを見るくらい。

最近別に寒いわけではないだろうに、モチが「にゃにゃ」「にゃー」「ふー(鼻息)」と何か言いつつ、私の横にくっついてくるので、「モチーモチー」と私もくっついていき、二人で顔を突合せながらんぼぼーんと寝まくり。これが猫ではなく殿方だったりすれば、随分とラブラブしいシーンだろうけれど、猫だから。駄目っ子が二人でだらけて寝てるようにしか見えん。「あ、モチヨダレが垂れてるよ」という自分もちょっと怪しかったりっツーレベルで。

毎日暑いし、仕事はヤバげだし、ツアーには行けないし、で「ちぇっちぇっ」って感じで、しいてやってることと言えば、こうやって日記を書いたり、後腹筋、腹筋はやってますよ毎日。それくらいー。ものすごく生産性の無い生活。

とはいえ、ヤバげだけどとりあえずは仕事には行ってるし、こうやって猫と仲良く無駄寝出来るってのも幸せの一つか?と思ったりも。皆さんはあれですかね、こんなに暑いさなかにも充実した日々をおくってらっしゃるんですかね。そうだったらちょっと羨ましいよ。

反動でキモノとかがばっと買ってしまいそうで怖い。

家の中で転ぶなんて。

マジ転びですよ。

26日はワタクシの誕生日でして、メールを頂いたりなんかして嬉しかったんですけどね、そんな中ですね転んだわけですよ。マジ転び。もう寝るぞって所だったので布団を引いてあったのでその上に倒れたからよかったですけど、無かったらなあ。脇においてある反物を踏んづけてしまってゴロンと。普段だったらそんなところにあるものに足を置いたりしないはずなんですけどねえ。

ホントにねえ「あ」って感じでふんずけてそのまま布団にバッタンですよ。家の中で転んだってのもなんとなくショックだし、誕生日にこれって…ってのもなんだかこう、暗い気持ちになりました(ちょっとだけですが)。

さいさき悪そうな雰囲気が漂う誕生日でしたが、又一年がんばって過ごしたいもんです。

2004.07.26

VIVA!名古屋ご飯!

これを見てくださいよ、これを。
デイリーポータルZ

ワタシこのサイトを毎日見ているのですが、今日の特集はわが故郷の名古屋ですよ。赤だし、ころうどん、カフェドクリエ、ななちゃん、しるこサンドなどなど、素敵な名古屋フードが張り切って紹介されています。ななちゃんはたべものじゃあないですが。

カフェドクリエの多さにはワタシも気がついておりましたが、しるこサンドが名古屋だけのものっていうのにはこの記事を読んで知りましたよ。なんだ、あれは全国メジャーな食べ物じゃあないのか。びっくり。

それよりなにより、この各種の名古屋フードを気に入っていくれているっぽい、林さんと古賀さんの株がワタシの中でぎゅーっと上りました。「この人たちはいい人だろう」って。名古屋を気に入ってくれてるからといってそんなアンタ。身も知らない人だけど、この人たちはきっといい人ですよ!(きっと)

そいえば友人の中に名古屋在住歴がないにもかかわらず「つけて味噌かけて味噌」が大好きと言う人がいて、そのときも「あーこの人いい人だ」って思ったし、丁度昨日「お土産でういろうをもらって食べた、美味しかった」ってメールをくれた友人に対しても「この人違いがわかる人だ」と思った。なんだよ違いがわかるって。

名古屋嬢とか(名古屋城ではない)、見栄っ張りなところとか(嫁入り家具に紅白の布をかけてトラックで運ぶとかね)そういうのは好きじゃないけど、名古屋の食べ物はどれも美味しいよー。また山ちゃん行きたいな。

人の腕の中でおなら(プピー)

040724_004122.jpg

この子が犯人です。
ワタシが思いっきりだらーんとくつろいでテレビを見ていたら、ひょこひょこっと来て写真のような感じでくっついてきた。「キャー可愛いー」と嬉しさで「モチーモチー可愛いなー」となでていたら、

プピー

となんともまあ間抜けな音が。「ワタシじゃないし!?」と脇にいる毛深い獣を見ても知らん顔。猫ってこんなはっきりしたオナラなんか…と思いしばらくするとまたも、

プピープピー

と2連発。やっぱりこの子か。匂いも無いし、可愛らしいオナラですよ。つっても人に向かってオナラして(この写真の体勢でしてる)、まるっきりしらんぷりってのもまあ。でも可愛いから許す(臭くないし)

関係ないけど「シュレック2」に出てくる長靴を履いた猫に似てると思わないですか?。テレビでCMを見たとき「あーモチさんだー」と。友人も言ってくれた「モチ似てるよねえあの猫に」って。今、似てるショットを撮ろうとチャレンジ中なのですが、なかなかどーして、あんなポーズはとってくれませんよ。似てるってそれはただ毛の色じゃないノーとか言わないように。

2004.07.25

スタイルの悪さに愕然。

夜に着物の着付けの練習をした。先日着物を着たときにどうも胸の辺りがもっそもそするなあと思っていたのだが、(別に胸が大きいわけじゃあないけど)もちょっと胸の辺りをさらしか何かでぺたっとさせたほうがいいかなと思いついたので、早速やってみたわけだ。

が、確かにタオルで(さらしがなかったもので)胸を押さえたら胸元はなんとなくすっきりしたような気がしたが、それよりなによりなんだこの下っ腹!。

着物を着るときは自分の体型に合わせて足したり引いたり(いや、引きはしないか)して、手間をかけたりするのだけど、その時にまじまじと鏡を見ていたら改めて自分の下っ腹の張り切りぶりに愕然。「ここまでか…」と、今更ながら大きくガックリ。これはいかん、これはいかんでしょう!

背筋、腹筋アップの為の運動をいつもより念入りにやる私。スタイルがいいからよいわけではないけれど、自分の体を鏡で見たときにガックリしたくない訳で。ウォーキングももちょっとマメにやらなくてはと思い直す夏の夜。

2004.07.24

貴方と同じ事を思いましたよ!(着物ネタ)

こちらのサイト
キモノミチ

このサイトの「拝啓、諸先輩方」のお話を読みまして、「あー同じ事思ってるー」となんだか嬉しくなりました。いや、嬉しくなってる場合じゃあない話なのかもしれないけれど。

どういうことかといいますとですね、あるご本の中で群ようこと青木奈緒のお二人が昨今の着物ブームについて話をしておりまして、その中で、ぎゅっと縮めて言いますと「何にも知らないでブランドものにに飽きたから着物を着てる。そんなんじゃちょっとねえ」と眉をひそめていらっしゃるわけですよ(本当はもちょっと長い文章で書いてあるのですが)。

それを読んだとき私はしょんぼりというかがっかりというかちょっと切ない気分になってしまったわけですよ。そりゃあ自分も含めて、ここ数年で着物に目覚めてきている20、30代の人間の中には、まだまだ知識と経験が足らずへんてこなことになっちゃってる時もあるだろうし、中には本当に知る気もなく適当に着てる人もあるでしょうよ。とはいえみんなそれなりに近くにいい先輩方がいないなりに「いつか素敵に着れるようになろう」と、それなりに未知の世界への努力をしている人かって沢山いるわけですよ(きっと)。

それをですねえあたまっからそんな風に切っちゃうようなことをしなくってもいいじゃないかいよ、と思ったのです。仮にも青木奈緒にいたっては幸田露伴・幸田文・青木玉と来てるわけじゃあないですか。露伴はまあ置いておいても、着物が好きになったら幸田文も読んだりすることになったり(私は友人から教えてもらって読みました)、それで「ああ、こうやって大事に着物を…」って思ったり、知らない着物の知識をみにつけたり、着物をもっと好きになれたりするかもれしてないのに。

そういう文章を書いている人の孫(でいいのか?)が、流行に乗りたがりのマスコミの人間みたいにそんな台詞をいうなんてな…って。着物のことを知らないけど着物が着たいと思ってる人が増えている今こそ、「知らない事は着ていくうちに覚えていくだろうから、いろいろ勉強しながら沢山着て欲しい」くらいの事を言って欲しかった。お金もバンバン使えるわけでもなく、周りに一からきっちり教えてくれる人がいるわけでもなく、それでも着物に興味を持って着ようとしている人の出鼻を、貴方たちが挫いてどうするのか、と、思っていたのですよ。

そしたら、今見つけた上のサイトの方も同じようなことを書いていらっしゃった。ここの方も書いていらっしゃるけど、まだまだ初心者でいたらないところも沢山あるかとは思いますが、どうかそこは広い目で見てくださいましよ先輩方!。分からない事だらけな中で、がんばっておりまするのですよ!という気分。

とはいえ自分がちょっと着れるようになると、自分より更に初心者のことを「あー」とか思ってしまう自分もいたりするわけで、そのあたりは大きく反省する次第ではありますが…。

知っていると知らない人に対しての目が厳しくなってしまいがちなのかもしれないけど、そこをなんとか自分も含めて、大きな心と広い目でいきたいものだと思うわけでした。大きな心と広い目をもつのは大変に難しい話ではあるのですけれどもねっ。

余力のあるときに料理!

仕事から帰ってくるとだるくて、それから「さて料理だ!」と作る気にはなかなかなれず。ついバナナ一本で夕ご飯終了って事にもなりかねない(毎日外で食べると金がかかるし)。

ということでちょっとでも余力のあるときに日持ちする料理を作っておくことに、そう、昨日の夜はちょっとだけやる気がありました。カレーとひじきの煎り煮。カレーは冷凍しておけば食べたいときに直ぐ食べられて便利だし、ひじきは日々の鉄分摂取のために。

毎日本当に暑いもんね。

何日か前の日記に「誰も来てくれないとさびしいから」という理由で、ここの所会う人にサイトのURLを教えたり、メールで連絡したりしたら、皆様きっちり来て下すって、カウンターの設置ミスではないことも分かり嬉しい限り。やっぱりあれね、誰かが見てくれるというのはいいものですな。

なんか別にさしてねたがあるわけじゃない今日の日記、本当に普通のつぶやきみたいになってます。

2004.07.23

DESTINYの東京2daysライブ。

DESTINYの東京2daysライブに行ってきた。
DESTINYオフィシャルサイト

初日は7月21日渋谷Lamama(演奏時間約40分)
3対バンプラスオープニングアクト有りの割りには長めの持ち時間。今日のライブはどんなかなーと思いつつ、友人と大変ばかばかしい話をしていたら唐突に客電がおりてライブスタート。
セットリストはこんな感じ。
「Another Life」
「Enough, not enough」
「Look at more」
「You Think You Own Me」
「詐病」
「Wasting time」
「口唇を濡らして」
「奪って」

「Another Life」「Enough, not enough」「Wasting time」などどれも久しぶりで嬉しい。前半3曲くらいなーんか音が小さいなあ、つかパンチが効いてない気がするなあ、ドラムが小さい?ん?なんかギターの音数が減ってる?ベースの音は妙に大きくてしかもクリアーでいいなあ、タツヤさんちょっとお疲れかな?そんな気がしてました。曲自体が押せ押せの雰囲気じゃあないからかなあ、とも思ったけどそれを差し引いてもちょっと違和感のある小ささ。気のせいか?

後半に向けてはドラムの音の小ささも気にならなくなったし、ギターもどこか調子が悪いと言う風ではなかったので、そういう風に弾いてた(叩いてた)のか。「Wasting time」の歌詞に出てくる男子の馬鹿さぶりが非常にチャーミングで、曲の感じも今までのDESTINYには無かったから新鮮。でも「人の彼女でもお構いなし」で「朝昼夜も」の「街で札付きのスケコマシ」ってアンタ!。この曲を聴くたびに心の中では「これってタツヤさん、自分んことかあオイ」とちょっと思う(失礼)。

何かの曲の前のMCでタツヤさんがもそもそしゃべっていると「(マイクの)性能が良すぎるわ。こんなんも拾いはる。鼻息が荒い人やと思われる」とちょっとテレテレ言いつつ、「4人の中で一番鼻息の荒い清水君です」と鼻息の荒さを人にふって紹介。言われたしみちゃんも「うそやん」と恥ずかしそう。言って恥ずかしくなるようなことをわざわざなぜMCでいうか木村辰也。男前なのに。

いつもDESTINYのライブでは曲を聴いているときにふっと吸い込まれるような気分になる時があるのだけど、今日は「奪って」の時にその「あっ」てなる感じがあった。こういう瞬間がライブに一回でもあれば、「あーヨカッタヨカッタ」と帰路につけるわけです。なので今日もいい感じ。明日に続く。

二日目は7月22日新宿MARZ(演奏時間は約30分)
「叙情歌」
「Cherish the day」
「9101112」
「独り」
「look at more」
「水色」

こうやってかくとかなり素敵選曲なのだけれど、なんだかものすごく短く感じてしまい、ちょっと物足りない感が。ラストにやった「水色」がものすごくウオッ!っと勢いがあったので、まだライブが続くような気がしたのにそれがラストの曲だったからかなあ。前回のMARZに引き続き、今回も照明は綺麗だった。そして昨日のライブに引き続き、やっぱり全体的にギターの音数が少ない感じがした。シンプルにしたいというところなのかもしれないし、シンプルなほうがカッコよい曲もあるけれど、「ちょっと物足りないかな…」と思うところも私にはあり。もっとうがーっっと弾いて欲しい曲とかさ。とはいえ、こういうミュージシャンの試行錯誤をリアルタイムで感じられると言うのは、ライブの楽しさというかなんというか。

この日は「DESTINY史上最高に暗い歌」というMCで始まった「独り」とラストの「水色」がカッコよかったな。ホントに暗いんだ「独り」って曲は。その暗さが非常にグッときます。「水色」は始まりの所からドスッと来てやられた。今日の吸い込まれ感があったのは「水色」でした。あーテンション上がってきた!と思ったらお終いでがっかり。「水色」でテンションあげたんだったらせめてあと一曲!そんな風に思うMARZでした。時間が時間だったから仕方が無いけど、ライブが終わったら、ものすごい勢いでハコの人が片付けに入り始めたので、余韻に浸る暇も無くてそれもちょっとさびしい。

両日とも楽しいライブではありつつも、多少全体的にパンチに欠ける気もしなくもないかな、というところ。やはりこのところの暑さのせいか?。こんな中で短いタームで京都から東京にライブに来るのは大変だとは思うけど、がんばって8月頭も来て欲しいものです。おきばりやすDESTINY。

作りかけの料理が出てきた。

昨日7月7日にオープンした山ちゃんに行ってきた。
世界の山ちゃん

(ちょうどよく行くライブハウス新宿MARZの直ぐ上)

知らない方もいらっしゃるかと思うので説明すると、山ちゃんとは名古屋にある「幻の手羽先」が美味しい居酒屋。名古屋出身としては行っておかないと!とライブの前に、友人たちと入ってみました。

新しく出来たばかりだから店内が綺麗!
メニューがカラーで綺麗!
店員さんたちがものすごくなれてない感じ!

というのが第一印象。メニューは「え、こんなメニューあったっけか?」というのもあった。私が最近名古屋の山ちゃんに行っていないから知らないのかもしれないが、名古屋のメニューより、より名古屋っぽいものがあった(気がした)

早速「幻の手羽先」を含め色々注文をしてみる。風来坊(こちらも名古屋の手羽先のお店)のは食べたことがあるけど山ちゃんは初めてという友人たちにも、取りあえず好評でちょっとホッとした、いや、私の店じゃあないですけど、名古屋人としてなんとなく。そして私の好きなメニュー「揚げだしモチ」が来たので、よし!と箸を伸ばしてみるとなんか変。
「ん?」よくよく見るとどうもダシがかかっていないような…私の記憶の中の揚げだしモチは揚げた餅の上に大根おろしとネギがのっていて、そこにさらにダシがかかっていた気がするのに、そのダシが無い。「内容が変わったんか」とも思ったけれど、やっぱり変。店員さんに、

「すいません、揚げだしモチっておダシがかかってたような気がするのですが…」

と尋ねると、店員さんその小鉢を持って「少々お待ち下さい」と厨房へ。しばらくして「申し訳ありませんでした」と帰ってきた私たちの揚げ出しモチには、ダシがかかってた。やっぱしか!

作りかけの料理を出されたのは初めてだよ(笑)

私は食べたことがあったので「おかしくないか?」と気が付いたが、友人たちは「私たちだけだったらこんなもんかって食べてたかも」と。そしたらきっと不味かっただろうなあ。良かったよ、揚げだしモチが不味いメニューとして記憶に残らなくて。言ったらあれだな、私が揚げだしモチの名誉を守ったって話かな(大袈裟)

まだまだ店員さんたちは不慣れな感じのところもあるけれど、手羽先は美味しいし、お値段もリーズナボーで、大変にグーです。皆様も是非一度。

しかしホント綺麗よ、お店が。栄にあるお店(本店?)は、いったらなんだが非常に雑雑としてるし、トイレは外で男女兼用で一つしかないし、メニューも綺麗なカラーのじゃなくて白黒で手書きっぽかった記憶が。相席だって当たり前。
でも店員さんは元気だし、相席したら隣の人と仲良くなったりもして、それはそれで又楽しいわけで。違いにびっくりの新宿西口店の山ちゃんでしたとさ。

寝室に鏡を置くな。

先日遊びに来ていた知人に、
「あっちの部屋の鏡は場所を移動させたほうがいいよ」と言われた。
なぜかと問うと寝姿を鏡に映すと生気を吸い取られる、から。
寝ているときと言うのは非常に無防備になっていて、
それを鏡に映すというのは、あまりよろしくないと言うわけですよ。

幻想小説は好きだけどオカルト的なものを信じている訳ではなく、
とはいえ鏡というのはなかなか不思議なものではあるとは思うので、
ならばご助言道理、どうにかしますか。知人いわく、

「冬場くらいからなんとなく調子が悪いってこの前いってたでしょ?
だからさ、鏡のことも言った方がいいかなーって思ってたんだけど」

じゃあこの前きてた時に言ってくれよ友よ!

「いや、メールなんかより会って言ったほうがいいかなーって思って」
だと。
まあ、それはそうかもしれないが。
と言うことで、場所を移動させてしまうとちょっと不便なので、
鏡にものが映らないように上に布をかけることで回避してみた。
(寝るときだけロングコートをかける作戦)

これで本当に気分がすっきりしたら、それはそれでちょっと怖いよな。
ずっと生気を吸い取られてたってー話になるわけだから。
そもそも、鏡の向こうで生気を吸い取っているのは誰だというのか…

夏っぽい話。

2004.07.21

今頃ネットラジオの良さに目覚める。

遅い?

今聞いているのはここなのですが、
GLOBAL POP CONSPIRACY

結構選曲に幅がありつつ、切なげなエレポップな感じのも多くて
(っていまどきエレポップって使わないか)いいです。
てかネットラジオって便利ねー。
色々ジャンルが細かく分かれているし、たいていかかってる曲がわかるし、
ものすごーく便利だ。
「あ、いいな」ってのをすぐチェックできるって便利。

そんなネットラジオを聴きながらサイト作業。
まだ誰にも言っていないし、どこにもリンクを張っていないので、
カウンターがずっと1というのもありえるので、
設定ミスなのか、本当に誰も見に来ていないのかわからん…

サイトを新しくするとき友人知人に「内緒で作るよー」などとふれまわったが、
やっぱり誰も着てくれないとかなりさびしいので、
明日会う皆様に新しいURLを配って回ろうかと。さびしんぼう。

2004.07.20

可愛いなガッシュ。

040720_214745.jpg

東京メトロが7月19日から発売してるパスネットがこれ。
ガッシュだよガッシュ。
今日買いに行ったら映画の割引券付、ラッキー。

友人から進められて見始めたのだけど(漫画もアニメも有)、
面白いですよう。
友情とか信じる心とかそういうテーマがちょっとくどい時もあるけど、
それはまあちびっ子もたくさん見てるって事で、
少々くどいくらいのほうがいいのかなーとも思ったり。
内容も展開が速く、シリアスと笑える部分とかいい感じにあって、
なによりキャラクターが可愛い。
正面の金髪の子供がガッシュ。

魔物の子供が王になるために戦うって話なのだけど、
それ子供か?いやそれより魔物か?というキャラも多数。

カエルだろ。
犬?
馬でしょう。
子供というより青年だ。
つーかそれただのVだろうV!

そんな風。
ワタシは(正式なタイトルがわからないが)
「キャンチョメがルシカを助ける」
「ナゾナゾ博士とキッドのお別れ」
なんかが特に好きです、泣ける。

二つ買って一つは友人へのお中元だ。

ブラってしなくていいもの?

さっき「教えて!goo」を見ていたら、

20代後半女子で普段はブラをしないでいたら、
「それはおかしい!」と指摘された。
自分に合うものがなかなかないからしなかったのだけど…

という質問。
ワタシの職場の同僚も(やはり20代後半)ブラをしていない時が多かった。
彼女の場合は自分のナイスバディを見せたいからのようだったけど。

確かに遊びに行く時とかにしようとしまいとかまわないけど、
仕事の時とかはノーブラジャーっておかしくないか。
よほど形の綺麗な人じゃない限り、だらっとして見えないか?
結構回答をしてる人の中には「しなくていい派」もいて、
ナニ、しなくていいものなの?ブラってしないものなの?

なんか微妙な気分になった。
「男子の気分としては嬉しい」とかそういうのはおいておいて、
レディーの身だしなみとしては本当のところどうなの?
美輪様とか中原淳一氏なら、どう答えるかな。

2004.07.19

心躍る巨大イカ!

イカ多すぎ!
イカの大群

同じ身長!
まんなかあたりに写真が

目が怖い!
絵で書いたみたい…

どれも「食べてみよう」と思わせないびっくり具合。
なんで急に巨大イカを調べ始めたのかは忘れた。

これがワタシの昼ごはん。

040718_113956.jpg
昨日の昼ごはんはこの二つと牛乳でした。
見てのとおりバナナとトウモロコシ。

バナナは自分のおやつに持ってきていて、
トウモロコシは近所の方が差し入れてくださった。
お昼ごはんを何にしようか迷っていたし、
あまりお弁当とか食べる気分でもなかったし丁度いいかって事で、
この二品を昼ごはんに。

今までの夏は「夏ばてしちゃ駄目だ!」と思うがあまり食べ過ぎて、
夏痩せならぬ夏ぶとり気味だったのに、
今年の夏はどうもあまり食べる気になれず、全体的に減り気味。
いかんなーと思いつつも、食べれないものは仕方なく、
食べられるときに、出来るだけ栄養のありそうなものを食べてはいるのだけど。

なんとかならんもんかいな。

2004.07.18

久しぶりに「AKIRA」を見た。

さあ寝ようかと思ったのにちょっとだけチャンネルを変えていたら、
「AKIRA」をやっていてついつい見入ってしまい、
結局そのまま最後まで見てしまった。

あれ、実写だったら相当気持ち悪いな(見てるポイントはそこか)
オリンピックスタジアムでにょーろにょろーぼぉわぁーって
鉄雄がでかでかと膨らんでいくシーンの時、
絵ですら結構あの桃色肌色黄色が重なってなんとも微妙なのに、
あれが実写だったら、血とか、肌とか、筋肉とか、内臓とか…
無理無理無理、ちょっと想像するだけで、そうとうにウェッって感じだ。
カオリ(だったっけ?)がその中でつぶされちゃうシーンも、
あー人の中で日とかつぶれて行く様って、もー。

内容はいくらでも深読みしたくなりそうな要素いっぱいだ。

見終わったらもう朝の4時近く。
微妙に気分が沈んだ、↑の気持ち悪さと内容のあれで(どれだ)
終ったあと「童夢」が読み返したくなったので、
「明日は本屋だ」と思いながら寝る。

2004.07.17

ウォーキングに無理は禁物。

仕事帰り「ちょっと歩いてみるかな」と言う気分になったので、
職場から新高円寺まで歩いてみた。

時間にしたら20分位で、普段なら全然楽勝でもっと歩くのに、
今日ははいてたジーンズがすごくきつかったことと(カッコつけて無理するからだ)、
あんまり痛みがなかったら忘れてたけど月のものの日だった。
半分くらい歩いて「あ、今日はあるたらやばかったか」と思い出したが、
微妙な距離であとちょっと駅まで歩くのが一番手っ取り早かったので、
ペースを落としつつ結局駅まで歩いた。

駅に着いたら汗はどんどん出てくるは(これは単に暑いからか)、
いつも以上にぐたーっと体はだるいは、さんざでした。
健康にいいウォーキングだけど、無理はいかんと。

そしてワタシと同じくらいぐたーっとしてる猫。
全身毛だらけだから、暑いだろうなあ。

040717_130813.jpg

2004.07.16

せっかくライブに行ったのにちょっとしょぼんな自分。

一ヶ月ぶりにMUTEを見に渋谷のclub asiaに行ってきた。
楽しみにしていたし、ライブ自体は楽しかったのだけど、
どーもいかんせん気分が上りきらず、
「楽しく踊るぞ!」ってなれなくてとても残念。
なんつかこう気持ちがいじいじしちゃってるっツーかね。

集まった女子達のいきいきぴちぴちした顔で踊る姿を見て、
「あー好きなことを楽しんでいる女子は可愛いなあ」
なんて事を壁にもたれながら思うワタシ。

木村拓也の言葉を借りるなら「閉じてる人」だ。なんだそりゃ。

大好きなライブが楽しめないなんて、オレも重症だぜ…

と、自分の最近のテンションの低さを再認識の夜なのでした。
ふが。

「日記で毎日写真をあげよう!」と思って二日目、
早くも挫折しそうで「二日目で挫折ってそれはあんまり」って事で、
またもモチさんの写真、大きな顔をより大きく撮影。
040320_002231.jpg

2004.07.14

そういえば写真をつけるつもりだった。

サイト本体のほうは字が多くて読むばっかりになりそうだから、
せめて日記のほうでは毎日ゆるめの写真を載せて、
きてくだすった皆さんに和んでいただこう!
と、昨日の布団の中で思いついたのに、
さっき日記を書いていたときはケロリと忘れてた。

ってことで今日の写真。
うちの通い猫のモチさんに「マッサージですよー」と、
手を揉んであげているところ(大きなお世話だ)

手のひら(?)が大きいのもチャームポイント。

040714_084127.jpg

暑いのに慣れればいいだけの話?

なぜにワタシがこんなにも暑さにばてているかと思えば、
職場にクーラーが無いからっぽい。
職場にというよりも、私が仕事をしている部屋に無い、というのが正しいのだけど。
このムッシムシの中でのウェッブ作業や、メールの返信等は、
暑さに弱い人だったら、ひっくり返るかやめてるかのどっちかレベルなんじゃないかと、
いまさらになって思ったりもしつつ、とはいえ、
だからと言って状況がどう変わるわけでもないのなら、
この暑さになれちゃって

「大ジョブ!全然平気!」

になったらいいだけの話かなー、なーんて思ったりしてみたり。
せめて想像の中でだけでも大丈夫な自分。

ふー。

出来るだけ前向きに考えたいところ。

今ちょっと生活が微妙なことになってる。
どう微妙かと言うと、こんな時間に起きていないといけない、そういう感じで微妙。
色々な所で不安定な要素とかが出てきてしまって、
真面目に考えるとかなりへこむし、もーイヤーとなってしまうので、
それはそれこれはこれ、と言う感じで、
「いや、今はきっとここを何とか乗り越える時期なんだろう(多分)」
とか
「きっと昼間に家にいたら出来ることがたくさんあるし、ラッキー」
とか、
そういう風になんとか前向きにプラスに考えたい。

そうとでも思わないとやってられん!デス。

2004.07.13

ネットラジオでこんにちは。

今聞いてるのはこれ。
Synerdata Radio

「ポップス最新型エレクトロポップ」というコメントにひかれて聞いてみたら、好みだ。
こうやって何か作業をしながら聞くにはちょうどよろしいゆるさ。
電気の音が嫌いじゃなかったら、いいんじゃないかと。

2004.07.11

あ、荻窪にもcoopがあったんだ。

荻窪駅から5分位の所にcoop発見。

もう荻窪に住みだしてから二年近くなるのに、初めてしった。
駅から5分ちょっと位の所にあった。
中に入ってみてみると、ものすごく安いわけじゃないけど西友よりは安い気が。
あと、coop商品は安かった、当たり前か。

しかも何がいいって、11時まで営業って書いてあって、これは便利。
西友が閉まってしまうとなんともこまったものだけど、
これで11時までなら普通にお買い物ができちゃうわけだ、
肉とか野菜が買えちゃうわけだ。

あーいいもん見つけた。
でも探していたのはcoopじゃなくて音楽スタジオ、見つからなかったけど。

LamamaのHPがリニューアルしてた。

久しぶりに見に行ったらリニューアルしてた。
渋谷Lamama 公式サイト

ぱっと見こざっぱりと綺麗なサイトになったのかなーと思ったら、
えらい重たい上に、ものすごく見づらい。
デザインばっかりこじゃれてて、中身がちっとも面白くない、
勘違いデザイナーが作ったみたいと言ったらいいか。

一番肝心なスケジュールも、バンド名とかわかりずらいし。
おしゃれに作るのは全然かまわんが、
見たい情報がしっかり見れるサイトであってほしいものですよ。

前のサイトのほうがぶっきらな感じだけど、見やすかった。

新サイトをオープン。

フェリスはある朝突然に、そんな感じ。

旧サイトを休止させたけれど、日記とトップページだけ残しておいていた。
どころがそれを職場の人間に見られて、気持ちの悪いことになってしまった。
なので唐突に旧サイトのURLも削除して、
書いていたブログもストップさせて、
改めてここに書き始めつつ、新サイトをオープンとの運びになりました。

あーあ、と言う感じではあるけれど、
心機一転、新しいブログ、新しいサイトで色々書くぞー、という気分でもあり。

嘘やら本当のことやらをバリバリ書いていきたい。

トップページ | 2004年8月 »